麒麟がくる1話~21話無料視聴見逃し配信はこちら⇒ https://bit.ly/38dcCv4 ↑↑↑こちらのURL先に飛んで(コピペして)ご視聴くださいませ↑↑↑ ----- 麒麟がくる 21話 あらすじ 今川義元(片岡愛之助)は尾張へ侵攻。 Please go to Appearance > Sidebars and drag a widget into User Submit Sidebar. 麒麟がくる 26話 動画 2020年10月4日 2010004. 女性に抱きつく?中学校講師逮捕 京では三好長慶(山路和弘)が権力を掌握し、将軍・足利義輝(向井 理)は完全な傀儡(かいらい)に成り下がっていた。

その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいという。

光秀(長谷川博己)は仲裁を頼もうと帰蝶のもとへ向かうが、孫四郎の死をとめられなかったため、けんもほろろに追い返される。, 光秀は大桑城の道三のもとへ向かって戦をしないよう説得するが、すでに道三の決意は固かった。, 道三(本木雅弘)は出家し、家督を高政(伊藤英明)にゆずる。 そして、麒麟はいつ、来るのか? が、けちな道三はなかなか首をたてにふらない。, 考えあぐねた光秀は、当時まだ出回ったばかりの鉄砲を手に入れて帰ってくること、そして病にふせる道三の妻小見の方のために京都の名医を連れてくることを条件に旅の許可を得る。, 出演 これにより、弟の覚慶(滝藤賢一)が興福寺に幽閉され、藤孝らは救出に向かう。, 光秀(長谷川博己)は、怒りにまかせ、大和の松永(吉田鋼太郎)のもとへ馬を走らせる。, 織田信長を義輝のために上洛させるため、美濃へ向かった光秀(長谷川博己)。 将軍足利義輝に向けたものだという。, 明智城は高政(伊藤英明)の攻めの前に落城する。 帰蝶は光秀の説得により嫁入りを決意する。, だが、そのことを知った高政は激怒。 (女性50代), 【第3話のネタバレ】夫を殺された帰蝶が、明智の庄を訪れる。途中木の枝で足をけがしたため、明智家で手当てを受ける。昔、明智光秀の母から聞いた昔話を駒に聞かせたところ、駒もその話を知っていた。昔火事から助けてくれた侍から聞いたのだと言う。この話は美濃の昔話であるから、その侍は美濃の侍ではないかと思うようになる。美濃元守護土岐頼芸を訪ねた斉藤道三は美濃をまとめるためにも頼芸に守護になるよう求めて、屋敷を後にするが、頼芸は道三の息子義龍を呼び止め、義龍の母は元気かと訪ねる。元は頼芸に仕えていたと話し、義龍を我が息子のように頼りにしている旨を伝える。義龍に呼び出された光秀は、ゆくゆくは義龍が父に代わり美濃を治めるつもりであることを打ち明けられ、その際には味方になるよう求められる。光秀は、麒麟がくる国になるのであればと条件をつける。(男性40代), 【第4話のネタバレ】京へ帰ると言う望月東庵が、織田信秀が治める尾張の国に寄ることを見抜いた斎藤利政は、体調を崩しているという信秀の容態を診させ、戦を有利にするために利用しようと考えた。そこで利政は、東庵の娘 駒を人質として美濃に残らせ、東庵を尾張へ向かわせる。今川義元率いる今川軍との先の戦で流れ矢を受けた信秀から「夜になると発熱し、体調が悪くなる」と東庵は聞き出し、矢の毒が回り始めていることに気づいた。東庵に薬草を届ける振りをして尾張へ忍び込んだ明智十兵衛と菊丸は、東庵から信秀の容態が書かれた紙を受け取る。しかし、信秀は十兵衛と菊丸を怪しみ、捕らえるよう家臣に命じた。美濃へ帰る途中で追っ手に囲まれた十兵衛と菊丸であったが、森の中で知らない者たちに助けられ、無事に美濃へ戻ることができた。鉄砲に興味を持ち始めた利政は、常在寺の日運を呼び、十兵衛とともに「足利幕府が種子島で鉄砲を作らせている」と知る。十兵衛は、種子島になぜそのような鉄砲を作る高度な技術があるのか不思議に思ったのであった…。(男性30代), 【第5話のネタバレ】鉄砲の仕組みと将軍家が鉄砲をなぜ作らせているのかを知るために十兵衛は、齋藤道三の命をうけ京へいくことになった。今回の旅費は全額出すようにお願いし京へと旅立った。銃の作りての伊平治を探し本能寺へやってきた十兵衛は、将軍の護衛をしていた三淵に再会し、伊平治の行方がわからなくなっていることを聞いた。三淵に連れられ松永のところにいった十兵衛は、松永から伊平治の居場所を教えてもらい、松永とともに向かった。伊平治に会った十兵衛は、昔、命を助けた者だったことを思い出した。井平治も覚えており、十兵衛のために鉄砲を分解して仕組みをみてみると言い出し、荷物を預けている寺へ向かった。途中、京へ戻ったお駒が十兵衛らしき人をみたがまさか京にいるはずはないとおもった。(女性50代), 【第6話のネタバレ】光秀は伊平次に鉄砲を分解してもらい、その部品を確認する。その時に、三好長慶と松永久秀が連歌の会で襲われることを知る。光秀は三淵藤英の元に行き、2人の助けを乞う。そこで、将軍家が号令をかけることで争いごとをやめさせるべきではないか、と説く。光秀が単独で久秀らの元に走り、その後で、将軍の命を受けた細川藤孝らが続く。長慶と久秀の命を狙っているのはその上位に当たる細川晴元だった。多勢に無勢の中で、光秀と藤孝はよく戦い、長慶と久秀を逃がす。ところが、この戦いで怪我をした光秀は東庵の元にたどり着き、駒の看護を受けて、療養する。その間に道三は織田信秀から砦を取り返すことに成功する。その話を聞き、光秀は美濃に戻っていく。(男性50代), 【第7話のネタバレ】大垣城を攻め道三が織田に奪われた西美濃を取り返した。織田家の内部分裂で信秀は古渡城にこもった。信秀は3つの敵は手に余るので、道三と手を結ぶという。光秀が稲葉山城に戻ったと牧と光安が知る。駒が光秀の傷の手当をする。光安は信秀が和議を申し入れて道三が同意したが、帰蝶の織田家に嫁入りが条件だと言う。光安は光秀に帰蝶の気持ちを探れと言う。光秀は帰蝶に会い、織田家への嫁入りの話で帰蝶は、尾張に嫁に出すなと光秀に言って欲しいという。光安は光秀と道三に会い、光安は和議の為なら賛成だと言う、光秀は帰蝶が人質になるのは辛いと言い、光秀は帰蝶を説得出来ないと言って帰る。道三は怒り光秀を呼び戻せと言う。道三は光秀に、久秀から道三に礼の書状が来たという。道三は海のある尾張を手に入れたいと言い和議を受けたいと言う。帰蝶にその旨、説得せよと光秀にいう。一方、高政と家臣は光秀に帰蝶を嫁入りさせるのは今川を敵に回すと反対する。光秀は高政の盃を受け、反論しないで帰る。帰蝶は織田の三郎が尾張のうつけと言われているが、誰も知らないので信長を見て、いかなる男か教えろと言う。嫁入りは、それからだと言う。光秀は信長が見てよい相手なら嫁ぐかと帰蝶に問うと、帰蝶は沈黙する。光秀は旅人姿で熱田を目指す。熱田には海があり活気があった。菊丸に会うと信長が漁に出ていると言い、港で待つと信長が漁から帰って来た。(男性50代), 【第8話のネタバレ】明智十兵衛(光秀)は、帰蝶から尾張の織田信長がどんな人物なのか見てきてくれと言われ、尾張の海岸で民に自らが漁で釣り上げた魚を売りさばく、織田信長を目の前でじっくり観察する。うつけと言われているが本当にそうなのか判断出来ない。そして、美濃に帰郷する。斉藤道三から尾張と同盟を結ぶことがいかに大事な事なのかを熱弁され、帰蝶に織田信長のもとに嫁ぐように説得して欲しいと頼まれる。そして帰蝶に、尾張で見てきた織田信長の様子を語り、嫁ぐように進める。帰蝶は嫁ぐ決心を決め、尾張に嫁ぐ。帰蝶を説得したことで、斉藤道三に褒められる十兵衛。しかし、まわりからは疎まれる。傷の手当てをしてくれていた駒が帰ることになり、途中の峠道まで送る。(女性40代), 【第9話のネタバレ】帰蝶が嫁に来たが信長は館にいなかった、信長は、なんと家来を連れ松平広忠を襲撃に行っていて、首を打ち取って帰ってきたのである。そのことを知ってか知らずか帰蝶は物怖じしないで信長と対面し、信長に気に入られる。祝言後の挨拶に、おやじの城へ、帰蝶と出向き、信長は松平広忠の首を見せるが。親父に「今はそのt時期ではない、道三と手を結んだが日が浅い、戦いのときに援軍になるかどうかは蜜数だ」怒鳴られて作戦は失敗する。光秀は、母親や親せきの叔父さんに勧められて煕子のいる家にコメを持って行って、煕子と遭遇し、お互いに大人になったことを確認しあう。後に嫁に貰う煕子はあどけなく、光秀はその気になれなかったようで。一方、京都にいる駒は、明知での思い出親せにこびりついて、仕事がままならない状態が続く。(男性60代), 【第10話のネタバレ】駒は、光秀のことが忘れられず、医者の仕事が手につかなくなり、「辞めたい。」と東庵に打ち明ける。心配になった東庵の前に、昔駒が世話になった旅芸人の伊呂波太夫が通りかかった。先輩との再会に気分が明るくなった駒に、「東庵が心配していたよ。」と伊呂波太夫は寄り添った。伊呂波太夫は光秀の名を知っており、しかも駒の命の恩人であった侍が持っていた扇子の家紋のことも知っていた。その家紋が明智家と深いことを知った駒は、複雑な気持ちになった。光秀は帰蝶の命によって信長の城へ呼ばれ、鉄砲の話を持ち掛けられた。帰蝶はわざと光秀を呼んだのだが、信長は光秀と初対面ではない気がすると言いだした。嘘がつけない光秀は、ある人の命により、正体を隠して信長を見に出かけたことがあると告白した。ある人とはだれかと信長に聞かれた光秀に対し、「私が命じた。」と帰蝶が言った。帰蝶は信長と結婚するのにためらいがあったため、光秀に信長を見てきてほしいと頼んだことを打ち明けたのだ。信長は怒るどころか、面白いと笑うのだった。また会いたいと信長に言われ、退散しようとした光秀だったが、「どうして将棋の相手をしてくれないのか。」と人質の竹千代が信長の前にやってきた。信長が自身の相手をしてくれないのは、こちらの家系とうまくいっていないからだろうと幼いながらに気にしていたのだった。(女性30代), 【第11話のネタバレ】天文18年11月、竹千代は信秀との交換で今川に送られる。末盛城の信秀に信広の無事が伝わると満身創痍で帰るべきなのに不甲斐ないと信秀は怒る。信勝は若いし信長は何を考えているか判らないと言う。今川は竹千代に会う。懐かしくて夢をみるようだと竹千代は言う。竹千代は三河にいつ帰れるかというが、太原はいずれ帰れると言う。年明けに三河を救う戦を始めると今川が言う。天文19年夏、今川は知多郡を攻めた。高政は道三に織田との盟約は危ういと言う。家臣は織田の為に田を捨てて戦う者はいないと言う。道三に平手が援軍を頼んで来たが、道三は光秀を平手に送る決めた。場合によっては今川と手を握ることも考えた。光秀は信秀に援軍は送れないと平手に謝る。土岐家の内紛の時は将軍家に取り持ってくれたと光秀が言う。帰蝶は光秀に将軍家に頼めと言う。道三は将軍家に取り次ぎを頼むには金がかかると言う。織田が今川に負ければ帰蝶が危ないというが、道三は金は出せないと言う。光秀は高政に土岐頼芸に、織田と今川の取り持ちを頼むと言う。光秀は高政の言うことは何でも聞くと言う。頼芸に光秀は将軍家に和議の取りなしを頼むと頼芸は金がかかると言う。頼芸は稲葉から道三が自分を追い出したと聞き道三に味方しないと言うが高政は道三を倒すと言う。光秀は義輝に会うと、世が平らかになれば麒麟が来るが、無念だと義輝が言う。しかし織田と今川に和議の使いを出すと義輝は言う。(男性60代), 【第12話のネタバレ】天文20年、親に寡黙な態度をとる光秀に光安は嫁が必要だと牧に言う。美濃の妻木で光秀は義輝が麒麟が来る道は遠いと言っていたのを思い出すが鷹狩りの仲間とはぐれる。すると熙子に偶然会う。光秀は幼い頃に約束した通り自分の嫁にならないかと熙子に言う。織田と今川は義輝の仲介で和議を結ぶが今川は尾張の重要拠点を手に入れる。病身の信秀は末盛城を信勝に与えると家臣に言い、信長に那古屋城を任せるというが、信長は不満を言い、何故、那古屋城を出たのかと信秀を咎めて立ち去る。帰蝶は信長から末盛城を信勝に与えると言う。家督を信長に譲るのだろうと帰蝶が言うが家督も信勝に渡ると信長は怒る。信長は土田御前の意見に信秀が言いなりだと泣いて悔しがる。土田御前は信秀が望月に会いたいので呼べと帰蝶に言う。帰蝶は信秀に家督を誰に継がせるのか、信長をどう思うのかと問う。信秀はかすかな声で信長と言う。帰蝶は信長に信秀が若い頃の自分に似ており信長に尾張を任せるので強くなれと言ったと伝える。信長は喜ぶ。帰蝶は伊呂波を通じて望月を京都から百貫の謝礼を出して呼ぶと言う。光秀は熙子を妻に迎え牧と光安は喜ぶ。すると道三は頼芸から送られた鷹に殺されそうになったと言い、家臣に何故、自分が殺されなければいけないのか、頼芸と戦うと言う。高政は頼芸を守り光秀に道三を倒そうと誘う。駒は光秀が嫁を貰ったと帰蝶から聞く。天文21年3月、信秀が死ぬ。(男性60代), 【第13話のネタバレ】天文21年、道三は頼芸と戦うと言うが、光秀は道三に国衆が敵味方に別れ美濃は一つになれないと言う。光秀は、どちらかと言えば道三が嫌いだが道三に恩があると言う。何故、頼芸と戦うのかと言うと、道三は戦はしないが頼芸は穏やかに国を出て行って貰うと言う。道三は光秀に30丁の鉄砲隊を作れという。高政は道三が戦を用意しており戦うと言うが、頼芸は逃げる。道三は高政に頼芸が近江の六角に逃げたと言う。高政は真の父を失ったと言うが道三は自分が真の父だと言う。深芳野は高政に謝れと背中を叩きながら泣く。道三は高政に家督を譲らないと言う。今川は兵を出した。駒は藤吉郎に会う。天文22年、道三が信長に会いたいと言って来た。和議を続けるのか自分を見放すのか、自分をおびき出して殺すのかと考え、会わないと信長は言うが会わないと、和睦が崩れ美濃に戻ることになると帰蝶は言う。伊呂波が兵を信秀から頼まれて集めたと帰蝶が言う。帰蝶は伊呂波に会い、鉄砲の数の兵を集めて欲しいと言い手付金を渡す。光安は30人の鉄砲隊はお飾りだと言う。道三は光秀に信長と聖徳寺で10日後に会うので、光秀に立ち会えと言う。道三は信長が危うい、清州の織田彦五郎の家臣が信長を殺さないかと、そそのかして来たと言う。どうするのかと光秀が問うと、信長に会ってから決めると道三が言う。道三が聖徳寺で先に待っていた。すると信長は三百の鉄砲隊を連れて来て道三は驚く。(男性60代), 【第14話のネタバレ】斎藤道三は急に織田信長に出会ってみたいという要望により、正徳寺にて会見をすることが決まった。