この記事では、映画『海を感じる時』についてご紹介して参ります。映画『海を感じる時』のあらすじと結末(ネタバレ注意です!)についてご紹介しています。主演の市川結衣さんの濡れ場・ベッドシーンがとても衝撃的な作品ですね。ぜひチェックして観て下さい。

0秒になるたびに、なにごともなかったかのように“ブレーキ”がかかる。 なぜ閉じ込められているのか。車はどこへ向かっているのか。犯人の目的は何なのか。 ・ つーか、映画のホームページで重要なネタバレがされてますけどね。 ホームペー… 神威杏次official blog

‘Moonlight’ & ‘Michael Moore In TrumpLand’ Top 2016 Theater Averages – Specialty B.O.

映画のご紹介・あらすじに加え、著者の独断と偏見による「語りポイント」を解説。※個人運営ですので、著者が多忙になるとしばらく新規記事が更新されなくなりますが、その場合、気長にお待ち願えると幸いです。

おすすめ映画を色んなカタチで紹介してます。 基本はネタバレなしで見どころなどを紹介したり、観る前の予習用記事だったりです。 たまにネタバレありで徹底解説したり、ランキング形式で紹介したりと自由気ままなお気楽ブログです。

", "fluid and seductive, deceptively mellow, and shot with searing compassion.

『最愛の子』原題:親愛的2014年 中国・香港監督:ピーター・チャン出演:ヴィッキー・チャオ、ホアン・ボー、トン・ダーウェイ、ハオ・レイ, 中国の「一人っ子政策」から派生する、児童誘拐、人身売買、経済格差、人間のメンタル面に及ぼす影響…など、さまざまな問題点を浮き彫りにする社会派映画。壮絶で良い映画ですが、重いので、メンタルが落ちてる時には閲覧注意。, 中国の「一人っ子政策」の下、3歳の息子が行方不明になる。三年後に他人の子として生きている息子を発見した夫婦は、息子を連れて帰るが、息子は自分たちのことをすっかり忘れていて、育ての親に愛着を持っている。取返しのつかない状況に苦しむ、それぞれの話。, ネットカフェを営むティエンは、元・妻と3歳の息子の帰りを待っていた。ジュアンとはすでに別れていて、息子・ポンポンの養育権はティエンにあったが月に一度の面会日だった。戻って来たポンポンは友達と遊びにでかけるが、外で母のクルマをみかける。思わず追いかけるポンポン。しかし母親は気づかず走り去ってしまう。そして、何者かにさらわれるポンポン。そこから、ティエンとジュアンは必死に息子を捜索するがみつからない。 2年後、ティエンはジュアンを誘って、ある会に参加する。行方不明の子供を持った親たちが集まる会だった。リーダーのハンを中心に、励まし合い、なにか情報が入れば協力しあって現場に探しにいくなど熱心に活動をしているグループだった。 3年後、情報をもとに訪ねた村にポンポンに似た子供…ポンポンもどきがいた。, ポンポンもどきはティエンたちの事を覚えていない。違う母親がいて、違う名前で呼ばれていたポンポンもどきを思わず抱きかかえて走るティエン。村人たちが追いかけティエンたちは取り押さえられる。 警察が調べると、村での母親・ホンチンはやはりポンポンもどきの実親ではなく、すでに死んでいる夫がどこからか連れてきた養子だった。ポンポンもどきはポンポンだった。, しかもそれは。夫によるれっきとした誘拐事件。夫から「不妊症だ」と言われていたホンチン自身も、自分が産んだ子だとは思っていないが、とはいえ、3年間も一緒に暮らし、息子として育てた「自分の子供」なのだ。それは。夫がやはりどこかで拾ってきたという娘も同じだった。 ティエンとジュアンは晴れて(?)ポンポンを連れて帰るが、ポンポンは自分のことをポンポンもどきだと思っていて、二人に心を許さない。挙句「誰か、この人たちを捕まえてください。」などと哀しいセリフを口にする。 公務執行妨害で拘留されていたホンチンは半年ほどで出所する。生みの親の元に戻されたポンポンはどうしようもなかったが、せめて、施設に入れられた娘だけでも引き取りたいと考え、カオ弁護士に依頼する。ホンチンに同情したカオは、娘を取り返したく頑張る。幼い娘は、夫が働く工事現場に捨てられていた捨て子であり、そのことが証明できれば、誘拐ではないと証明できれば、娘はホンチンの元に帰ることを許されるかも知れなかった。しかし、工事現場で当時のことを知る男は、面倒に巻き込まれたくない一心で「そんな捨て子、知らない。」と嘘をつく。なんとか、裁判所で本当の証言をさせたいホンチンは、その男にカラダを与えてまで頼み込む。 ティエンの元妻・ジュアンもまた、寂しがるポンポンの妹として、娘を施設から引き取りたいと動いていた。しかし、ジュアンは今回の騒動で現在の夫から離婚されそうになっていた。養育権を得るには夫婦でいること、という条件があった。該当しなくなったジュアンは裁判所から退廷させられる。ジュアンとホンチンで争った裁判は、まったくやる気のない裁判長に、結局、ふたりとも認められないという結果になる。 ようやく少し慣れてきたポンポンだったが、ティエンたちの会の活動に参加中、それを遠くからみつけたホンチンがかけより、ポンポンを抱きしめる。「なにをするんだ!」「誘拐犯め!」などの怒号を浴びせられ、引き離されるホンチン。路上で泣き崩れるホンチン。 「(ポンポンに)会わせてほしい」と訪ねてきたホンチンを「恨まないようにするだけで精一杯なんだ。帰ってくれ」と突き返すが、去り際「桃は食べさせないで。アレルギーだから」というホンチンに、ティエンは愕然とする。ポンポンは間違いなく自分たちの子供ではあるが、同時にホンチンもポンポンの母親なのだ、ということに気付き、もう取返しのつかない運命の儚さに涙する。 カオ弁護士には、認知症の母親がいた。「ひとりで」親の介護をしなければいけない「一人っ子」の過酷さが描かれる。その世話係としてホンチンを雇うことにするカオ。仕事をしながら次の作戦を練ろうとの提案だった。就業前の検査で病院にいったホンチンは驚愕する。妊娠していたのだ。愕然と泣き崩れるホンチン。, この映画は、中国の「一人っ子政策」から派生する、児童誘拐、人身売買、経済格差、人間のメンタル面に及ぼす影響…など、さまざまな問題点を浮き彫りにする社会派映画。よくそんな法律が10年以上も続けられていたなと驚くのですが、そのあたりは他の皆さんのレビューにたくさん書かれているので、ここでは、あまり触れません。 ひとつだけ…映画の中で何度か描かれる「次の子供を妊娠した」事に対する本人や周りのリアクション。僕らが通常考える「オメデタ=そこにどんな事情があれ、おめでとう」では決してない。それは「一人目の死亡届がない限り、二人目の出生届は受理されない」法律によるものなのだけど、妊娠したことで泣き崩れる母親。子供が欲しくて、子供を取り返したくて仕方ない母親が、妊娠で絶望する…なんて、異常としかいいようがない現実に愕然とさせられる。, 前半でティエン夫妻が誰かに言ったセリフ。同じセリフを、後半、ポンポンに会わせてくれと訪ねてきたホンチンがティエンに言う。それを聞いて涙が止まらなくなるティエン。 失われた三年。その間に、ホンチンもポンポンの母親になっていた認識させられるティエン。それは、失くした時間は戻らないということ。起こってしまった事実により、関わる人間たち全員にとって、取返しのつかない意識がが芽生えてしまっているということ。もう決して元には戻れない、どうしてこんなことに…という、哀しみ。 ここは辛いシーンですが、一人っ子政策も含め、なにか大きな物の都合で苦しむのは、いつも何の罪もない庶民である…そんな無力感を痛切に訴えてくる。, ちっぽけな人間の無力感。どうしようもない状況の中で、そこでどうやって生きていくべきか。大きな状況を嘆いていても何も変わらない。ただそこで涙に暮れていても何も変わらない。そこで唯一できることは「家族を愛すること」「家族を守ること」「愛するべき人を決して手放さないこと。」, 誰も幸せにならない救いようのない終わり方の中で、僕らがどこかに希望をみつけるとすれば、それくらいだろう。 「人間は、自分のために生きている限り、決して満たされることはない」と思っています。自分のため…なんて際限がないからです。決して現状に満足しない、今の自分が得ている幸せに気づかないのが人間だからです。「誰かのために生きること。」誰かの幸せ…は可視化できるから。自分の幸せは見えなくとも。, 映画を観たなら語りたい。 『ムーンライト』(英: Moonlight)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。タレル・アルヴィン・マクレイニー(英語版)による "In Moonlight Black Boys Look Blue" を原案としており、監督はバリー・ジェンキンスが務め、脚本はマクレイニーとジェンキンスの共作で執筆された。出演者は、トレヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホランド(英語版)、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダース、ナオミ・ハリス、マハーシャラ・アリほか。, 作品は2015年からフロリダ州マイアミで撮影され、2016年9月2日のテルライド映画祭でワールド・プレミアを迎えた。A24配給の元、同年10月21日にアメリカ合衆国で公開され、世界で2,300万ドルの興行収入を得ている。日本公開は2017年3月31日(配給はファントム・フィルム)。, 第74回ゴールデングローブ賞では映画部門 作品賞 (ドラマ部門)を獲得したほか、5部門にノミネートされた。同年の第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞[9]、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚色賞を受賞している。, シャロン(演:アレックス・ヒバート)は、「リトル」という渾名を付けられた、恥ずかしがり屋で引っ込み思案の男の子である。彼はいじめっ子たちから隠れているところを、キューバ人のクラック・コカイン売人であるフアン(演:マハーシャラ・アリ)に見つけられ、フアンはシャロンを、自分とガールフレンドのテレサ(演:ジャネール・モネイ)が暮らす家へ連れて行く。夕食と一夜の宿を許された後、シャロンは心を開くようになる。翌朝フアンは、感情的で虐待する母ポーラ(演:ナオミ・ハリス)の元へシャロンを送り返す。, シャロンには、クラスメートのケヴィン(演:ジェイデン・パイナー)しか友人がいない。シャロンはフアンと多くの時間を共に過ごすようになり、彼から泳ぎと、人生は自分で切り開かなくてはならないのだということを教えられる。ある夜フアンは、自分の顧客のひとりが、ポーラと車中でクラック・コカインを吸っていることに気付く。翌朝シャロンは、テレサとフアンに、母に対する憎悪があることを認める。母に薬物を売っていたフアンと揉めたシャロンはその場を立ち去り、フアンは恥ずかしさからうなだれる。, ティーンエイジャーとなったシャロン(演:アシュトン・サンダース)は、ケヴィン(演:ジャレル・ジェローム(英語版))と仲良くしているものの、テレル(演:パトリック・デシル)のグループにいじめられる毎日を送っている。母ポーラはその後薬物依存に陥り、ヤク代に困って売春婦として働いている。フアンは亡くなったものの、テレサはシャロンに食事の世話などの交流を続けている。ポーラはテレサがシャロンへ渡した金すら自分に寄越すよう迫る始末だった。, ある夜シャロンは、ケヴィンが裏庭で女性と性行為をしている夢を見る。別の夜、ケヴィンはシャロンを訪ねて、彼の家近くにあるビーチを訪れる。ブラント (en) でマリファナを吸いつつ、ふたりは人生の野望を語り合う。麻薬で酔った後、ふたりはキスを交わし、ケヴィンはシャロンに手淫を行う。, 翌朝、テレルはケヴィンにいじめの儀式に参加してシャロンを殴るよう命令し、ケヴィンはいやいやこれに従う。シャロンは崩れ落ちるのを拒み、ケヴィンは彼を何回も殴りつけることになる。シャロンが立ち上がれなくなったところで、テレルや取り巻きが彼を囲み踏みつけ、蹴り始めるが、警備員が現れて彼らは逃げ出す。ソーシャル・ワーカーと面談したシャロンは、暴行された相手の素性を話すよう求められるが、シャロンは名前を告げても何の解決にもならないと考える。翌日登校したシャロンは、教室で無防備なテレルの背中を椅子で殴りつける。シャロンは逮捕されるが、パトカーに乗せられる時、彼はそばに立っているケヴィンを睨み付ける。, 大人になったシャロン(演:トレヴァンテ・ローズ)は、アトランタで薬物の売人として暮らしており、「ブラック」との通り名で知られている。少年院を出て薬物の売人を始めてから引っ越したシャロンは、かつてのフアンと同様の人生を送っている。シャロンの元には、ポーラから頻繁に家に帰るよう求める電話がかかってくる。ある夜、彼はケヴィン(演:アンドレ・ホランド(英語版))から電話を受け、自分が食堂で働いているマイアミを訪ねてほしいこと、そしてティーンエイジャーの時の行動を謝罪したいことを伝えられる。翌朝目覚めたシャロンは、自分が夢精していたことに気付く。その後、彼は薬物治療施設に住む母ポーラの元を訪ねる。母は売人を辞めるようシャロンを諭すも、シャロンは母に対し今まで溜まっていた思いを吐露し、母もまた今までの行いを後悔する。, シャロンは、マイアミでケヴィンと再会したが、飲み交わしながら話す気にはなれない。一方のケヴィンも、シャロンの現在の風貌や、彼に会いたいという動機に驚かされる。レストランのジュークボックスでバーバラ・ルイスの「ハロー・ストレンジャー」を聴いたふたりはケヴィンの家へ向かう。ケヴィンは、自分の思うような道でなくても、自分の人生は幸せなものだと打ち明ける。そんなケヴィンに、男性はおろか、親密な関係になった人物はケヴィン以来、誰もいなかったことをシャロンは明かす。直後ふたりは和解し、ケヴィンはシャロンを優しく抱きしめる。フラッシュバックで、少年時代のシャロンは、月明かりの海辺で遊んでいる。, 2003年、タレル・アルヴィン・マクレイニー(英語版)は、自身の母がAIDSで亡くなった経験から、半自伝的な戯曲 "In Moonlight Black Boys Look Blue" を執筆した[10]。舞台化も考えられたが実現せず、本作の脚本として使われるまで、作品は10年近く放って置かれた[10]。, 2008年にデビュー作 "Medicine for Melancholy" (en) を発表して以来、バリー・ジェンキンスは様々な映画用シナリオを執筆していたが、どれも製作には至らなかった。2013年1月、プロデューサーのアデル・ロマンスキーがジェンキンスへ2作目の製作を求め[11]、ふたりは1か月ビデオ通話を通して話し合った結果、低予算の「映画的で個人的な」(英: "cinematic and personal")作品を作ることに決めた[12]。ジェンキンスはマイアミの The Borscht arts collective (en) から、マクレイニーの戯曲 "In Moonlight Black Boys Look Blue" を紹介された[12][13]。マクレイニーと相談した後[13]、ジェンキンスはブリュッセルに1ヶ月逗留して映画脚本の初稿を書き上げ[12][14]、元の作品から3章を抜き出しつつ、マクレイニーに敬意を表してホモセクシュアルな側面を残す脚本にした[13]。, 脚本は、ジェンキンスとマクレイニーが受けた同じようなしつけを反映するものになった。フアンの造形はマクレイニーの弟の父を基にしており、フアンがシャロンに対してそうであるように、モデルとなった人物は子どものマクレイニーにとって「擁護者」(英: a childhood "defender")でもあった[15]。同様に、シャロンの母ポーラの描写は、薬物依存に苦しんだジェンキンスとマクレイニー双方の母を基にしている。ジェンキンスとマクレイニーは、どちらも映画の主撮影地であるマイアミ・リバティ・スクエア(英語版)出身である[11]。, 映画の製作費用を求めていたジェンキンスは、2013年のテルライド映画祭で出会ったプランBエンターテインメント幹部に脚本を渡し、資金を獲得した。その後プランBエンターテインメントのデデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーがプロデューサーに就任し[12]、A24が、会社の初製作映画として資金面の管理と世界配給を担当することになった[16]。, 映画は3章仕立てで、シャロンとケヴィンは章ごとに異なる俳優が演じる。ティーンエイジャーのシャロンは、アシュトン・サンダースが演じている[17]。子どものシャロンとケヴィンは、マイアミで広く募集された後、アレックス・ヒバートとジェイデン・パイナーが選ばれた[18][19]。トレヴァンテ・ローズはオーディションでケヴィン役に決定していたが、結局大人のシャロンを演じることになった[20]。, アンドレ・ホランド(英語版)はマクレイニーの戯曲を演じた経験があり、映画製作の10年前に、既に原作戯曲を読んだ経験があった[21]。ホランドは映画の脚本を読んだ後大人のケヴィン役に惚れ込み、「[脚本は]今まで読んだ中で最も素晴らしい」(英: "[The script] was the best thing I've ever read. . 映画『ミッドサマー』を解説!本作の伏線を時系列で追うとどうなる?話題のフェスティバル・ホラーをネタバレ ... 2020年11月8日 22時0分.

午前0時 、キスしに来 ... 漫画作品のネタバレ情報をタイムリーに更新を行っておりますが、全て公式で運営されている電子書籍サービス等へ導線を貼っております。 壮絶で良い映画ですが、重いので、メンタルが落ちてる時には閲覧注意。 <広告> // 目次 基本データ・おススメ度 あらすじ(ネタバレなし) ネタバレあらすじ つまりこんな映画(語りポイント) あらすじ(ネタバレなし) 中国の「一人っ子政策」の下、3歳の息子が… ")と述べている[22]。, ナオミ・ハリスは、当初ポーラ役を演じることに気乗りしておらず、ステレオタイプな黒人女性の描写を演じたくはなかったと述べている[23]。ハリスがこの悩みを打ち明けたところ、ジェンキンスは自身・マクレイニー双方の母親を象徴的に描いたものとして、キャラクターが必要だと力説した[21]。ハリスは後に、薬物依存者役は受けないと決めていたが、映画の脚本と監督の寛容さが彼女に訴えかけたと語っている[11]。役準備のため、ハリスはクラック・コカイン中毒者のインタビューを試聴し、実際に薬物依存の女性とも面会した。また、自分がいじめにあった経験を、トラウマから抜け出そうとする中毒者と結びつけたという[23][24]。, アデル・ロマンスキーはフアン役に、以前プロデュースした映画 "Kick" (en) に出演していたマハーシャラ・アリを推薦した。ジェンキンスは『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でアリが演じていたレミー・デントン役のイメージから起用に躊躇していたが、アリの演技の幅やキャラクター理解の様子を見て起用に納得した[25]。アリはこの役をアフリカ系アメリカ人男性の助言者を演じる重要な機会と考えており[26]、自身の経験を「フアンと共に成長した」(英: “[growing] up with a Juan”)と語っている[25]。ジャネール・モネイは脚本を送られてすぐに自分の役がテレサだと直感したといい、彼女にもドラッグや性的アイデンティティに苦しむ家族がいたことを明かしている[12]。, 撮影は2015年10月14日に、フロリダ州マイアミで開始された[18][27]。ロマンスキーと共にマイアミでロケ地を探した後[14]、ジェンキンスは以前住んでいた場所で撮影を行うことに決めた。主撮影地には、ジェンキンスやマクレイニーが育った住宅地であるリバティ・スクエア(英語版)が選ばれた[28][29]。撮影中キャスト・クルーには警察による警備が付けられたが[24]、ジェンキンスの親戚が地区に住んでいたため、撮影が邪魔されることはなかった[14]。ナオミ・ハリスは後にこう振り返っている。, 撮影中俳優たちが互いの真似を行わないように、ジェンキンスはシャロン役の3人を撮影終了まで会わせないようにしていた[30]。このため、ローズ・サンダース・ヒバートの3人は、2週間ごと分けられた別々のスケジュールで撮影に臨んだ[29]。マハーシャラ・アリは、別作品の撮影と掛け持ちだったため、週末毎にマイアミにやってきて撮影を行った[31][32][33]。ナオミ・ハリスは全シーンをリハーサル無しに3日間で撮影し[23][24][33]、アンドレ・ホランドも5日間で全シーンを撮了した[33]。全編は25日間で撮影された[10]。, ジェンキンスは、前作 "Medicine for Melancholy" でもタッグを組んだ、長年の友人で撮影技師のジェイムズ・ラクストンと映画を撮影した[34]。ふたりはドキュメンタリー風の映像を避けるため、アリ・アレクサ(英語版)のデジタルカメラの上にワイドスクリーンのシネマスコープ(英語版)を取り付け、肌の色をより表現できるようにした[31][34]。カラリストのアレックス・ビッケル[注釈 6]も加わり、コントラストや彩度を増やしたカラー・グレードを作ることで、細部や色彩を保ったままで肌の色をより表現できるようになった。これにより、3章はそれぞれ異なるフィルム・ストック (Film stock) を模してデザインされることになった。第1章は、俳優の肌色を強めるため、富士フイルムのフィルム・ストックを模して作られた。第2章は画像にシアンの色合いを足したアグフア風のもの、第3章はコダック風のものが使われている[35]。, 作品は、以前ジェンキンスの同級生だったナット・サンダース(英語版)とジョイ・マクミロン(英語版)によって、ロサンゼルスで編集された[31][34]。サンダースは第1章・第2章の編集を担当し、マクミロンは第3章の責任者を務めた[36]。, 映画音楽はニコラス・ブリテルが担当した。彼はヒップ・ホップからリミックスするチョップド・アンド・スクリュード(英語版)の技法をオーケストラ音楽に当てはめ、「流動的で、重い低音のスコア」(英: a "fluid, bass-heavy score")を完成させた[28]。サウンドトラックは2016年10月21日に発売され、ブリテルが作ったオリジナル18曲と、グディー・モブ(英語版)、ボリス・ガーディナー(英語版)、バーバラ・ルイスの「ハロー・ストレンジャー」が収録された[37]。チョップスターズ (The Chopstars) のOG Ron C (en) ・DJ Candlestick (DJ Candlestick) 「チョップド・アンド・スクリュード」版も発売されている[38][39]。, 映画は、2016年9月2日にテルライド映画祭でワールド・プレミアを迎えた[42]。作品は8日後の9月10日にトロント国際映画祭で上映されたほか[43][44]、10月2日にはニューヨーク映画祭[45][46]、10月6日にはロンドン映画祭で上映された[47]。, 2016年10月21日には、ニューヨークとロサンゼルスの映画館で限定公開され[48]、同年11月4日に全国公開された[49][50]。全英公開は2017年2月17日[51]。日本ではファントム・フィルムが配給を担当し、公開日は2017年4月28日と予定されていたが、賞レースの結果を受けて約1か月早い3月31日へ前倒しされた(映倫指定はR15+)[3][52][53][54]。, 『ムーンライト』は、マハーシャラ・アリの名演と合わせ、満場一致に近いほどの高評価を得ている。Rotten Tomatoesでは2017年2月27日現在、269件のレビューに基づき、98%支持の「新鮮な」映画に分類され、平均評価も10点満点中9点と高い評価を得ている[55]。Metacriticでは、51件のレビューに基づき100点満点中99点が付けられ、「世界的な大絶賛」(英: "universal acclaim")と紹介されているほか[56]、2016年の映画中最高得点を獲得した[57]。, 『ハリウッド・レポーター』のデイヴィッド・ルーニーは、テルライド映画祭のプレミア後、映画を好評価する記事を出した。彼は俳優の演技やジェームズ・ラクストンの映像を、「流動的でうっとりさせ、驚くほど円熟しており、憐れみを心に焼き付けるようなショット」(英: "fluid and seductive, deceptively mellow, and shot with searing compassion.

", Vesperae Solennes de Confessore – Laudate Dominum, K. 339 (Excerpt), “The Craft of ‘Moonlight’: How a $1.5 Million Indie Landed Eight Oscar Nominations”, http://www.indiewire.com/2017/02/moonlight-oscar-nominations-indie-film-best-picture-1201779770/, “‘La La Land,’ ‘Moonlight’ Honored at Variety Artisans Awards in Santa Barbara”, http://variety.com/2017/film/news/la-la-land-moonlight-variety-artisans-awards-santa-barbara-1201977032/, 話題作を続々と制作&配給 新進気鋭の映画会社「A24」の映画10選 - ライブドアニュース, Miami plays a starring role in the glorious ‘Moonlight’, To give birth to 'Moonlight,' writer-director Barry Jenkins dug deep into his past, Barry Jenkins’ Moonlight Interview: Journey To Making a Classic, 'Moonlight': How an Indie Filmmaker Made the Best Movie of 2016, From Bittersweet Childhoods to ‘Moonlight’, “A24 Teams With Plan B & Adele Romanski To Produce And Finance Barry Jenkins’ ‘Moonlight’”, http://deadline.com/2015/08/barry-jenkins-moonlight-a24-plan-b-ex-machina-brad-pitt-amy-winehouse-cary-fukunaga-1201504815/, “The 3 stars of 'Moonlight' share a role and a breakthrough”, http://bigstory.ap.org/article/852126f36456436a9b4e092ac573401f/3-stars-moonlight-share-role-and-breakthrough, “Naomie Harris, Andre Holland, Mahershala Ali to Star in ‘Moonlight’”, http://variety.com/2015/film/news/naomie-harris-andre-holland-mahershala-ali-moonlight-1201623354/, Barry Jenkins’ ‘Moonlight’ Draws Naomie Harris, Andre Holland, Mahershala Ali, Janelle Monae + Others, Trevante Rhodes Shines in 'Moonlight,' This Fall's Essential Queer Black Film, 'Moonlight': Mahershala Ali, Naomie Harris and Andre Holland on Masculinity, Addiction, Why André Holland Knew He Couldn't Turn Down a Movie Like 'Moonlight', Naomie Harris Had to Overcome Her Own Judgment to Play ‘Moonlight’ Role, How Naomie Harris Filmed Her Stunning Moonlight Role in Just 3 Days, With ‘Moonlight’ and more, Mahershala Ali hits stratosphere, “Mahershala Ali?