csiの登場人物:サブキャラクターについて…大人気海外ドラマ「csi:科学捜査班」のファンページです。csiの登場人物や過去に登場した重要な人物などについて詳しくまとめたほか、製作総指揮のジェリー・ブラッカイマー、歴代の主役を演じた俳優たちについてもまとめています。 米cbs局の犯罪捜査ドラマの金字塔、『CSI:科学捜査班』のスペシャルが放送される予定です。現在オリジナルメンバーのふたり、ギル・グリッソム(ウィリアム・ピータ…(2020年8月11日 15時55分0秒) 今更ながらcsi:科学捜査班にハマっています。 特にgsr(グリッソム&サラのカップリング)。 ちょうどaxnで初期シーズンを連続放送していたのもあって、これを機に最初から見直しています。 以下の観点で、エピソードの感想をつらつら書いていく予定です。 グリッソムもサラも時間差でcsiチームから離れています。 その後csiに復帰したサラはグリッソムと離婚したことを誰にも言えずまた心が少々不安定になるんです。

サラは グリッソムも狙われているのが不安で、不本意ながらもレディヘザーに協力を仰ぐ。 グリッソムをまだ愛していると認めたが、「あらそうなの?でも私は犯人が誰か 知らないわ」と言ってニヤリ。グリッソムはcsiに配属されたキャサリンの娘リン

You surely have excellent articles. Likely I’m planning to bookmark your blog post . 「CSI:科学捜査班」にグリッソム役W・ピーターセンが再登場 | 海外ドラマ情報・ニュースサイト TVグルーヴ・ドット・コム - TVGroove.com その人物とは...、実は共演者のメーガンだった。, メーガンの死んだ犬は病気のためヘマディンを摂取していた。獣医に頼んで余分にヘマディンをもらったメーガンは、それをアナベルのマウスウォッシュ(実はウォッカ)に盛ったのだ。彼女は、アナベルの傍若無人ぶりに嫌気がさしており、同じくアナベルに敵意を抱いているスペンサーとは恋仲だった。彼女がアナベルを殺そうとしたのは間違いなさそうだが、メーガンは事件のなぞ解きを脚本になぞらえて語り、グリッソムらを翻弄する。結局、彼女を有罪にするだけの証拠がなく、グリッソムは泣く泣く引き下がるしかないのだった...。, その頃、マウスウォッシュに入ったウォッカを飲んだのだろうか、ひげそりで首を切ったバドの傷口からは、どんどん血液が流れ出す。止まらない出血に、バドはなすすべもないのだった...。, 70年代にヒットしたコメディドラマ。主人公のフォンジーが、意味もなく鮫にジャンプするシーンがある。これをブラスは喩えに使った(「鮫にジャンプ」)が、グリッソムはフォンジーどころか、「ハッピーデイズ」も知らなかったようだ。, 19世紀の優れた俳優エドマンド・キーンが死の床で言ったとされる言葉を引用した一言。グリッソムは今回、「そりゃコケッコー」というおどけたセリフも披露。原音では「Gag」で口封じ=ギャグの掛けことばになっていたので、こんなはじけたグリッソムのセリフを聞けたのは吹き替え版ならでは。, 今回のエピソードは、アメリカで人気のシットコム「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」との脚本家クロスオーバー・エピソード。「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の第5シーズン#17「Fish in a Drawer(原題)」の脚本をCSIのスタッフが担当し、今回放送された「CSI:ハリウッド」の脚本を「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」のエグゼクティブ・プロデューサー、チャック・ロリーとリー・アロンソーンの2人が手がけている。今回のエピソードの原題「Two and a Half Deaths」は、「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の原題「Two and a Half Men」をもじったものになっている。, そして、お楽しみは「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の主役3人(チャーリー・ハーパー役のチャーリー・シーン、アラン・ハーパー役のジョン・クライヤー、ジェイク・ハーパー役のアンガス・T・ジョーンズ)のカメオ出演。彼らは、ハリウッドに乗り込んだグリッソムとブラスが、カートで撮影所内を移動するシーンで登場していた。, アナベル役は、「パパにはヒ・ミ・ツ」のほか、最近では「ボストン・リーガル」へのゲスト出演などで知られるケイティ・セイガル。エディ役のJ・D・ウォルシュは「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」にゴードン役で複数話出演している。ドン役のケヴィン・サスマンは、「アグリー・ベティ」でベティを振った元彼ウォルター役。, スペンサー役のスティーヴン・トボロウスキーは、 「HEROES/ヒーローズ」のボブ・ビショップ役。「CSI:マイアミ」にも州検事補のドン・ハフマン役で複数話出演している。スティーヴン・トボロウスキーについては、海外ドラマNAVIのコラムでも取り上げられている。, なお、「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」の第5シーズン#17「Fish in a Drawer(原題)」には、ニック役のジョージ・イーズが、ニック役ではない別の役でゲスト出演を果たしている。.

グリッソムとブラスは、バドには車のチップを細工するほどの知恵はないと考える。 その後、アナベルの口の中から見つかったゴムのニワトリには、クローゼットで見つかったボトル入りの尿と同一人物のDNAが付着していたことが判明する。 コメディドラマ「アナベル」の撮影が、ラスベガスで行われる。主演のアナベル・ファントは人気女優だが、わがままで人使いが荒く横暴。プロデューサーのスペンサーを始め、共演者のメーガン、アシスタント兼スタンドインのナターシャ、脚本家たちは、番組を1人で仕切ろうとする彼女に閉口していた。そんな中、ホテルの部屋で口の中にゴムのニワトリを詰め込まれたアナベルが死んでいるのが見つかる。思わず、その様子をカメラで撮ってクリスマスカードのネタにしようとするスペンサー。彼はその後も、いかにアナベルから屈辱的な仕打ちを受けてきたかをこれでもかと暴露する。, キャサリンはホテルの部屋を調べ、クローゼットの中で尿が入ったボトルを見つける。アナベルは、薬物検査をかわすために他人の尿をストックしていたのだろうか? スペンサーのほか、ロサンゼルスから駆けつけた(スチュワート・リトルと間違えられやすい)スチュワート・ライテルの話から、アナベルはアルコール依存症で酒を止められており、過食症も患っていたことが分かってくる。, 現場には、アナベルの恋人バドが妻に別れのキスをさせてほしいとやって来る。アナベルに拾われて運転手からドラマの共同製作責任者に大抜擢された彼は、何と2日前にアナベルと結婚したばかりだというのだ! 周囲の人間がアナベルを嫌う中、バドだけは彼女のご機嫌取りにいそしんでいたのは確かだが、ブラスは彼が遺産目当てでアナベルを殺したのではないかと疑う。, その後、エレベーターの防犯カメラの映像やカードキーの記録から、ナターシャが死亡推定時刻の少し前にアナベルの部屋に出入りしていたことが明らかになる。ナターシャの容姿はアナベルそっくり。都合よく自分の身代わりにするため、アナベルが自腹を切って整形手術を受けさせたのだという。顔はおろか胸やお尻にまでシリコンを入れるよう強要されたと語るナターシャ。彼女は、衣装をトラックに積むために部屋に取りに入っただけだと説明する。, モルグではナターシャの検視解剖が行われ、ニワトリは死んでから口に詰め込まれたもので、死因は後頭部への一撃で生じた硬膜下血腫と判明する。さらに、アナベルは肝硬変と胃潰瘍を患っており、子宮の摘出手術を受けているのにタンポンを使用していたことも明らかに。ホッジスがタンポンと悪戦苦闘しながら調べた結果、アナベルはタンポンにウォッカを染み込ませ、胃潰瘍を悪化させない方法でアルコールを摂取していたことが分かってくる。, その後、ホテルの部屋のカーペットに残された血染めのヒール跡から、ナターシャが容疑者として浮上する。そんな矢先、ハリウッドで「アナベル」の最後の収録に臨んでいたナターシャが、撮影中の車の暴走事故で死亡したとの連絡が入る。アナベルの事件との関連性を調べるため、グリッソムとブラスはハリウッドへ。地元のフローレス刑事に話を聞いたグリッソムは、車はアナベル自身が借りていたもので、ラスベガスの撮影で使われるはずのものだったと知る。さらに、グリッソムたちは、共演者のメーガンが愛犬の死に号泣する姿を目撃する。また、車には細工されたチップが装着されていたことも明らかになる。, ラスベガスでは、ホッジスがネットのゴシップサイトから貴重な手がかりを手に入れる。アナベルとバドの結婚式の様子を次の組の新郎が撮影しており、そこに映ったアナベルが実はナターシャと分かったのだ。これで遺産狙いの線から、一気にバドが第一容疑者に。グリッソムとブラスは彼を訪ねて事情を聞くが、バドはナターシャと共謀してアナベルとの結婚式をでっち上げ、アナベルを殺す計画を立てただけで、アナベルもナターシャも殺していないと主張。グリッソムとブラスは、バドには車のチップを細工するほどの知恵はないと考える。, その後、アナベルの口の中から見つかったゴムのニワトリには、クローゼットで見つかったボトル入りの尿と同一人物のDNAが付着していたことが判明する。グレッグは、エレベーターの映像を再チェックし、4人目の脚本家とおぼしき男が、ほかの3人の脚本家たちと別行動を取っており、尿が入れられていたボトルと同じラベルのミネラルウォーターを飲んでいるのに気付く。4人目の脚本家の正体を突き止めるべく、ほかの脚本家たちに事情を聞くCSI。しかし、脚本家は出入りが多く、4人目の脚本家の身元はなかなかつかめない。結局、ボトルの指紋がデータベースでヒットし、謎の脚本家は俳優兼大道芸人のリチャード・ラングフォードと判明。広場でロボットマンのパントマイムをしていたリチャードを、ニックとウォリックが逮捕する。, リチャードは、以前、「アナベル」に配管工役で出演。アナベルに気に入られてレギュラー昇格の話を持ちかけられたものの、彼女とのセックスを断ったために干される結果となった。妻にも離婚されたリチャードは大道芸人になったが、俳優の道を諦めきれず、ラスベガスに撮影に来ていたアナベルを訪ねたのだ。仕事をくれと頼むため、部屋のクローゼットに隠れてアナベルと2人きりになるチャンスを待っていたリチャード。その間、アナベルはバドとセックスを楽しもうとするものの、バドが使い物にならず...。バドが部屋を出て行き、ようやくクローゼットから出てアナベルの前に姿を現したリチャードは、欲求不満のアナベルにいきなり急所をつかまれ、思わずアナベルを突き飛ばしてしまったのだ。そして、彼女は頭をテーブルにぶつけて倒れた。これが事件の真相だった。リチャードは、口に詰め込んだニワトリについては、捜査の目を脚本家たちに向けさせるためだったと説明する。, これで事件は解決したかに思えたが、検視の後片付けをしていたロビンスがあることに気付く。アナベルの傷口には血栓が見られず、どういうわけか血液が凝固していなかったというのだ。そこで血液検査をした結果、ヘマディンという抗凝血薬が陽性と判明。マウスウォッシュのボトル、ナターシャの血中からもヘマディンが検出される。マウスウォッシュのボトルの中身がウォッカだと知っていた人物が、ヘマディンをマウスウォッシュのボトルに混ぜた?! セージブラッシュ・ヴァレー高校のアメフトチーム「コブラズ」のヘルメットをかぶった若者の頭部が、高速道路で発見される。グリッソム、ニック、グレッグは現場検証を開始。道路に残された血痕をたどり、少し離れた道路脇で胴体部分の死体も見つける。行方が分からなくなっている生徒のセーフ・キットと死体の指紋を照合した結果、被害者の身元はヴィンセント・バートリーと判明。ニックは訃報を伝えるため、ヴィンセントの兄で現在は車椅子生活を送っているマットに会いに行く。マットは、自分がアメフトの選手時代に使っていたヘルメットと、死んだ父親が残したドラゴンのバックルが付いたベルトを、ヴィンセントがお守りのように身に着けていたことをニックに語る。, その後、ヴィンセントの髪の毛と着衣には、ゴーカートのスリックタイヤのゴムが付着していたことが判明。ニックとグレッグはゴーカート場に足を運び、受付係のクリスティンから話を聞く。彼女によると、"ヴィニー・ブルルン"ことヴィンセントは、"ホットロッド"ことロドニー・バンクスを負かして何度もレースで優勝していたらしい。ニックは、ちょうどゴーカート場に来ていたロドニーにも声をかけるが、CSIが来たと気付いた彼は慌てて逃走。しかし、結局ニックらに捕まり、ヴィンセントが大事にしていたベルトを所持していたことが明るみに出る。, 逮捕されたロドニーは、取り調べで無実を主張。高速道路でヴィンセントと再レースをしたことは認めるものの、振り向いた時にはすでにヴィンセントの首がもげていたと弁明する。そして、ゴーカートの持ち出しを許してくれた受付係のクリスティンに迷惑をかけまいと、ヴィンセントのベルトを使って彼のカートを牽引し、ゴーカート場まで戻したと証言する。, ニックとグレッグは、ゴーカート場でロドニーとヴィンセントが使っていたカートを捜し出して詳しく調査。その結果、革のベルトでカートを牽引した痕跡や、タイヤハウスに付着した血痕など、ロドニーの証言を裏付ける証拠が見つかる。どうやら、本当にヴィンセントの首は走行中にもげたらしい。グリッソムは、スチールベルトを使ったトラックのタイヤが破裂し、その破片がヴィンセントの首を切ったのではないかとの仮説を立てる。そして、ゴム人形を使った実験を行い、その仮説を立証する。ヴィンセントの事件は事故だったのだ。, 一方、レストラン「ブラインド」では、有名なヌード雑誌「ハックス・マガジン」の発行者、ハンプトン・ハクスリーが殺害され、キャサリンとウォリックがブラスとともに捜査に当たる。「ブラインド」は、その名の通り、暗闇の中で食事をさせるのが売りのレストランで、ウェイターは全員盲目。ハクスリーの連れでヌードモデル(通称、ハックス・キティ)のシャスタとエイプリルをはじめ、客も誰一人犯人を見ていなかった。店のオーナー兼シェフのピッパも、何も知らない様子だ。, そんな中、ウォリックはテーブルの下に落ちている暗視ゴーグルを発見する。持ち主は、客の1人、ジェリー・ニベンズ。しかし彼は、妻の浮気を監視するために暗視ゴーグルを使用しただけで、殺害とは無関係と分かる。, その後、男4人のテーブルで女性のバストトップシールが見つかり、知人のビールに下剤を入れたり、"ハックス・キティ"の胸を触ったりしてハメをはずしていた男たちに疑いの目が向けられる。しかし、彼らを殺人に結びつける証拠はない。, ブラスは、ウェイターのマイケルからも事情を聞く。盲目の彼はもちろん殺害現場を見てはいなかったが、ブラスは念のため彼の指紋も採取。また、婚約直後で興奮するピーターとナンシーのカップルら、客たちに対する事情聴取も続けられるが有力情報は得られない。, ロビンスはハクスリーの検視を行い、頭部をボールペンで突き刺されたことによる損傷が死因と断定。ハクスリーのカツラには粘着性の物質が付着していたことも明らかにする。, この後、シャスタのバッグの中から折れたボールペンが見つかり、彼女に疑いがかかるが、本人は自分に利益をもたらしてくれているハクスリーを殺すはずがないと主張。店のオーナー、ピッパが怪しいと話す。実は、ピッパも昔はヌードモデルで、以前、ハクスリーともめたこともあったいうのだ。, ブラスは、あらためてピッパを取り調べることに。しかし彼女は、ハクスリーは偽名で来店していたため、店にいたことすら知らなかったと釈明。「ブラインド」は、今は亡き盲目の恋人へのオマージュであり、このレストランで大成功を収めている今、ビジネスに悪影響をもたらす殺人などするはずがないと話す。, やがて、ホールで見つかったネバネバの痕跡や、ハクスリーのカツラに付着していた粘着性の物質はいずれも蜂蜜で、マイケルの手にも蜂蜜が付着していたことが明らかに。さらに、ナプキンに付着したインク付きの指紋が決め手となり、犯人はマイケルと判明する。実は、彼が視力を失ったのは最近のこと。以前はシェフで、当時のスー・シェフ(副料理長)がピッパだった。マイケルによれば、色仕掛けで近づいてきたピッパに、レストランのレシピやアイデア、出資者などの情報を盗まれたのだという。そして、「ブラインド」のウェイターとしてピッパに雇われてからは、客に"死んだ盲目の恋人"の作り話を披露するのを何度も聞かされるはめになった。儲けの一部を要求してもあっさりと断られ、ピッパへの恨みをますます募らせていたマイケル。そこにタイミングよくハクスリーが来店したため、マイケルは彼を殺して罪をピッパになすりつけようと思い付いたのだ。シャスタのバッグに凶器のボールペンを忍ばせたのは、ピッパが若いモデルをはめようとしたという筋書きを成立させるため。すべては、ピッパに対する復讐だったのだ...。, グリッソムとサラの関係が公のものとなり、2人はエクリーから正式に調査を受ける。エクリーは、それぞれに、いつから付き合っていたのか質問。2年前だと答えるサラに対し、グリッソムは9年前だと答える。9年前といえば、グリッソムが講師となった鑑識アカデミーの講義が開かれた年であり、当時サラは、グリッソムの講義の受講生だった。また、ウォリックと妻ティナとの離婚が成立したことも判明。離婚経験者のキャサリンは、明るくウォリックを励ますのだった。, ワシントン・アーヴィングの小説「スリーピー・ホロウの伝説」(ジョニー・デップの主演で『スリーピー・ホロウ』として映画化もされている)の一説。後半では、容疑者ロドニーのセリフの中にも、「首なし騎士」というフレーズが。これも「スリーピー・ホロウの伝説」より。, 雑誌「プレイボーイ」の発行者、ヒュー・ヘフナーのパロディ。へフナーは現在も、「プレイボーイ・マンション」と呼ばれる自宅の豪邸に、正妻のほかプレイボーイ・バニーらを複数人住まわせている。, 「Alternative Light Source」の略で、科学捜査用に使用される光源の一種。肉眼では見えないかすかな血液や精液、繊維、指紋などを浮かび上がらせることができる。, 同じ鑑識チーム内で恋愛関係になるのは、ラボの規程違反。グリッソムとの仲が明るみに出た以上、どちらかがほかのチームに異動しなければならない。グリッソムは自分が異動すると申し出たようだが、サラは自分が遅番に移ると宣言。グリッソムを気遣い、遅番に異動するメリットをこんな風に表現した。, 講師と生徒という立場で出会ったグリッソムとサラ。サラは当時からグリッソムを食事に誘いたくて、人類学をネタにグリッソムを質問攻めにしていたとのこと。グリッソムもグリッソムで、当時のサラのヘアースタイルがポニーテールだったことなど、彼女の印象をハッキリと覚えていたことが明らかになった。出会った時から、どこかひかれ合うものがあったのかもしれない。, また、サラはそれとなくグリッソムとのことをグレッグに話していたらしい。それを知ってびっくりするニックの表情が最高。どうやら、ニックはこの手の話題には疎いらしい。, そして、今回もロビンスのスクラップブックの話が登場(彼は、有名人の遺体を写真に収め、スクラップしているのだ!)。彼のスクラップブックには、ラスベガスで死んだ実在の人物、2パックとエントウィッスルも入っているのだとか...(第6シーズン#2「夢の途中」参照)。, なお、レストランのオーナー、ピッパ役は、「Lの世界」のマリーナ役や「4400 未知からの生還者」のアラーナ役で知られるカリーナ・ロンバード。.