私は駅前の映画館に行くのが好きです。, ただし実は mögenを使っても、zu不定詞句を用いれば下のように同様の意味を表すこともできます。, Ich mag es, ins Kino vor dem Bahnhof zu gehen. Ohne Freunde dort sind wir nicht sicher. 私はある親切なドイツ人(男性)を知っている。, 活用してみると、形も音も違いは歴然になりますね。何度も声に出して、音と一緒に覚えてしまいましょう!, 「知る」という意味の動詞には kennen の他に wissen がありますが、こちらは「(抽象的知識・情報として)知っている、分かっている」という意味になります。, Ich kenne ihn, aber ich weiß seinen Namen nicht. Der Vater kauft für seine Kinder alkohlfreies Getränk. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その① 「~できる」のkönnen, 6-2. ドイツ語の前置詞5 <前置詞がDativかAkkusativかの使い分け練習問題>, 7-10. Dort möchte ich ihren Anführer sehen. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その④ 「~したい」のmöchten, 6-5. 7-6. 「好き」と伝えたいときドイツ語には、mögen と gern という2種類の表現方法があります。 +名詞:mögen. ドイツ語の細かなテクニック man その① Das Indefinitpronomen „man“, 7-2. Meine Mutter bäckt meinem Vater eine Pizza. となってしまったり、ドイツ語を話せますと言いたいのに Ich kenne Deutsch sprechen. Ich bin Spaß というと、「私は”楽しみ”である」という意味の通らない文になってしまうんだ…, 正確には spaßig という形容詞もあるんだけど、あまりこのような文脈では用いられないかな。, wollte を用いるべきところで、mochte を用いてしまう人がいます。ですが、mochten は助動詞 mögen の過去形で「〜が好きだった」という意味になり、「〜したかった」という意味にはなりません。, gern の位置にも注意しましょう。例えば gern を二番目に置いた、Ich gern trinke französischen Wein は間違いです。ドイツ語の鉄則である「動詞二番目のルール」を崩してしまうことになります!, でも gern を使った表現の方がシンプルだし、よく使うよ。まずはこちらの表現に慣れるまで練習しよう。. ドイツ語の前置詞4 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞 その違い>, 7-9. Copyright: Tokuro Miyagawa & Chronicle.inc All rights reserved. ドイツ語「sein」動詞の使い方。「私は~です」と自己紹介や状態を伝えるドイツ語表現についてまとめています。英語のbe動詞に相当し、ドイツ語では「sein動詞」といいます。 ドイツ語の色々な疑問文④「どのように?」「どうやって?」「どのくらい?」, 4-7. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その⑤ 「~すべき」のsollen, 6-6.

4-5. ドイツ語の細かなテクニック分離動詞とは? „Trennbare Verben”, 7-5.

mögen には2つの意味があります。 〜かもしれない「可能性」 〜が好き「好み」 (参考) ドイツ語7つの助動詞のキホンを押さえよう!意味と使い方まとめ (私は彼とは面識があるけれど、名前は知らない。), 3つ目に紹介する間違いは「Ich mochte ins Kino gehen.(私は映画館に行きたかった)」です。, 「〜したい(現在)」と表現する場合には möchten を使うことができます。しかし「〜したかった(過去)」と表現したい時には、möchten を使うことはできません。また、mochte は mögen の過去形であり möchten の過去形ではありません。, そもそも möchten は文法上、助動詞ではなく、助動詞 mögen の接続法第II式になります。, 接続法第II式とは、簡単にいうと「仮定的な話」を表す時に使う表現です。だからこそ「〜したい(=できたらいいなあ)」という気持ちを表せるのです。, そのため、「〜したかった」というように時制を絡めた表現をすることができないのです。, ドイツ語で「〜したかった」と言うときは、助動詞 wollen の過去形 wollte を使います。, wollen は強い意志を表すのに対して、婉曲的なニュアンスをはらむ möchten は控えめな表現になります。しかし、過去形にした時には、こうした wollen の力強いニュアンスはかなり薄まります。, (参考)ドイツ語助動詞”wollen”の全て|möchten/英語willとの違い, Nun möchte ich eine Tasse Kaffee im Café dort trinken und eine kleine Pause machen. ドイツ語の前置詞 <Präpositionen-Dativをとる前置詞>, 7-7.

ドイツ語の前置詞3 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞>, 7-8. 私は駅前の映画館に行くことが好きです。, 母語の日本語でさえ完璧に話せる!と自信を持って言える人はあまり多くないように、間違いをするのは日常生活において至極まっとうなことです。, Vollmondでドイツ語を教えていても、間違いを気にしすぎてなかなか話せない方も多いです。, ドイツ語を話すときはあくまでも「伝える」を意識して、ドイツ語を書くときなどにミスを減らせるよう気をつけることができるといいですね!, Vollmond では老若男女さまざまな方がドイツ語を勉強しています。「ドイツ語を勉強したい」意志を持つ全ての人が対象です♩ぜひ一緒にドイツ語を楽しみましょう!. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その② 「~しなければならない」のmüssen, 6-3. Ich schreibe für meine Freundin einen Brief. ドイツ語の細かなテクニック不定冠詞につく形容詞の語尾変化 Adjektivendungen mit dem unbestimmten Artikel, 7-4. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その⑤ 「~すべき」のsollen, 6-6. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その② 「~しなければならない」のmüssen, 6-3. そのパーティーは私を(とても)楽しませた。(=パーティーは楽しかった), 今回「とても」を viel で修飾しているのも、Spaß が名詞であることに由来しています。ここを sehr と表現してしまう人も多いですが、正しくはこの場合、使うことはできません。, 頭では分かっていても、喋っているとつい “Ich mache Spaß” “Ich habe Spaß gemacht” などと主語を ich にしてしまう人も多いです。, 繰り返し口に出す、気づく度に言い直すことで、ちょっとずつクセづけしていくと、自分の表現になるはずですよ!, さて、こちらは直訳では「楽しみを持っている」となり、より日本語の感覚に近い表現かもしれません。, Ich habe Spaß am Skifahren.

Copyright © Vollmond All Rights Reserved. 7-6. Mein Bruder kauft meiner Mutter einen Blumenstrauß. 昨日ほんとは、ちょっと休憩するためにカフェに行きたかったんだよなぁ。, 最後に扱うよくある間違いは Ich mag Tee trinken.(お茶を飲むのが好きです)です。, mögen(〜が好き)に、別の動詞をつなげて「私は〜するのが好き」と表現しようとしてしまうパターンです。, 「好き」と伝えたいときドイツ語には、mögen と gern という2種類の表現方法があります。, Ich mag französischen Wein. ドイツ語の色々な疑問文⑥「誰に?」「誰のために?」「誰を?」「何のために?」, 4-5.

となってしまったり・・・。, まず、können は英語でいうところの「can」にあたる助動詞。その他の動詞と組み合わせて、「〜できる」という意味を表します。, Ich kann fließend Deutsch sprechen. ドイツ語の前置詞2 <Akkusativ をとる前置詞> 7-7. (美津子) 私 結婚式は そこで挙げたい. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その① 「~できる」のkönnen, 6-2. ドイツ語の前置詞4 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞 その違い> 7-9. この項目は数字の言い方・表現方法が大切ですので、コラムその4「ドイツ語の数字1」で復習しておきましょう。, ドイツでは、時間は2通りの言い方ができます。やりとりの中で誤解を避けるために午後以降は、, 例えば午後1時なら「Es ist 13 Uhr」 午後5時なら 「Es ist 17 Uhr.」と言ったりもします。, 3時半なら、halb 4    7時半なら、halb 8    11時半なら、halb 12 です。, この「halb~」は、午前・午後共通です。ただし夜の10時半を halb 23 とは言わないので, 注意しましょう。その場合、午後10時半なら午前同様に 「halb 11」と言います。, なれ合いうちは、「9時半」を「Neun Uhr dreißig (9Uhr30)」 午後7時半を, 「Neunzehn Uhr dreißig(19Uhr30)」と言ってもOKです。, 「12時半」の時は「halb eins」ですが、「1時に」は 「um ein Uhr」, また、「45分」では、dreiviertel ○○(これからなる時間)とも言います。, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その④ 「~したい」のmöchten, 6-5. アラビア語 ドイツ語 ... Dort können Sie das Ziel innerhalb eines Dokuments wählen und mit der Schaltfläche. ドイツ語の前置詞3 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞>, 7-8. ドイツ語の色々な疑問文⑥「誰に?」「誰のために?」「誰を?」「何のために?」, 6-1. ドイツ語の前置詞6 <Dativ Akkusativの両方をとる前置詞>, 8-1.ドイツ語の形容詞・副詞の原級・比較級・最上級 (Vergleichssätze)1, 疑問・質問 No.20  mein bester と die beste の用法について.