この中に同志社大と関西大が食い込んでいる点は注目。 可哀想な動物を救うために、皆さまのご協力が必要です。 就活にあたって、希望の会社がどの程度、自分の大学から学生を採用するのかを知ることは極めて重要です。 →年明け2月20日まで署名期限延長されました。, 難関国公立7大学とは、東工大、一橋大、神戸大、筑波大、横浜国立大、首都大、広島大の7大学のことです。, https://subarun.com/wp/wp-content/uploads/2019/10/化学ネットワークロゴ3.png, 【就活】(飲料大手)サントリーの学歴重要度と入りやすい大学ランキング【データは語る】, その他、亜細亜大・帝京大・芝浦工業大・神奈川大・中京大・福岡大など中堅~下位大学からの採用数も極めて少ない。. 最も倍率が高いのは雪印メグミルクで、内定倍率はなんと334倍。上で挙げた33社のうち14社がメーカーで、そのうち8社が食品業界です。 ※参考→就職四季報 2021年版(東洋経済新報社) 倍率が高くなりやすい業界トップ4とその理由 食品メーカー

本社が大阪にあるため、関西圏の難関大学からの採用数が多い。, 私が判断したサントリーの学歴重要度は、4.0です。 署名締め切りまで残り1か月です! 【2021/2022卒】有名企業採用倍率・採用人数ランキング を解説するぞ!! 就活・転職活動中に気になることのひとつが、 倍率 である! 当然だが、倍率が高ければ入社は難しいし、倍率が低ければ、入社するのは簡単だ! JavaScriptが無効の状態ではコンテンツが正しく表示されない可能性があります。, 内定倍率とは、新卒採用にエントリシートを提出するなどして正式に応募した人数を、内定した人数で割った数字です。, 内定者数に対して応募者数が多いほど、内定倍率は高くなります。例えば、内定者数が3人の企業に300人を超える学生が応募した場合、内定倍率は100倍以上になります。, 志望就職先の内定倍率は、就職四季報でチェックしましょう。ただし、すべての企業の倍率が載っている訳ではないので注意が必要です。, 社名をCMなどでよく耳にする大企業は、応募者数も多く内定倍率が高くなる傾向があります。食品、飲料、日用品をはじめ生活必需品を扱っている企業も、同じような理由で倍率が高くなりやすいでしょう。, 一方、応募人数がそれほど多くない企業でも、単純に内定者数が少ないと倍率は高くなります。, 中小企業や、電子部品など企業向けの商品を取り扱うBtoBの企業の内定倍率は低い傾向があります。, 一方、有名で多くの人が応募する企業でも、大量に採用する場合には内定倍率はそこまで高くなりません。, 会社の知名度が高く応募人数が極端に多かったり、内定者数が極端に少なかったりするだけで、内定倍率は高くなってしまうものです。, 内定倍率は就活生から人気のバロメーターではありますが、事業内容や業績、待遇の良し悪しを表すものではありません。, 知名度の高い企業であっても、近年の業績の推移を見てみると意外と赤字続きということも。企業の事業内容や近年の業績の推移などもチェックし、本当に自分がやりたいことができる会社かどうかを考えましょう。, 有効求人倍率とは、仕事を探している人の数に対する求人数の倍率のこと。ハローワークが持つ前月・当の求職者数と求人数のデータを元に、厚生労働省が発表しています。, 一方、新規求人倍率とは、その月に新しく受け付けた就職者と新しく取り扱った求人から算出した倍率のことです。, 就職四季報に内定倍率が掲載されている企業のうち、倍率が100倍以上の企業をまとめました(2019年卒のデータ)。, 最も倍率が高いのは雪印メグミルクで、内定倍率はなんと334倍。上で挙げた33社のうち14社がメーカーで、そのうち8社が食品業界です。, 食品メーカーはCMなどで企業名を見聞きする機会も多く、扱っている製品も一般消費者にとって身近なものが多いため、応募者数が多くなりやすい傾向があります。, さらに募集職種が幅広く、総合職も研究職も募集している場合がほとんどのため、文系・理系、学部に関わらず多くの学生が応募します。, 昔から狭き門だと言われているマスコミ業界。応募者数の多さに対して、内定者数が少ないのが特徴で、募集人数を「若干名」として1~2名しか採用しない企業も多くあります。, 影響力の大きさや、華やかなイメージに憧れる人は多いようで、応募人数は多い傾向にあります。, ブライダル業界は特に女子学生に人気が高く、一般大学の学生だけではなくブライダル関連の専門学校・短大の学生も選考を受けるため、応募者数がとても多くなります。, 「結婚式」という人生に一度しかない大切な瞬間に立ち会える貴重な仕事のため、憧れる人が多い職業です。, アミューズメント施設や映画、音楽、演劇などのエンターテイメント業界は、事業内容が学生の興味関心を持つものに近く、人気の業界です。ITやゲーム、映像などの専門学校の学生も多く採用しており、多くの人が応募します。, ここでは、文化放送キャリアパートナーズが2020卒の学生を対象に行った調査から、学生に人気の企業トップ10を企業の特徴とともに紹介します。, ただし、内定者数が多い企業もあるため、必ずしも内定倍率が高くなるわけではありません。, ・良い企業がどうかは内定倍率から判断できないので、あくまで参考程度にし、本当に自分がやりたいことができる会社かどうかを考えましょう。, 製薬業界の転職事情・職種別の年収推移、転職が有利になる方法など…製薬業界での転職に役立つアドバイス集。, 鉄道事業以外にも、生活サービス事業、IT・Suica事業、鉄道車両製造事業を展開。, 旅行業界売上第1位。非上場企業。2位のHISに対して、取り扱う旅行費用総額は約3.5倍。. 逆に、あまりにも採用実績が少ない場合は、何か手を打つ必要があります。 今の時代は採用倍率が100倍を超える事も全く珍しくありませんし、倍率が1000倍を超える企業もたくさんあります。 食品業界という括りで見た場合、あまり学歴を重視しない企業が多いのですが、サントリーは特別でかなり 学歴 を重視しています。 実績としては特に 旧帝大 ・ 早慶 からの採用が多く、その中でも『 早稲田 』『慶應』『京大』『阪大』『神戸大』からの採用が多くなっています。 OB・OGが多い大学の場合、戦略としてそのネットワークを活かした就職活動も可能になります。 サントリーは高学歴ほど有利ですが、最難関校(東大京大)でなくても大丈夫です。, 加えて、日東駒専と産近甲龍からの採用が”ほぼ皆無”という露骨な学歴による選別が行われています。, 一方で、MARCHと関関同立からの採用も結構多いという、ある意味で『イビツ』な採用になっています。, 『食品業界』は相対的にそれほど学歴が必要でない業界なのですが、味の素・キリン・サッポロビールと並び、かなり高学歴が要求される企業となっています。, 食品業界という括りで見た場合、あまり学歴を重視しない企業が多いのですが、サントリーは特別でかなり学歴を重視しています。, 実績としては特に旧帝大・早慶からの採用が多く、その中でも『早稲田』『慶應』『京大』『阪大』『神戸大』からの採用が多くなっています。

最も倍率が高いのは雪印メグミルクで、内定倍率はなんと334倍。上で挙げた33社のうち14社がメーカーで、そのうち8社が食品業界です。 ※参考→就職四季報 2021年版(東洋経済新報社) 倍率が高くなりやすい業界トップ4とその理由 食品メーカー

初めての方にも分かりやすく健康情報等をお届けしている『3分健康ブログ』。今回のテーマは「食品メーカーへの就職」。食品メーカーの倍率って?esってどんな感じ?こんな疑問をお持ちの方に向けて、簡単にまとめてみました! また、本社が大阪にあることから関関同立からの採用も多くなっています。, しかし、中堅~下位大学からの採用はかなり厳しく、同じく関西の産近甲龍からの実績はほぼゼロに近くなっています。(露骨な学歴による選別), サントリーを志望する場合、自分の大学からどの程度の採用を行っているのかしっかりと把握して、それに対して何かしらの対策をすることは重要でしょう。, 参考) 週刊ダイヤモンド 2017年 9/16 号 [雑誌] (1982~2017 大学序列), 今年は5年に1度の動物愛護法改正の年です。 今回は、飲料メーカー最大手『サントリー』の大学別採用実績を見ていき、サントリーの学歴重要度と入りやすい大学を分析したいと思います。, サントリーの採用実績をみると『旧帝大』や『早慶』および『難関国公立』からの採用が極めて多くなっている。(グラフ参照), その一方で、『日東駒専』『産近甲龍』からは、29カ年で50人以下の採用と、ほとんど全く採用されていない。, 特に、日東駒専と旧帝大を比較すると、およそ28倍も実績に違いがある。