●0-1メルボルン ACL

ザーゴがファーストチョイスとして使ってるのがマジで謎すぎる, 苦戦は覚悟してたからこの段階で辞めろなんて思わないが「チャンスは作れてる」って認識だけは気になる。

12.神戸 *5 -2 △●○△

浦和レッズの予想スタメン.

https://www.jleague.jp/standings/j1/, でも杉本と関根はマジで使えねーわ

●1-2川崎 リーグ 関根はオナドリしすぎ

入場者数:4,026人

10.横縞 *5 +1 △●○△

*3.桜大 *9 +2 ○○○●

好きなプレーヤーの個人ネタ、移籍情報、ガセネタ、何でもOKです。 明治安田生命J1リーグ第4節の浦和レッズvs鹿島アントラーズが12日に埼玉スタジアム2002で開催された。, 人数を制限したうえでの有観客試合に移行したJ1。第4節、ここまで2勝1分けの浦和と、開幕3連敗で最下位の鹿島が相まみえた。浦和は2-1で勝利した前節のベガルタ仙台戦から先発4選手を変更。一方、公式戦5連敗中の鹿島は、0-2で敗れた前節のコンサドーレ札幌戦から2選手を入れ替えて試合に臨んだ。, 名門同士の一戦は序盤から拮抗した展開となる。興梠慎三とレオナルドに早めにボールを預けつつ左サイドから攻める浦和は12分、汰木康也が入れたクロスがクリアされると、これを拾ったエヴェルトンがシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。, 一方の鹿島は連敗を止めるべく気持ちのこもったプレーを見せ、ボールホルダーに対して厳しくアプローチ。しかし、アタッキングサードではプレーの精度とクオリティを欠き、なかなかチャンスをつくれない。やや浦和が押し気味に進めた前半は、両者共に決定機を演出することができないまま終了する。, 迎えた後半、試合を動かしたのは浦和だった。53分、ボックス左角の手前から山中亮輔がゴール前に入れたFKをファーサイドで岩波拓也が折り返す。最後は正面のエヴェルトンが巧みなヒール気味のキックでゴールに流し込み、試合の均衡を崩した。, 何とかしたいザーゴ監督は、57分に染野唯月に代えて白崎凌兵を投入。さらに67分には永木亮太と伊藤翔を下げて遠藤康と上田綺世を送り出す。74分には永戸勝也が蹴った左CKに正面で上田が合わせたが、このヘディングシュートは枠をはずれる。, 上田の空中戦を活かした攻めを見せる鹿島。80分には永戸と和泉竜司に代えて杉岡大暉と荒木遼太郎を入れて、リスクを冒して攻める。しかし、最後まで浦和のゴールを割ることができず、試合終了。鹿島はこれでクラブワースト記録の開幕4連敗となり、ザーゴ体制となった今季の公式戦6試合で全敗を継続することに。一方の浦和は無敗をキープし、今季リーグ戦初の連勝を飾っている。, GOAL 7/12(日) 20:56配信 入場者数:3,094人 14.木白 *3 -3 ○●●● 守る方はホント楽だろうな, スンテに覇気がないのが気になる

*7.大分 *7 +2 ●○○△ 最後、岩波は審判になんか言ったのかw, ●0-2神戸 天皇杯 高い所から…そこはピピのお気に入りのはず…。ココククはトトピピからお気に入りの場所を奪うの... 【2020 J1 第27節】北海道コンサドーレ札幌 1 - 1 サガン鳥栖 中二日が色濃く表れた勝ち点1, 【2020 J1 LEAGUE 第27節】川崎F戦,2020/11/14 Match Review. ●0-1浦和 リーグ←New!! 実際守備効いてるし、サイドにボール引き出したりはやってる

あいつ何ができんだ? *5.名鯱 *8 +3 △○△○

https://www.jleague.jp/match/j1/2020/071220/live#live, C大阪 0-2 名古屋 ●1-2川崎 リーグ https://news.yahoo.co.jp/articles/4d8573c2dee3446a0ceccb618c34e815540183b5, クラブワーストとなる開幕4連敗を喫した鹿島アントラーズ(Shidu MURAI) アラーノは肝心な所でミスするからなー 一度使わないという選択肢してくれよ

ゴリゴリの和彫りも…着々と増える刺青Jリーガーたち 松田、宇佐美、槙野、柿谷etc. ●0-2札幌 リーグ 前半ラストの絶好のチャンスでドフリーで糞クロスあげたアラーノの技術力に身体が震えた, 引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1594265788/, 今年もセットプレーキッカーはあのレベルか

1得点12失点

杉本はポスト下手過ぎ

スタジアム:埼玉スタジアム2002 ●0-1メルボルン ACL

https://www.jleague.jp/match/j1/2020/07121/live#live, J1順位表 あそこは1枚剥がして打てる選手じゃないと怖くないだろ, 和泉は全てが中途半端で完全に攻撃のブレーキになってるわ 「中指4」の行為が大炎上j1は30節が終了した。いよいよ残り4節となったが鹿島・fc東京・横浜fmの優勝争いは熾烈を極める。鹿島が抜け出しかけた時期もあったがfc東京は2 J2に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。, 日本代表に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。, なでしこジャパンに関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。, イタリア、スペイン、イングランド、フランス、ポルトガル、オランダ、スコットランド、ドイツ、トルコ等々のヨーロッパ各国、そして、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイ、ペルー等々の南米各国、アメリカ、メキシコ等々中南米のリーグに関して好きなことをどんなことでもOKです。楽しく、語り合いましょう!(^^)!

「4強」 鹿島・ガンバ・浦和・川崎 「復活」 1 : U-名無しさん :2019/01/11(金) 21:00:14.52 ID:XUnHQcgf0.net 今年はこの4クラブ中心に展開するのは間違いない! Jリーグ開幕時から鹿島アントラーズを応援しています。公式戦は全試合チェック中です。魂込めて毎日記事を書いています。, 20冠王者!鹿島アントラーズ・サポ夫婦と愛猫の“喜怒哀楽”ノー天気お気ままブログ!, 鹿島アントラーズと共に笑って泣いて過ごしています。 中島はゴール決めてないのがな 入場者数:3,327人 アシストはしてるしいいシュートは打ってるから時間... やっぱサッカーは個、1対1の勝負の連続。ブンデスで言うツバイカンプ。 ●0-3広島 リーグ

●0-1名古屋 ルヴァン杯 今日はラスト5分以外は何がしたいのか見えなかった, アラーノ面白いな 「中指4」の行為が大炎上J1は30節が終了した。いよいよ残り4節となったが鹿島・FC東京・横浜FMの優勝争いは熾烈を極める。鹿島が抜け出しかけた時期もあったがFC東京は2連勝中、横浜FMは3連勝中。しっかりと食らいついている。残り4試合の対戦カードはどこもかなりキツイが34節に横 …

鹿島がまさかのaclプレーオフ敗退…元浦和ナバウトに被弾、ホームでメルボルンに完封負け 最終更新 2020/01/28 20:53 2020/01/28 15.鳥栖 *2 -3 △●●△ 2020 J1第4節 プレビュー 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 開いて頂きありがとうございます。 3連戦の最後です。 今回も試合を楽しむための情報の一端として捉えて頂けると幸いです。 では、早速始めましょう。 前節のレビュー ー鹿島アントラーズ直近の成績ー ・公式戦5連敗。 ●0-3広島 リーグ 鹿島アントラーズの4局面から読み取る勝敗を分けるポイントとは?【浦ビュー】 ツイート; 13件のコメント 2020年7月11日. クロスはライン割れるし ●0-2札幌 リーグ *4.瓦斯 *9 +1 ○○●○ 昨季王者マリノスと引き分け、アウェーで仙台に勝利と勢いにのる浦和レッズ。3連戦の最後、対戦相手は目下絶不調の鹿島アントラーズ。今季ここまででリーグ戦3連敗中。, しかし油断してはいけない。長い歴史の中でシーズン通して実績を残してきた歴史あるクラブ。そして浦和レッズはこういう試合でつまづいてしまうことが多い。, しかし、今年はクラブとして戦い方やコンセプトを明確にしている。それに基づき突き進むだけ。やることが明確なら、我らがレッズの選手たちはクオリティで負けることはないはずだ。鹿島アントラーズも粉砕し、さらに勢いをつけていきたい。, 12日に鹿島戦を戦った後、中5日空いて18日にFC東京戦。なので、次の試合を気にせず、当日のコンディションを見ながらベストなメンバーを投入すると考える。, 橋岡選手はタフだし去年もこのくらいは連戦対応していた。両センターバックは、フィードは蹴れるし、高いラインでの守備もできて裏を取られても戻ってカバーしてくれる。大槻監督がやりたいサッカーに必要なCBがこの2人なんだと思う。山中選手は途中交代しつつ90分フルでは戦っていないので、スタメン継続ではないだろうか。, 交代枠が5人あるのも大きくて、バックアップメンバーがいれば試合中に何かあっても十分対応できる。, この4人は今季の出場時間が最も多くなるであろう4人、怪我には気をつけてもらって、連携や精度のところを高めていって欲しい。, 2試合連続フル出場中の柴戸選手。今のサッカーにおいて必須プレーヤーになりつつあり、パフォーマンスも素晴らしい。, マリノス戦で見せた、中盤で奪って相手GKが前に出ているのを見てのロングシュート。そして水曜の仙台戦で見せた、相手PA外で奪ってそのままミドルシュート。どちらも僕はブルッときた。奪って後ろに戻して攻撃を作り直し…ではなく、奪ってスキあらば即ゴールを狙うその姿勢は今後の大化けの可能性を期待させてくれる。, 勢いに乗っている若手であり、次の試合まで5日空くことを考えると、もう1試合スタメンあるんじゃないかと見ている。このくらいタフじゃないとね、と。でも出るなら怪我には気をつけてほしい。他チームでも、接触じゃなくて自分で走ってて故障してしまっているケースもまま見受けられるので。, 以前にも書いたが、一度リズムと感覚がフィットすると次元の違うプレーを見せることができる。攻撃的なサッカーを目指すなら代わりのいない選手。2月のルヴァン仙台戦、J1第1節湘南戦、先日の第3節仙台戦と先発していて監督から期待されていることがわかる。, 横浜F・マリノス戦は、守備の所のミッションが明確だったから故の青木選手だったのだろう、と推測。, 左SHは継続で汰木選手。2試合連続で途中交代しており、いけると思う。守備と攻撃のところを考えると、当面いける限りはファーストチョイス。, 大槻監督は試合途中でドリブラー(関根&マルティノス)コンビを投入するスタイルを2試合継続している。, 橋岡選手を大外に走らせるパターンが多いので、中に入ってプレーできる選手の方がいい。推進力と粘り強い守備を特徴とする長澤選手は鹿島戦には合致しそう。ということで長澤選手と予想。, 意外と柏木選手がここにいるとハマるのかなとも思うがどうだろう(ゲデス選手のようなDFラインの裏への決定的なパスが出せるのは彼だと思う。)。, 試合中、柏木選手と長澤選手でボランチと右SHを入れ替えるなんてことがあってもいいかも。, SHはもっと色んなことを考えてスタメン選定しているようなので「鹿島戦のポイントがどこで、どういうタスクを要求するから誰」みたいな予想ができればいいのだが、鹿島アントラーズの試合を見ていないので、残念ながらそこまで考慮はできていない。, 守備と攻守のつなぎのところで杉本選手は欠かせないピースになりつつあり、前節後半23分に交代していて杉本選手のスタメンは堅そう。, レオナルド選手が控えというのは贅沢極まりないが、興梠選手には前半から飛ばしてもらって、後半早めにレオナルド選手投入ではないだろうか。, FWでも少し低めで色々な役割をこなすなら武藤選手も適任だけど、大槻監督の選択やいかに。, 選手交代予想としては、両サイドハーフと、興梠選手を交代(関根・マルティノス・レオナルド選手を投入)。ボランチも疲労度合いを見て1人交代。状況と疲労度合いを見て、武藤選手か槙野選手を投入、と勝手に予想。, リザーブで仙台戦で気になったのはリザーブにマウリシオ選手が入ったこと。疲労やアクシデントによるDFの交代を気にしてのことだったのだろうか。鈴木選手でもなく、槙野選手でもなく、マウリシオ選手。, 攻撃の部分で前線に精度あるロングパスを供給できる選手の優先順位が高いのかしら。もしくは単に調子がいいから?守備のところはもちろん必須として。今いるCBメンバーはみな高さも強さもあるので、他の特徴のところでの勝負になる。槙野選手はこのままだと厳しい気がするが、SBで勝負することはあるだろうか。元々ミシャさん時代は高い位置まで上がってドリブルで突っ掛けクロスを上げるプレーも得意としていた。山中選手とは違うタイプだけど、セットプレーの高さもあり攻撃力という面ではまた違うストロングポイントを持っている。, 話はそれたが、なんでこんなことを気にしたかというと、5枚の交代枠はできるだけ攻撃メンバーにしたいだろうな、と。そうするとDFならCBもSBもできる選手だとありがたいなと。, 宇賀神選手はベテランの域で安心感もあるのだけど、CBは厳しい。槙野選手ならどっちもできると思うから、リザーブに入ってたら心強いなーと思った次第。今回予想として入れてみたけど、どうなるかな。外れそうだな。, 結果が出ている時はスタメンを変えにくいと思い、3試合連続スタメンは十分あり得る前提で予想してみた。連続中3日でコンディションが整わなかった場合、その選手だけの先発交代するんじゃないかなと思う。, 浦和レッズの2020以降の強化体制とチームコンセプトについてメモ(主にトップチームについて), 【浦和レッズ】埼スタに行って応援したくなる、選手・監督のコメント集【随時更新していきます】, 浦和レッズの監督交代とフォーメーションの変遷。ミシャ監督—>堀監督—>大槻監督—>オリヴェイラ監督—>大槻監督, 正面からぶつかって大破。浦和レッズ vs 横浜Fマリノス【J1リーグ2020 第27節】, キープして運べる選手がもう少しいたら。J1リーグ2020 第26節 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島, 次節の浦和レッズの予想スタメン【vs サンフレッチェ広島 Jリーグ2020第26節】.