- となりのシムラ - スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳 - 志村けんのバカ殿様 - 志村けんのだいじょうぶだぁ - 志村&所の戦うお正月, 志村けんの東村山音頭 - ウンジャラゲ - 婆様と爺様のセレナーデ(けん&マーシー) - 銀座あたりでギン!ギン!ギン!(けん♀♂けん) - アイ〜ン体操/アイ〜ン!ダンスの唄(バカ殿様とミニモニ姫。), いかりや長介 - 加藤茶 - 高木ブー - 仲本工事 - 荒井注 - すわ親治 - 綱木文夫, マックボンボン(井山淳) - 沢田研二 - 笑福亭鶴瓶 - ビートたけし - キャンディーズ(伊藤蘭・田中好子・藤村美樹) - 研ナオコ - 志村ファミリー - 柄本明 - ダチョウ倶楽部(肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵) - 田代まさし - 桑野信義 - いしのようこ - 松本典子 - 優香 - 磯山さやか - 足立梨花 - 中山秀征 - 氷川きよし - ダウンタウン(浜田雅功・松本人志) - ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之) - 山瀬まみ - 相葉雅紀 - タカアンドトシ(タカ・トシ) - ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか) - 千鳥(大悟・ノブ) - 柴田英嗣 - 堺正章 - 梅津弥英子 - 政井マヤ, 渡辺プロダクション - イザワオフィス - お笑い第二世代 - 東村山市 - 志村魂 - ハイパーオリンピック殿様版 - 加トちゃんケンちゃん - THE DETECTIVE STORY - わ〜お!ケンちゃん - シムケンG - アイーンベル - パンくん - 変なおじさん - ヒゲダンス - カトちゃんケンちゃん - 吉浜駅 - COVID-19 - 誰も知らない志村けん - 志村けんレーベル, あなたに夢中 - そよ風のくちづけ - 危い土曜日 - なみだの季節 - 年下の男の子 - 内気なあいつ - その気にさせないで - ハートのエースが出てこない - 春一番 - 夏が来た! 8時だョ!全員集合 - 第12回日本レコード大賞(司会補佐) - ドリフ大爆笑 - 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ - KATO&KENテレビバスターズ - 加トちゃんケンちゃん ファンタジーワールド - 加ト茶の史上最大の作戦!! - クイズ日本昔がおもしろい - 加トちゃんマチャミのお台場CHA・CHA!!

Free math problem solver answers your algebra, geometry, trigonometry, calculus, and statistics homework questions with step-by-step explanations, just like a math tutor. ジャックをねらえ - ザッツお台場エンターテイメント! 2! 2017/02/11 - このピンは、りんごさんが見つけました。あなたも Pinterest で自分だけのピンを見つけて保存しましょう! - 志村座 - 志村の時間 - 志村の夜 - 志村でナイト - 発掘!あるある大事典 - モモコクラブ - 神出鬼没!タケシムケン - 愛のエプロン - 元気家族テレビ となりのマエストロ - くらべるくらべらー - 集まれ!ナンデモ笑学校 - 天才!志村どうぶつ園, 志村けん・中山秀征の「い〜んでないの? - 地元発信!

加トちゃんのビバノンラジオ全員集合 - 加トちゃんのラジオでチャッ!チャッ!チャッ! - 爆笑伝説!志村けんの変なおじさんVSネプチューン大決戦!! 『8時だョ!全員集合』(はちじだョ!ぜんいんしゅうごう)は、1969年10月4日から1971年3月27日、および1971年10月2日から1985年9月28日までTBS系列で放送されていたお笑い番組・公開バラエティ番組である。全803回。, 本項では、番組が終了した後のつなぎ番組である『ドリフフェスティバル・全員集合ベスト100』についても記述する。, 毎週土曜日、20時(午後8時)から実尺53分間の放送。稀に数回ほど、放送時間を拡大しての放送を行うことがあった。番組の終了後には、通常20時54分からスポットニュースの『JNNフラッシュニュース』が放送されていた。, 番組は16年にわたって放送された。ただし途中、1971年4月から9月までの半年間は、ドリフの先輩格であるハナ肇とクレージーキャッツがメインの番組『8時だョ!出発進行』が放送されていた。, 番組は、ドリフによるコントが中心の前半パートと、体操あるいは合唱団などによるショートコントが中心の後半パートとに分かれていた。前半パートと後半パートとの間には、ゲスト出演者による歌のコーナーがあった。, 基本的には生放送であったが、事前収録の録画放送となる回もあった。例えば、番組がスタートしてから1か月の間は録画放送であった。また1970年代前半までは、日劇や浅草国際での舞台公演があったこと、ドリフの休暇やスケジュールの都合などから録画放送となる回があった。このほか、ドリフが『ザ・ピーナッツ さよなら公演』に顔出しするため、1975年3月26日に事前収録したものを同年4月5日に流したことがある。この回は、近畿地方におけるネット局が朝日放送から毎日放送へ移行して最初の放送回となった。, 毎週各地の劇場・ホールで公開生放送あるいは公開録画を開催した。第1回は三鷹市公会堂からの録画放送。原則としてTBSエリア内の東京首都圏を中心とし、時には系列局の開局記念企画として札幌、仙台、福島(ドリフのメンバー・加藤茶の出身地)、新潟、静岡、名古屋、桑名、金沢、倉敷、広島、福岡、宮崎といった地方での収録も実施している。1984年10月以降はTBS本社(旧社屋)Gスタジオでの公開生放送となることが多くなり、ホールからの中継放送が著しく減った。2005年10月2日の復活特番では、1994年に落成したTBS本社(新社屋)Bスタジオからの公開生放送を実施している。, 随時、回り舞台を活用する大掛かりな舞台装置[4]と、入念に練り込んだコントや、大仕掛けの屋体崩しに代表される豪快なオチなど、出演者たちの身体を張った笑いが、小学生を中心とした老若男女を問わず幅広い層の視聴者に熱狂的に受け入れられた。また、生放送にこだわったために停電やボヤ騒ぎやゲストの負傷等のアクシデントに見舞われた回もあった。, ゲストには、当時の売れっ子アイドルや演歌歌手などを3 - 4組ほど招いていた。回によっては三船敏郎、若山富三郎、菅原文太、加山雄三、田宮二郎などの大物俳優やスポーツ選手、TBS系の他番組からゲストが出演することもあり、しかも彼らが積極的に番組のコントに参加していた。, ドリフメンバーのスケジュールは木曜日から土曜日までの3日間押さえており、基本的には木曜日に次週分(9日後)のネタ作り、金曜日に翌日分の立ち稽古、土曜日がリハーサルと本番という流れ。「番組がスランプに陥っている」と言う理由で、通常のレギュラー放送を一時休止して(その間は総集編を放送)、ドリフメンバーによる「合宿」までしたという。このように莫大な労力を費やして制作していた番組であった上、セットや出演者への保険といった諸経費の高騰・安全性の問題・その後の様々な表現規制・芸能事務所の生放送番組に対するスタンスの変化[5]などといった業界を取り巻く事情の大幅な変化もあり、現在ではこの様な規模の公開生放送番組を毎週1回のペースで作ることは極めて困難である。かつてドリフのマネージャーを務め、現在ドリフメンバーが所属するイザワオフィス社長の井澤健も『週刊新潮』のインタビューで[いつ? - 志村笑! - スーパーキャンディーズ - 全国キャンディーズ連盟 - スーキャット - CAN-Dee, 「ドリフのズンドコ節」、「ほんとにほんとにご苦労さん」、「誰かさんと誰かさん」など, 1973年12月から。当初はメンバー見習いとして出演。ドリフターズの正式メンバー入りは1974年4月から。, 本格的に行うようになったのは1982年1月からだが、それ以前にも1980年5月3日と1981年5月9日放送分でステレオ放送を行ったことがある。, 現在では、出演芸能人の生放送での不用意な問題発言によるイメージの瑕疵の発生を芸能事務所側が警戒するようになっている。, 例外は、TBSが土曜日に開催されるオールスターゲームの放映権を獲得した場合だが、このケースも1977年までは一度もなかった。, この「熾烈な視聴率争い」について、当時のひょうきん族と全員集合のスタッフはしばしば会遇し、その際に視聴率は話題に上らなかったと語る関係者の視点もある。(, 1番の歌詞に「5人の色男」という歌詞がある為。仲本と志村が復帰直後も差し替えた歌詞のまま歌われていたが、すぐに元の歌詞に戻った。, 第1期の最終回(1971年3月27日放送分)ではゲストではなく仲本と荒井が担当、(仲本)「おい、楽しかったな」「仲良くしろよな」(荒井)「いつまで見てんだよ」「もう終わりだよ」という台詞だった。, 年内最後の放送は「餅食い過ぎるなよ」「また来年」。第1期最終回は「長い間どうもありがとう」「別れるのはさびしいけどもさ」「また逢えるもんな」「病気だけはするなよ」、そして最終回は「長い間ありがとう」「元気で」。, 98年10月3日に加藤が解答者として参加した『オールスター感謝祭'98超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号』で、志村との医療コントのVTRが流れた後、実際にクイズが出題された(加藤と志村の医療コントのVTR中、紳助と和歌子も笑っていた。)。, 番組初期の頃にADとしてスタッフに加わり、後にディレクター→プロデューサーと昇格。後番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』のプロデューサーも務めた。, 付き人はすわを含め数人が出演していたが、オープニングの出演者・スタッフロールには名前が出されなかった, 各回のゲストは、『8時だョ!全員集合の作り方』(双葉社、2001年5月15日刊)に詳しく掲載されている。, 現在ではむしろ障害者の門戸を狭くしてしまう、また障害者差別に繋がるという理由で逆に出演者側や団体からの, 荒井注在籍時代の放送分で配信されているのは1972年12月30日放送分の1回だけである。, <放送作家40年・日本コント史の裏側>「ひょうきん族」と「全員集合」は視聴率争いなどしていなかった, 昭和のテレビ 第28回 8時だョ!全員集合(TBS) ランキング データで見る「8時だョ!全員集合」の歴史, http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=4323&cd=candies_memories, http://tod.tbs.co.jp/zeninshugou/index.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=8時だョ!全員集合&oldid=80312801, 初期は56分番組であった。1972年10月7日から55分、1982年10月2日から54分に短縮。また、オープニングは1分55秒→1分40秒であったが、1983年2月からオープニングのテーマ曲を3コーラスから2コーラスにすることにより、1分に収めた(正確には1分5秒 - 1分10秒)。提供は一貫して筆頭にライオン(現在も土8枠の筆頭スポンサー)、その他1〜2社が付いていたが時期によって変わっていた。, 少年少女合唱隊が廃止された1983年2月以降は、「前半コント(24分程度に拡張)→ゲストの歌1・2→中CM1→ショートコント→ゲストの歌3→中CM2→ゲストの歌4→後CM→エンディング」が基本的な流れになった。, 猫やポニーやラクダ(仲間外れにされた志村が一人で歌を歌うとそれにちなんだ本物の動物が舞台を横切る), TD:三島木好光、太田博、木村敦彦、日野治隆、大野健三、椙浦正明、斉藤清一、倉松賢三、遠藤和夫, カラー調整:新田隆、中島章、小林忠雄、斉藤清一、白取靖弘、山田茂、佐藤満、佐藤利弘、西沢正捷、岩永義輝, 映像:平沢一夫、椙浦正明、田名部誠一、鈴木克彦、遠藤和夫、佐藤秀樹、村上敦彦、小林稔雄、梶一郎、浜田泰生, 音声:大野信弘、椎木洋次、古川守、山岡三郎、飯島雅宏、丸山勝、浜田毅、和田英雄、山田紀夫, 初代デザイン:ひげ柄をモチーフにしたデザイン。背景の頭上に当時のスポンサーである『, 2代目デザイン:丸の形をいくつか重ねたような七宝文のデザイン。9代目と同じデザインだが、2代目が七宝文のサイズが大きく、円弧部分に色が付いている。1971年後半 - 1972年前半。, 3代目デザイン:左右対称の三角形の斜辺部分を湾曲したデザイン。1972年前半 - 1972年後半。, 4代目デザイン:丸や楕円形をモチーフにしたもの。1972年後半 - 1973年前半。, 5代目デザイン:枠の中に丸をモチーフにしたもの。1972年後半 - 1975年7月(廻り舞台のない週に設置されていたが、廻り舞台のある週でも設置されていたことがある)。, 6代目デザイン:三角をモチーフにしたもの。1973前半 - 1975年7月(廻り舞台のない週に設置されていた。また週によっては、前代の5代目のデザインと併用して使われることも多かった)。, 初代から6代目デザインの演奏台は基本は橙色だが、6代目デザインの演奏台や7代目デザインの演奏台もあった。, 7代目デザイン:三角をダイヤモンドの様にモチーフにしたデザイン。1973年後半 - 1975年7月(廻り舞台のある週、演奏台は常時同じデザインに固定されている)。, 8代目デザイン:左右対称の三角をモチーフにしたデザイン。1974年前半 - 1975年7月(廻り舞台のない週に設置されていたが、廻り舞台のある週でも設置されたことがある。演奏台は7代目デザイン)。, 番組の背景デザインとしては最も長い10年間も使用され、番組の象徴を表す最も知られているデザインである。番組, 全国の様々な会場で生放送を行ったため、会場の規模によって、2種類の大きさのもの(横幅の狭いもの・広い物)が使い分けられていた。, 廻り舞台のある週では背景デザインは2分割になっているか、アクリル板の後に白い幕で覆っていた。, 舞台の回転によってバンド席が現れた後に上半分のデザインが会場の美術バトンにより降ろされ上下一体化するようになっている。, バンド席の配置も会場により異なり、横1列(ほとんどが9代目デザイン以降)の場合や上下2段、TBS・Gスタジオでの収録では3段配置となっている。ただし、1985年9月21日放送分(第802回)のみオーケストラコントを行った関係上、Gスタジオでも横1列の配置が見られた。, 当初企画段階で、TBS社内外から「ドリフよりも世間に名の知れているクレージー(ハナ肇とクレージーキャッツ)を使った方がいいのでは」という声があった。, この番組が放送されている時期のTBSの4月や10月の番組再編成の時期に放送される特別番組は『4(10)月だョ!全員集合』(2時間番組で火曜日夜に放送、土曜日昼にも再放送された局もある)と題され、ザ・ドリフターズが進行役として出演していた。番組後半の「少年少女合唱隊」は出演者全員が参加し、非常に好評だった(, いかりやが後にインタビューで「決して子ども向けの番組にしたつもりはない」と述べている通り、加藤のストリップを題材にしたギャグや人形の首をちょん切るギャグ、小型のギロチンを使うシーン(実際に切ったのは, 青森テレビはNET系列メインのクロスネット局として開局したため、1974年9月までNET系列の番組を同時ネットしていたが、JNN正式加盟の半年前の1974年10月5日からネットを開始した, テレビ山口はフジテレビ系・NET系とのトリプルネット局として開局したため、1975年3月まで, ザ・ドリフターズ結成40周年記念盤 8時だョ!全員集合(2004年1月7日発売 PCBX-50558), TBSテレビ放送50周年記念盤 8時だョ!全員集合 2005(2005年6月24日発売 PCBX-50718), 番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合 2008(2008年7月16日発売 豪華版:PCBX-50890、通常版:PCBX-50891), 8時だョ!全員集合 最終盤(2010年3月17日発売 豪華版:PCBE-63402、通常版:PCBE-63403), 8時だョ!全員集合 ゴールデンコレクション(2012年2月15日発売 豪華版:PCBE-63406、通常版:PCBE-63407), 全体的に前半コントは1980年〜1984年の作品が比較的多く収録されている。後半コントも80年代の作品が多いが、荒井注時代や1970年代後半の作品もまんべんなく収録されている。1969年〜1971年の作品は一本も収録されていない。, 柏原芳恵『Live&Rarities CD+DVD BOX』(2010年7月21日発売 ユニバーサルJ UPCY-9196)付属DVDに『全員集合』出演時の映像を収録, 桜田淳子『Thanks 40 〜青い鳥たちへ』(2013年10月23日発売 ビクターエンタテインメント VIZL-568)付属DVDに『全員集合』出演時の映像を収録。, キャンディーズ『キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM』(2015年11月4日発売〈ネット通販限定〉 発売元:渡辺プロダクション・渡辺音楽出版・TBS、販売元:ソニー・ミュージックダイレクト DQBX-1222)ディスク2に『全員集合』出演時の歌唱映像のみを収録.