All Rights Reserved. "@type": "Question", どうもこんにちは大和です、お客さんが来られるまでの間、少し時間があるのでブログを書いておりますが、ここにきて車の問い合わせが本当に多いですね。, 特に、先日ブログでも書かせて頂いたのですが、ついにE30のM3を買い取できないか?とのお話が舞い込みました(笑)程度こそ、距離が17万キロ、エンジンはO/H歴があり、ゲトラグのクロスが載せられている個体だったわけですが、来週あたりに査定をしますので、実は見るのだけでも大満足という感じです。, さて、早速今日は本題に入りますが、BMWを買う人の年収や性格、そしておススメの購入時期や方法についても少しアドバイスさせて頂ければと思います。, BMWを買う人は、私の経験値の中だとやはり若い頃にスポーツ系の車に乗られていて、それでいて家族もできて収入もあがり、少しサルーン系の、そして走りが楽しめる車をということでBMWを選ばれる人が多いように思います。, 買う人の年収として、私のところに依頼のあるお客さんだと、少ない人で年収400万ぐらいからいますね(笑)勿論実家暮らしのような方もいますが、年収400万もあれば、BMWのエンブレムがついている車両は購入できます。, とはいえ、現行モデルなどG系に乗りたい!とかいうことであれば、少し購入方法を考えないといけないかもしれませんけどね。, さて、職業については断然サラリーマンが多いですね、あとBMWは意外と製造業の職種の人が乗られているようにも思えますね、実際私のお客さんの数十名はBMWを買って乗っていますが、その半分が製造関係の人なんですよね。, モノづくりとか、DIYとか自分で好奇心をもって車をカスタムしたり、整備したりが好きな人が乗っているようにも思いますね。, BMWを買う人は同じような傾向があると私は思っているのですが(笑)まずBMWを買う人はベンツが嫌いな事が多いですよね、特にベンツのマークについてディスるような人が多いような気がします。, BMWは空を飛ぶプロペラのイメージをロゴに再現しているけど、ベンツはロゴの意味がわからないとか(笑)これは完全に知ろうとしていないので、そう思われているわけで、とにもかくにもベンツは嫌いと言う人が多いですよね。, いわゆる、コーディングなどに関しても、BMWはベンツ、アウディ、ワーゲンなどよりもかなりの一般人の多くの方が施工されていますし、自分でコーディングしてしまうという強者も非常に多いですよね。, どちらかと言うと、性格は凝り性な人が多いように思いますね、あとはとにかく気になる症候群な人(笑)ちょっと気になるオイル漏れとか、子キズなども修理したり、鈑金にだしたりと言う車好きが多いように思いますね。, BMWを買う人におススメしたい購入時期や方法についてですが、まず購入時期としては決算月の翌月やモデルチェンジなどの話が出てきたときには、欲しかったBMWがグッと値引きされたりするタイミングです。, 勿論、中古車市場も前型になったり、明確に前期モデルになってしまうような時には、価格が下がります。, ということは、店頭販売価格も下がってきますので、買う人にはそのような時期を狙って買ってもらいたいと思います、買う方法は色々なのですが、勿論現金一括で購入されても良いですが、最近は非常に金利も安いです。, また、1000万のBMWを買うとなると金利も0.1%で変わりますが(笑)100万ぐらいからのBMWであれば、支払年数にもよりますが、対して金利が気になるほどではないかと思います。, 輸入車は突然の出費が必要な時も出てくるので、できればすぐに出せる現金は手元においておいて、一括購入できる場合でもローンなどで購入されることをお勧めしたいですね。, 最近は直接のご連絡に中々お返事も出来ておりませんが…少しずつ返信はさせて頂きますので、引き続き宜しくお願い致します。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. "name": "Q.車の購入額の目安は年収の半分って本当?", "@type": "Answer", "text": "A.年収の半分というのはひとつの目安にはなりますが、実際にはケースバイケースといえます。購入は現金一括かローンか、ほかに借り入れはないか、といった要素も加味する必要がありますし、一家で複数台持つ場合は、世帯年収で考えなければなりません。"

"text": "A.ローンの年間返済額の目安は、年収の30%前後といわれています。これは、すべての借り入れの返済額を含めた数字です。金融機関によっても変わりますが、この水準を上回ると、審査に通らないこともあります。車は無理のない範囲で購入しましょう。" 一般的には高級車として扱われるBMW。BMWに乗っている人の年収ってどれくらいなんだろうと気になる人も多いと思います。, その中でも、エントリーモデルとなる1シリーズ。この1シリーズに乗っている人の年収はどれくらいなんでしょうか。, なぜこの金額がわかるかと言うと、僕のお世話になっているディーラーでは、最初の来店時、名前や住所等を記入するところから入るのですが、この記入項目の中に、「年収」を書く欄があるのです。営業さんには、年収のところは空欄で構いませんよと言われたのですが、中には記入される人もいる様です。, 年収額は言えませんが、一般的な会社員の年収ぐらいの人が多い印象です。中には、5シリーズや7シリーズのセカンドカーとして、購入される人もいますが、多くの人がそれくらいですよ。, と、購入前に、こんな感じのやりとりがありました。僕の中で一般的な会社員の年収はこのくらいだと思っています。, ちなみに、世帯年収は900万円前後、地方在住、子供2人、住宅ローン有、の条件で購入し、今の所初回車検も終わらせ、所有4年目に入っていますが、問題なく維持できています。と言うか、ディーゼルエンジンによる、燃料の安さや、燃費の良さで、節約にも役立っており、もう1台所有しているミニバンより経済的で、メインカーとして使用しています。, 個人的には、実家住の独身者であれば、ある程度貯金があれば、年収と同等金額の車を無理なく変えると思っています。, 例えば、年収が400万円の独身、実家に住んでる方であれば、極端な浪費をしない限りは、400万円の車は無理なく、購入可能かと思います。, 対して、既婚子持ちの方であれば、例え年収が600万円あっても400万円の車を購入するのは少しリスクがあるかと思います。さらに住宅ローンなどのを組まれている人は、かなり難しいと思います。, 僕の経験上ですが、400万円くらいから実家住なら購入可能だと思います。僕自身、大学卒業後、実家に戻り、年収400万円台で、3年程度実家に住んでいました。この間実家には3万円生活費として入れていました。その他飲み会に毎週末、月4回程度行ったり、車での遠出が好きだったので、(当時、4WDのオデッセイに乗っていたため燃費もリッター6km程度)ガソリン代も4~5万円程度かかっていました。それでも実家住の為月5万円以上は貯金が出来ていました。又ボーナスもほとんど貯金していました。, この状況で3年程度経過し、貯金も増え、キャッシュで当時出始めだったX1が買える程度にはなっていました。, ローンで購入するなら年収300万円~でも購入可能かもしれません。ですが車は維持費も必要になってきます。, 余裕をもって維持しようと思うと、やはり実家住でも年収400万円程度~BMWは所有するのが無理がないかと思います。, 一人暮らしとなると、独身でも、生活費が格段にUPします。BMWのエントリーモデルとはいえ、1シリーズでも実際新車で購入しようと思うと、オプション等を含め、現実的に購入しようと思うと、400万円程度~となります。, これを考えると一人暮らしの場合、500万円程度からが無理なく所有できるラインではないかと思います。, 子供の人数にもよりますが、1シリーズを購入検討にしている家庭は子供が1人か二人の家庭が多いと思います。この場合、保育園や、習い事等にもお金がかかりますので、車にかけれる金額はもちろん減ってきます。, そうなると、1シリーズを無理なく所有しようと思うとこれくらいの世帯年収が必要ではないかと思います。, BMWって所有した後、お金がかかりそうとか、故障しやすいいとかのイメージがあると思いますが、今の時代はそんなことは全くありません。僕の1シリーズは新車から2年半、走行距離25000km程度走りましたが、故障もないですし、新車時に3年間の消耗品の費用も払っているので、オイル交換等の費用も発生しません。, 僕自身、軽自動車から乗り換えましたが、ディーゼルモデルということもあり、維持費はかなり安いです。, 維持費が国産車と大差ない感覚なので、サラリーマンでもBMWは無理なく購入できます。ただ、新車保証を過ぎてからの故障は、ユニット交換となる場合が多く、費用もユニット交換となる為、高額になりやすいので、初回車検以降も所有す場合は、延長保証に加入するか、故障した際の備えとして貯金を蓄えておく事をお勧めします。, 実際、僕自身、保証期間中に色々部品を交換してもらいましたが、保証がなかった際の金額を聞いて、凍り付きました。, BMWを所有する際の年収を書いてみましたが、こればっかりは人によって生活環境が違うので一概には言えませんが、無理なくBMWを所有しようと思うと、上記のような年収になると思います。, BMW購入を検討している人の多くが維持費が気になると思います。BMWだから維持費が高いのではないかと考える人も多いと思いますが、実際所有してみると、意外な維持費の安さを知ることが出来ました。, 車に付いて回る不具合対応。今回BMWに乗り始めて初めての不具合対応をしていただきました。修理も無償でしたし、やはり認定中古車の安心感は大事ですね。, BMW1シリーズのディーラー車検費用や内容、サービスインクルーシブ無しの3年目からの維持費など, BMWの維持費ってかなり高額なイメージが有りますが、3年目の初回のディーラー車検費用は国産車とあまり変わらない結果になりました。5年目の2回目の車検は又、違った結果になるかも知れませんが、今の所お安く維持できています。, BMWって維持費が高いイメージがあると思います。その中でもエンジンオイルは必ず交換が必要になってくる部分です。このBMWのオイル交換について書いてみました。, 街中での走行をイメージするBMWの車ですが、フォグやリアフォグなど悪天候時のランプも充実しています。上手に使用していきたいものだと思います。, 新型1シリーズが発表されました。3代目にして今までのFRモデルと決別しFFモデルとなって生まれ変わった1シリーズ。その内容に迫ります。, BMWのディーゼルモデルでもDPFが装備されています。このDPF再生について、今まで体感したことがありません。運転者にDPF再生を気付かせない設定になっているのかもしれません。, これから夏を迎え、エアコンが効かない、なんてことになると死活問題ですよね。もしエアコンが効かないと思ったとき、エアコンの故障を疑う前に確認すべきポイントを書いてみました。, 狭い1シリーズの車内に合うゴミ箱って意外とないんですよね。僕が使っていて便利だと感じたゴミ箱を紹介します。, 輸入車を選択される人の中には安全性能を重視して選んでいる人もいると思います。僕もその一人ですが、1シリーズの安全装備について書いています。, ドイツを代表する高級車のBMWとメルセデス・ベンツ。乗って初めて分かると言えばいいのか、個人的に感じた違いについて書いています。, BMWのエントリーモデルである1シリーズですが、意外と長距離走るロングツアラーとしても素晴らしいパフォーマンスを示してくれます。たまには1シリーズに乗って長距離ドライブもいいものですよ。, 走行37,000km、F20BMW1シリーズのタイヤを、トランザER300RFTへ交換.

年収7,000万円というと、開業医や経営者、芸能人といった職業の方々がほとんどで、一般のサラリーマンでは到底届かない収入です。 ランボルギーニに乗るのがいかに困難か、よくわかりますね…。 年収1億円なら? 誰もがうらやむ夢のような年収ですね。 "@type": "FAQPage",

"acceptedAnswer": { "@type": "Question",

BMWという名前を聞くだけで、車を詳しくない人でも”お、なんかすごい車だぞ”と身構えてしまうほどBMWには高額なイメージがあります。, 伝統の直列6気筒エンジンやこだわりのFR構造など、車の作り方がとても硬派なBMWですが、実際にBMWオーナーになるにはどれくらい稼いでいればなれるのでしょうか?, BMWの車両価格はエントリーモデルの1シリーズの300万円ほどからフラッグシップの7シリーズになると1000万円ぐらいまで行きます。, 非常に高価ですが実際にBMWに乗ってる人はどれぐらいの年収の人が多いのでしょうか?, BMWを買う人というのは非常に車が好きか、車の持つステータス性を意識して購入する人がメインです。そのため所持している人たちの年収は二つにわかれています。, BMWはドイツ車の中でも直6エンジン(シルキーシックス)を開発し続けている「走ること」を第一としたメーカーです。, そういった質実剛健なメーカーに憧れて乗る人もいます。そういった人たちは年収云々ではなくBMWに乗ります。, 例えばBMWの中でもエントリーモデルである1シリーズは、国産の一般的な販売価格に近いため日本のサラリーマンの平均年収である400万円ぐらいから乗れるため、購入者が多いです。, BMWという響きで高級と感じる人は多くいると思います。ある程度の高所得者たちはそういったステータス性を求めて輸入車を選んでいます。, そのためBMWあたりを選ぶ人たちは、必然的に年収が1000万円以上の人が多くなります。, BMWはそもそも高級車かという話は、以下の記事で取り扱っています。興味のある方はこちらもあわせてご覧ください。, しかし車は購入してからがお金がかかってきます。そして輸入車の場合国産車に比べ修理費が倍ほどかかってくるためある程度余裕が必要です。, そのため今回は最近流行りの残価設定型ローンを活用して保証を活用し、突然の故障があっても出費がかかりにくいように、3年のって車検を受けずに乗り換えする方法で考えていきます。, ちなみにBMWの故障率は国産車より高めなので注意しましょう。故障率の詳細は以下の記事をご参照ください。, 1シリーズは近年発売されたBMWのエントリーモデルです。小柄なボディと走るものを本気にさせるFR機構で瞬く間に国内で広まり、今では3シリーズよりも人気があります。, 車両価格は317万円から460万円、さらに直列6気筒エンジンを搭載したMスポーツで690万円まであります。(直列6気筒エンジンの詳細は以下の記事をご参照ください。), 排気量はエントリーモデルの118で1,500cc、120は2,000ccです。今回はエントリーグレードでお話をしていくので1500ccで計算していきます。, では、317万円を3年間のフューチャーバリューローンで支払うとします。BMWのホームページ上にある計算で行くと頭金を121万円入れ、ボーナス払いは無しで月々は32,800円の支払いとなり、年間でかかる金額は393,600円です。, 燃費は18.1km/lなのでそれの8割とすると14.48です。ここでは計算しやすく約14.5km/lとします。そのため年間のガソリン代は93,100円となります。, 自動車保険ですが、今回は残価設定ローンで購入するので事故などで廃車になった場合多額の負債で立ち直れないほどのダメージを受けます。, そのため一般車両保険をつけた状態で計算します。前提条件の通りで計算するとだいたい97,000円でした。, 車の整備ですが、初回車検までの3年間では整備といってもオイル交換程度しかありません。その代金は一回あたり相場的に2万円ほどです。, というわけで1シリーズは維持費だけで最低限としても年間約244,600円かかってきます。, 車以外にも家賃や住宅ローン、生活費など金銭が必要なことは多いと思います。そのためにも車にかかる費用は可処分所得の多くても2割程度で収めたいところです。, となると約320万円の可処分所得が必要となるので税金などを引かれる前だと約450万円となります。, 上級グレードもありますのでだいたい幅としては450万円から800万円ぐらいが1シリーズの年収幅と言って良いでしょう。, 多少手出しは大きくなりますが1シリーズと同じく450万円から800万円が目安です。, 3シリーズはBMWの主力モデルであり、国内でも非常に多く見かける車種です。Mスポーツなどは非常に有名なところでしょう。, 3シリーズの車両価格は431万円から680万円、さらに直列6気筒エンジンを搭載したMスポーツで850万です。, 排気量はエントリーモデルの318で1,500cc、320は2,000ccです。ここでは318iでお話をしていくので1,500ccで計算していきます。, 1シリーズと同じくホームページ上にある計算をみていくと、頭金を169万円入れ、ボーナス払いは無しにすると月々は48,100円の支払いです。年間で言えば577,200円となります。, 燃費は17.2km/lなのでそれの8割とすると13.76です。ここでは計算しやすく約13.8km/lとします。そのため年間のガソリン代は97,800円となります。, 自動車保険ですがなんと1シリーズより車格は大きくなっているにもかかわらず金額は安くなっており、約86,000円です。, というわけで3シリーズは維持費だけで最低限としても年間238,300円ほどかかってきます。車両のローン支払い額と合わせると年間の815,500円が年間の維持費です。, そのため税金などを引かれる前だと約600万円となります。つまり年収600万円から3シリーズはオーナーになれると考えて良いでしょう。, その他にも必要なグレードや車に付帯する維持費を考慮すると600万~1,200万円ぐらいが3シリーズの年収の目安といえます。, 新車から3年間の維持費はほぼ同じような感じなので年収は600万円を目安にすると良いでしょう。, もしBMWの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。, 5シリーズとなると軽快でおしゃれなBMWというよりは会社の重役の乗る大型モデルのイメージの車です。, 車両価格も646万円から始まり直列6気筒エンジンを搭載したMスポーツとなると一千万円の大台を超えて1,073万円まであります。, 排気量はエントリーモデルの523で2,000cc、540は3,000ccです。ここでは523iでお話をしていくので2,000ccで計算していきます。, 同じくホームページ上にある計算をみていきます。頭金を186万円入れ、ボーナス払いは無しにすると月々は62,200円の支払いとなり、年間で言えば746,400円です, 燃費は13.9km/lなのでそれの8割とすると11.12です。ここでは計算しやすく約11km/lとします。そのため年間のガソリン代は122,700円です。, 自動車保険ですが、5シリーズはだいたい約92,000円です。1シリーズより安く3シリーズより高いという結果になりました。車格は小さいですが1シリーズは保険が高いようです。, というわけで5シリーズは維持費だけで最低限としても年間274,200円ほどかかってきます。車両のローン支払い額と合わせると年間の1,020,600円が年間の維持費となり、ついに維持費だけで100万円を超えてきました。, というわけで計算すると約510万円の可処分所得が必要です。そのため税金などを引かれる前だと約800万円となります。, スポーツタイプの車であるこれらのクーペの価格帯は515万円から613万円まであります。, これらもおおよそ5シリーズの価格帯とかぶってきますので維持費として100万円弱となり、年収800万円あたりが目安です。, 7シリーズは車両価格がエントリー価格が1,000万円を超える間違いなく高級車と言われる価格帯です。, 排気量はエントリーモデルの740eで2,000ccのハイブリッドモデル、760は6,600ccです。, エントリー価格の1,093万円を3年間のバリューローンで払います。ホームページ上にある計算をみてみると、頭金は373万円入れ、ボーナス払いは無しにすると月々は110,000円の支払いとなり、年間で言えば1,320,000円です。, 燃費は15.6km/lなのでそれの8割とすると12.48です。ここでは計算しやすく約12.5km/lとします。そのため年間のガソリン代は108,000円です。, 自動車保険ですが、7シリーズはだいたい約79,400円です。高級車は事故の確率が低いのでしょう、非常に安いです。, というわけで7シリーズは維持費だけで最低限としても年間246,900円ほどかかってきます。車両のローン支払い額と合わせると年間の1,566,900円が年間の維持費となります。, というわけで計算すると約780万円の可処分所得が必要ですので、税金などを引かれる前だと約1,200万円となります。, ここまで価格が高い理由については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもぜひご覧ください。, 7シリーズと価格帯の似ているX5とX6シリーズもほぼ同じ、年収1,200万円が目安です。, ちなみに新型8シリーズはこれから発売される予定です。価格はまだ公開されていません。詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。, それでもBMWには憧れがあるし乗りたい。そんな人のために、もし今の年収でBMWを買ったらどんな生活が待っているのか、ここでは解説していきます。, 先程の年収の項目でお話していたとおりで、1シリーズの維持は年収450万からが妥当というはなしでした。それを下回る300万の人はどうなるのでしょうか?, 年収が300万円の場合手取り収入で約230万円となり、月収にすると約19万円です。, 生活には190,000円から53,200円を引いた、残り136,800円でやりくりすることが必要になります。, ちなみに一人暮らしの生活費は家賃を含めると15万円ほどが目安と言われています。そのためすでに結構節約しないと苦しい事態となるでしょう。, 維持費の節約の仕方については、以下の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。, もし家賃の高い地域に住んでいたり、ここに駐車場台などがかかってきた場合には私生活の大部分が犠牲になるでしょう。, しかしこれぐらいならBMWが好きでこれが趣味だ、という人にはちょっと無理してる程度で悪くないかもしれません。, 3シリーズだと月々68,000円です。残金は12万円ほどとなり、一人暮らしではかなり厳しいです。家賃がかからない実家ぐらしの方なら可能なレベルでしょう。, 年収が500万の場合は手取り年収は370万円ほどとなり、月収にすると31万円です。, この場合は1シリーズの要件はだいたい満たしているのである程度は余裕を持って維持できるでしょうが、3シリーズとなると少し足りていません。, 3シリーズの維持費は月々68,000円ほどなので、月々車の費用を引くと25万円ほどで生活することになります。, 一人暮らしの場合はまだまだ余裕があると思いますが、家族がいたり都心住まいの場合は、お子様の養育費やその他の消耗品などにお金を回すのが難しくなってくるため、生活にちょっと苦しさが出てくると思います。, 5シリーズとなると生活費は22万円ほどでの生活となるので一人暮らし以上で維持していくのは難しくなってきます。, 700万の年収となってくると1シリーズの中でも高額なMスポーツでも余裕を持って維持できるクラスになってきます。3シリーズもある程度は余裕でしょう。, 5シリーズとなると月々85,050円維持費がかかりますから生活費として使えるのは約33万円です。, 家族がいてもある程度節約していけば問題なく維持していけるでしょう。しかし家賃や駐車場代の高い都市部などで生活するとなると節約が必要です。, 月に58万円ものお金が使えるため、5シリーズを所持していても、どんな場合でも余裕で生活をこなしていくことができます。, この年収までくると事業をおこしているかたも多いと思うので、節税対策としてこういった車を購入、維持している人も多いでしょう。, BMWといえば非常に高価なイメージがありますが、1シリーズならば国産車の中堅クラスの価格帯にあるため、まだ無理なく維持することが可能です。, まずは1シリーズから初めて、さらにグレードの良い車に乗ることをモチベーションにして仕事を頑張って年収を上げて行くというのも楽しい人生と言えるかもしれません。, これからBMWを買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。購入の参考になりますよ。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, 小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。. 一般的には高級車として扱われるbmw。bmwに乗っている人の年収ってどれくらいなんだろうと気になる人も多いと思います。その中でも、エントリーモデルとなる1シリーズ。この1シリーズに乗っている人の年収はどれくらいなんでしょうか。1シリーズは多 "@type": "Answer", © 2020 カーブロ All rights reserved. "@type": "Question", 車選びにおいてポイントになるのは年収です。車を購入する際は最初に予算を決めてから車種選びに入ります。支払いに無理のある予算を組むと、その後の生活に影響する可能性があるからです。, 生活の中で無理なく車を手にいれるには年収に合った車を選ぶことが大切です。予算は契約時の支払いだけでなく、維持にかかる費用を見越した上で組んでいきましょう。どの程度の予算にすれば良いのか、年収ごとに目安を解説していきます。, 車を購入するときは、自分の年収に合ったものを選ぶ必要があります。どれだけ魅力に感じている車でも、それを所持するだけの収入がなければ生活へ影響が出る可能性があるからです。一般的に車を購入する予算の目安は、年収の半分以下と言われています。, 車を買うとき、車体の価格や取得費用の契約時に支払う費用に目が行きがちです。しかし車は購入後にも、税金をはじめ毎月の保険や燃料費、駐車場代などたくさんの維持費がかかります。予算を決める際は、購入後の維持費も考慮する必要があります。, 維持費はその人の状況や車の使用頻度で大きく変わります。たとえば、駐車場代が数万円するような東京都心に住む人と自宅の敷地内に駐車できる人とでは、それだけでも開きがでます。, 車の購入方法は、大きく分けて「現金一括払い」と「ローン支払い」の2つあります。どちらを選んでもメリット・デメリットがあるため、それぞれのライフスタイルや考え方合わせて支払い方法を選ぶ必要があります。, 一括払いであれば一時的な負担はかかるものの、金利が発生しないためローン支払いよりもトータル金額は安くなります。一方で分割払いなら、一時的な負担は軽減できるものの、金利が発生するため最終的な支払い金額は高くなります。またローンは返済期間が長くなればなるほど、支払う金額が増えます。ローンを組む際は「無理のない返済計画」を立てるようにしましょう。, ここで金利について解説しておきます。ローンを組むうえで欠かせない要素となってくるのが金利手数料です。マイカーローンの金利は、どの機関から借りるかによって変わってきます。, このように、ローンを利用する機関によって金利が最大で6%程度も違ってきます。金利の差により、ローンの利用額によっては総支払総額で30万円~50万円の差が出ることもあります。どの機関で借りるのが良いのか比較検討しておくことが大切です。, 国税庁の調査によると、平成29年度の平均年収は432万円(男性531万円、女性287万円)となっています。車の予算は買いたい車の価格を参考にするのではなく、自分の年収を元に組んでいきましょう。また予算内であっても一括購入する場合は、預貯金も考慮した上で考える必要があります。年収から考える車の購入予算の目安についてご紹介します。, 年収300万円未満となると、正社員だけでなく、非正規雇用のパートタイマーや派遣社員なども含まれてきます。仮に年収300万円だとすれば、ボーナスなしの月収で15~18万円程度であるため、車の所有は負担になる可能性があります。, 都市部など公共交通機関が充実しているエリアに住んでいる場合は車の購入は控えた方が良いかもしれません。, 一般的な考え方でいけば、年収の半分にあたる100万円が限度額です。しかし収入の大部分を車の購入費に使ってしまうと維持費で苦労することになります。一括購入をするのであれば、50万円程度の予算にとどめるのが妥当です。, 日本の企業に勤めるサラリーマンの平均年収は432万円ですが、年収が400万円未満の人は少なくありません。月々の手取りの給与額は22~23万円程度と考えられます。, ボーナス払いを併用すれば、ローンを組んで車を購入することも可能です。とはいっても、年収の半分である200万円程度の予算にとどめておくことが基本になってきます。しかし、購入後の維持費を考慮すると150万円程度が妥当なラインといえます。, 平均600万円未満となれば、日本の平均年収よりもやや高い水準となってきます。月々の手取り給与額も35~36万円程度で、車にもお金をかけられるようになります。, この場合の予算設定としては、年収の半分である300万円程度が基本です。車の維持費を考慮し、さらに進学を控えている子供がいるなど家族構成によっては240万円程度に収めておくと安心です。, 年収800万円は日本の平均年収の倍近くで、かなりの高給取りといえます。サラリーマンであれば月々の手取り給与額も47~48万円前後で、車に使える費用も増え選択肢は一気に広がります。, また、このクラスになると経営者やフリーランスも増えてきて、仕事との兼用で使える車を探している人もいます。この場合の予算設定としては、年収の半分にあたる400万円程度が上限です。, 軽自動車やコンパクトカーだけでなく、人気のSUVやセダン、ミニバンといった選択肢が増えることが魅力です。高級外車やハイクラスなミニバンなども中古車でローンを組んでいれば、十分に支払える能力がある年収といえます。, 車は購入して終わりではなく、その後もさまざまな場面でお金がかかってきます。毎年支払う税金はもちろんのこと、保険代や駐車場代、ガソリン代など、維持費にもそれなりの金額が必要です。年収別で車の維持費はどの程度変わるのでしょうか。, 維持費はどのようやタイプの車に乗るのかだけでなく、個人の使用状況によっても変わってきます。そのため、車の購入時にどの程度の維持費がかかるのかを計算し、維持費を加味した上で予算を立てておくことも大切です。, 「子どもの頃から理想としていた車があった」「ハイクラスな車種が欲しい」など、少しでも自分の希望を叶えるために背伸びしてしまうことがあるかもしれません。年収より予算が上回ってしまっても車を購入することはできますが、あくまでも「手が届く範囲の無理」に留めておきましょう。その上で、実際に使えるテクニックをご紹介します。, 欲しい車のために頑張って貯金できるということであれば、一括購入で考えてみるのも良いかもしれません。たとえば、年収400万円で600万円の貯金は難しいかもしれませんが、500万円程度なら大丈夫などの上限を設定してみましょう。, ただし生活をしていくなかであらゆるものを我慢しすぎて、体調を崩してしまっては元も子もありません。一括購入をするのであれば、あくまでも「無理のない範囲」で貯金をしていくことが大切です。外食を減らして自炊をするなどの工夫をしてみてください。, どうしても貯金が難しいということであれば、ローンを組むことを考えてみましょう。一口にローンと言っても発生する金利は、どの機関から借りるかによって変わってきます。利用額によっては総支払総額で30万円~50万円の差が出ることもあります。, 少しでも負担を軽減させるには「ローンの金利を低くする」ことを徹底するこが重要になってきます。金融機関によっては超低金利キャンペーンなどを行っているところもあるため、定期的にチェックしてみみましょう。, 理想をいってしまえば、前オーナーが存在しない新車に限定して探したいと考えている人もいるかもしれません。しかし新車ともなれば購入価格は高くなり、自分の年収と照らし合わせた結果、選択肢が限られてしまうことも。, そこで中古車まで範囲を広げると、設定した予算内で希望の車が見つかることもあります。また不具合などのリスクが不安という人は、信頼のおける販売店で購入すれば安心につながります。購入後のアフターサービスまで充実している大手の中古車販売店などを検討してみてください。, A.年収の半分というのはひとつの目安にはなりますが、実際にはケースバイケースといえます。購入は現金一括かローンか、ほかに借り入れはないか、といった要素も加味する必要がありますし、一家で複数台持つ場合は、世帯年収で考えなければなりません。, A.車のローンの借り入れ上限額は、年収の30%~40%程度といわれています。購入額がこの範囲に収まらない場合は、頭金を増やしたり、保証人をつけたり、リーズナブルな中古車を検討したりといった方法が考えられるでしょう。, A.ローンの年間返済額の目安は、年収の30%前後といわれています。これは、すべての借り入れの返済額を含めた数字です。金融機関によっても変わりますが、この水準を上回ると、審査に通らないこともあります。車は無理のない範囲で購入しましょう。, A.車の維持費は、年間30万~50万円ほどが目安です。使用状況や車種によって大きく変わります。税金やガソリン代、駐車場代はもちろん、点検整備費用・車検費用の占める割合も大きいため、中古車を買う際は、保証やサポートの充実度をチェックしましょう。, A.なるべく購入費用を抑えたい場合は、中古車を選択しましょう。故障が心配なら、適切な整備体制や保証サポートが用意されていれば安心です。コンディションにこだわる人は、未使用車がおすすめです。新車より数十万安く、新車と同等の車が手に入ります。 {