というコトになってるかと。 例えば、「クックパッド」の例↓ auのiPhone 12利用時に選べる料金プランは2020年10月15日時点で5種類あります。必要に応じたサービスの使い放題(カウントフリー)を選ぶことで膨大な通信費を抑えたり、快適に利用できるようになりますので、iPhone12のプラン選びは重要です。 保証期間が2年になるやつ。, これは、水没・全損のような、商品交換のような際にも修理代金が「最大でも7800円」と安くなるだけ。 一般的には7,800円以上にはなる。 AppleCare+ | サービス・エリア | iPhone | au, その上で更に、 ・月額390円 AndroidのGoogleも、普通に考えると本当はNGなんだけど。。。 ウェブでの注文手順を1つ1つ、画像付きで解説. PCではセキュリティ対策ソフトなどでウイルス対策を講じるのが一般的だが、ことスマホに関してはあまり気にせず使っている人も多いのではないだろうか。また、ネットでは「iPhoneはウイルス感染しない」という話も目にすることがあるが、本当のところはどうなのだろう。, 結論から言えば、「PCに比べてリスクは低いものの、iPhoneもAndroidスマホもウイルス感染する可能性はある。しかし感染しないよう、AppleとGoogleが日々対策をしている」というのが実際だ。, ここではiPhoneやAndroidスマホのウイルス対策事情と、私たちにできるウイルス対策について解説する。, 大前提として、スマホもPCと同じように、ウイルス感染などのリスクはある。スマホの場合は「不正な行為をするアプリ」という意味で「不正アプリ」と呼ばれるものがよく知られている。これをインストールしてしまうと、ネットバンキングやECサイトをはじめとするオンラインサービスのログイン情報やアドレス帳のデータなど、スマホ内の情報を盗み出される恐れがある。, ほかにも、端末を不正に操作されたり、不正サイトに誘導する広告が表示されるなど、ウイルス感染によりさまざまな危険にさらされる可能性があるのだ。, 当然、そのような危険をわかっていながらiOSを提供するAppleや、Androidを提供するGoogleが黙って見過ごすわけがない。私たちが安心してスマホを使えるようにさまざまな対策を講じ、日々セキュリティ対策に取り組んでいるのだ。, そもそもPCはウイルスに感染すると、システムに入り込んで手あたり次第にほかのファイルを感染させることができる。しかし、スマホの場合は少々事情が違う。, iOS、Androidともに「サンドボックス」という隔離された領域内でしかアプリを動作させないため、ほかのアプリやシステム、データなどにアクセスできないようになっている。これがスマホの基本的なウイルス対策だ。, この仕組みによって、iOSやAndroidは万が一、ウイルス感染したとしても、ほかのアプリやシステムは安全が保たれているのだ。, iOSの場合、インストールできるアプリがApp Store内のものに限定されている。そのため、不正なソースコードがないかなど、Appleの厳格な審査に合格したアプリしかインストールすることができない。こうした事情からiPhoneはウイルスの脅威にさらされるリスクが少ないのだ。, 一方、Androidの場合は少し事情が違う。iOSはインストールできるアプリをApp Storeに限定しているのに対して、Androidは公式アプリストアのGoogle Play以外からもアプリを入手できる。そういったところで手に入る、審査を通していない“野良アプリ”と呼ばれる存在が、iOSに比べてリスクを高くしているのだ。, とはいえ、現在のAndroidのセキュリティレベルはかなり高い水準にあり、野良アプリさえ使わなければ、アプリ経由によるウイルスの脅威にさらされるリスクは少ないと言っていいだろう。2009年のOSリリース当初は脆弱な部分もあったが、年々セキュリティを強化しており、今ではスマホのセキュリティ機能を向上する「Google Play Protect」や、不正なサイトやソースコードを検知する「Googleセーフブラウジング」など、セキュリティレベルは格段に向上している。, なお、OSの初期設定では正規マーケット以外のアプリはインストール不可になっているので、基本的には野良アプリによるウイルスの脅威にさらされるリスクはない。ただし、ユーザーがそのインストールを許可することで、Google Play以外からアプリをダウンロードすることも可能になるため、利用方法によってはどうしてもリスクにさらされてしまう場合があるのだ。, このようにiOS、Androidともにウイルスへの対策は高水準であるが、それでもウイルスに感染する危険性がないとは言い切れない。その原因は主に2つある。, ひとつはOSに存在する脆弱性だ。脆弱性とは、OSやソフトウェアにおいてプログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生するセキュリティ上の欠陥のこと。その脆弱性を利用して、悪意のある攻撃をしかけてくるのだ。, ※出典:IPA(情報処理推進機構 ) 脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況をもとに作成, これはOS別に見た脆弱性の年度別推移を表したグラフだ。ここからもわかるとおり、数に差はあるものの、実はスマホも脆弱性の申告数はそれなりにあり、iOSやAndroidにも脆弱性が存在しないわけではないことがわかる。, ウイルス感染リスクが否定できないふたつ目の理由は、ユーザーが不正アプリをインストールして、知らないうちに不正アプリが活動する権限まで与えてしまうケースがあること。, 繰り返しになるが、App StoreやGoogle Playでは、登録するアプリすべてに厳格なセキュリティ審査を行っている。しかし残念ながら、不正アプリが巧妙にその審査をすり抜けてしまうことも稀にあるのだ。当然、野良アプリの場合は不正アプリに遭遇する可能性も高くなる。, そして、インストールした不正アプリに「連絡先データの読み取り」「現在地の読み取り」など、不要な権限を与えてしまうことで、不正アプリが活動できるようになるのだ。, iPhone、Androidスマホともにウイルス感染のリスクを完全には排除できない以上、私たち自身でもなにか対策をしていく必要がある。スマホをウイルス感染から守るために、以下の4つのことに注意しておこう。, OSに脆弱性が存在してしまうことは避けられないが、OSの開発元は常に脆弱性対策を施したアップデート版の配布を続けている。OSを最新版に保つことは脆弱性の攻撃から守るための基本対策だ。, App StoreやGoogle Playでは厳格な審査により、不正アプリを排除しているため、正規マーケットからのアプリは安全性が高い。, Androidも「提供元不明アプリのインストールを許容する」にチェックを入れない限りは安全な状態が保たれている。もしどうしても正規マーケット以外のアプリを使いたい場合は自己責任となる。有名な会社が提供するアプリでも、そのリスクは知っておこう。また、ダウンロード後には必ず「許容しない」に戻すことを忘れないよう注意したい。, 万が一、不正アプリをインストールしてしまった場合も、活動する権限を与えなければ、被害を抑えられる。たとえば、アドレス帳へのアクセスを許容しなければ、アドレス帳のデータ流出を防ぐことができるし、画像データへのアクセスを許容しなければ、画像データが流出する危険性は少なくなる。, アプリ初回起動時に各種データのアクセスや機能利用の許諾を求めてくるが、不必要なアクセスや機能の利用は許諾しないのも重要だ。要求されている権限が、そのアプリの動作に本当に必要なものなのかをよく考えて許可するようにしよう。, Androidの場合はセキュリティアプリが配布されており、任意でインストールできる。不正アプリをインストールしようとすると、セキュリティアプリがそのアプリをスキャンし、不正なものと判断した場合インストールをブロックしてくれるのだ。さまざまなアプリをインストールする前に、セキュリティアプリを入れておくと安全性は確実に向上する。, ちなみにauのAndroidユーザー向けには、「ウイルスバスター for au」も提供されているので、興味のある方はこちらもご覧いただきたい。, なお、Appleはウイルスを検知する機能をもつアプリを認めていないため、この対策はAndroidのみ可能だ。, さて、ここまでウイルスを中心にスマホのリスク対策について解説してきたが、ウイルス以外にも、フィッシング詐欺やアカウントの乗っ取りなど、不正利用や個人情報流出などには注意が必要だ。気になる人はこちらの記事もご覧いただきたい。, AppleもGoogleも、さらに通信会社も、利用者が安全に使えるよう、さまざまな観点で日々セキュリティの強化に務めている。, しかし、それでも隙間をついて悪意ある攻撃をする人からの守りは完璧ではない。リスクを減らすには、やはり自分自身の行動も必要だ。ウイルス感染の被害に遭わないために今回あげた4つの対策を普段から心がけたい。, 1966年生まれ、東京都出身。KDDI株式会社、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC) 副会長・理事。現在、サービス開発部門にてスマートフォンやIoT機器のセキュリティ対策の推進。JSSECを通じてスマートフォンを中心にモバイルデバイスの安全な利活用を図り普及を促進。, TIME&SPACEの最新情報やイチオシ情報をメルマガで!

まぁ、人それぞれかと。, とはいえコレ、「水没による故障」にも対応してくれる強力な保証制度。 なんとなく、いけてたりするようです。 通常、Apple製品の保証期間は1年。 「au スマートパス」に入っていると、Androidだと課金アプリが無料で使えたりするが、IPhoneでは、そーゆーのがない。 お金は流れは、、、, ユーザー→au(手数料をとる)→課金コンテンツの会社 Appleは、ここで得た手数料でシステムを整備するワケだしね。 ウイルスバスターを無料で利用できている人もいるんですよね。 . 残りは、課金コンテンツを作ってる会社の売り上げへ。

スマホが好きで飽きもせず家電量販店に通い続け、その時いつも接客してくれていた女性が今の嫁です。\\, ツイッター(@sumalog_nohito)で、リアルタイムの情報をぶつぶつとつぶやいてます。, auスマートパスプレミアムというサービス名を、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。, iPhoneの修理サポートが受けられるのこともあって、auでは人気のサービスです!, 今回は、auスマートパスプレミアムがどのようなサービスなのか、修理サポートが凄いのは本当かと言うことを解説していきます。, auスマートパスプレミアムは、月額499円(税抜)で様々な特典が受けることができるサービスです。, ウイルスバスターfor au(Android)が無料でインストールでき、ウイルスブロック対策が可能です。, 個人情報漏洩や不審な番号からの着信拒否をし、安心してスマホの操作ができるようになります。, 「音楽」では、J-POP・洋楽・K-POPなどの音楽を最新曲から懐かしの名曲まで楽しめます。, 「書籍」では、ファッション誌、週刊情報誌、生活情報誌など、約40誌の人気雑誌が読めます。, 「イベント」では、音楽イベントのチケット先行受付や、サイン入りグッズ等のプレゼントを実施しています。, auのクラウドに、アドレス帳/写真/動画/パスワード情報/カレンダーのデータを保存可能です。, auスマートパス(プレミアム)非会員だと1GBまでしか預かることができませんが、会員だと50GBまでOK。, スマートフォン(Android/iPhone)・4G LTEケータイ・タブレット(Android/iPad)が水濡れや破損などにより、本体にあるデータが取り出せなくなってしまった際、1年に1回だけ画像・動画・電話帳のデータを取りだします。, データを格納したUSBメモリ(USB Type-A)をパソコンで閲覧し、復旧データを確認できます。, 街中の無料Wi-Fiスポットはセキュリティが弱く、データ通信が盗聴される可能性があります。, Wi-Fiセキュリティは、そのような悪意ある行為から端末を守り情報漏洩を防ぎます。, SHOWROOM株式会社が提供予定の高品質の縦型動画コンテンツ「smash.」の有料会員価格を一定期間無料で利用, auスマートパスプレミアム会員は、保険料無料、加入手続き不要、会員期間中はずっと補償されます。, auスマートパスプレミアムは、上記のように多くの特典を受けられるのに加え、iPhoneやiPadの修理サポートも充実しています。, 故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ, 機種購入と同時にauスマートパスプレミアムに加入しているユーザーが対象ですがiPhoneやiPadの、, AppleCareに加入していると、製品保証が4年間で修理サービスにかかる費用は最大11,800円です。, auスマートパスプレミアム会員向け修理サポート(修理補償)は、修理後に申請すれば最大11,800円相当のau WALLETポイントを4年間に4回まで補償してくれます。, i修理代金は一度負担して支払いますが、申請し審査が完了すれば翌々月までにau WALLET ポイントが付与されます。, auスマートパスプレミアム会員で故障紛失サポート with AppleCare Servicesに未加入の場合は、auユーザー/UQユーザーは2年間に2回まで10,000円/回を限度として保険金が支払われます。, auスマートパスプレミアム会員なら、最大11,800円相当のau WALLETポイントを、4年間で2回まで紛失負担金としてサポートしてもらえます。, auスマートパスプレミアムは一度退会すると、サポートの対象にはならないのでご注意ください。, 申請時には、紛失・盗難届けの受理番号を警察または消防署で発行してもらう必要があります。, また、Androidはウイルスバスターをインストールするのに300円ほどかかりますが、これなら無料です。, 学生さんならクーポンが利用できたり、iPhoneの故障も補償されるし、自転車補償もあるので安心ですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.