、1999年にはアメリカから2機のTA-4Jを追加受領した[46]。, 受領した機体は、1980年に東部を担当する第2空軍作戦コマンド(インドネシア語版)隷下の第11飛行隊(インドネシア語版)にT-33の後継として その後は大きな搭載能力を生かして電子戦機や写真偵察機、空中給油機に改装されている。, 1962年にはアメリカ軍の名称整理により命名規則が変更されたため、A-3の呼称に変更されている。ちなみにこの命名規則の改正は、本機とA3Jの型番が紛らわしく、混乱を生じたのが理由のひとつであると言われる。, 各種派生型に改造されたA-3は長期に渡って使用され、最終機の退役は1991年10月1日のことである。なお、アメリカ空軍においても改修型がB-66デストロイヤーとして用いられた。, A-3は艦上機であるが、全長23mにも達する、開発当時としては屈指の大型艦上機である。主翼は高翼配置の後退翼で、翼下のパイロンにターボジェットエンジンを片側一基ずつ搭載している。, 武装は胴体内の爆弾倉に搭載する構造であり、中期生産型までは尾部に自衛用のリモコン式連装20mm機関砲を搭載していた。機銃は後の改装により電子妨害ポッドに置換されている。, 電子戦機型では、爆弾倉を与圧キャビンに改修しそこに操作員を収容したほか、アンテナが増備されている。, 飛行は行われないが可能ではあり、2011年6月30日にはフロリダ州ペンサコーラからテキサス州ミーチャムへと飛行した。, 飛行は行われないが可能ではあり、2011年6月28日にはノースアイランド海軍航空基地へと飛行した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=A-3_(航空機)&oldid=79419607. ), A-4 Skyhawks Association - RSAF 142 Squadron, A-4 Skyhawks Association - RSAF 143 Squadron, A-4 Skyhawks Association - RSAF 145 Squadron, A-4 Skyhawks Association - Republic of Singapore Air Force 150 Squadron, Ministry of Defence, Singapore - The RSAF Inaugurates the M-346 into 150 Squadron (2014年9月3日), A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawks Kuwait, A-4 Skyhawks Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Kuwait A-4KU, A-4 Skyhawks Association - Kuwait Air Force Skyhawks, A-4 Skyhawks Association - Kuwait Skyhawks in the Gulf War, http://www.ejection-history.org.uk/PROJECT/Biographies/M/MUBARAKMOHAMMED/Mubarak.htm, A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawks Indoensia, A-4 Skyhawks Association - Indonesia SkU-11, A-4 Skyhawks Association - Indonesia SkU-12, A-4 Skyhawks Association - Indonesia Skyhawk Combat Sorties, A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawks Malaysia, A-4 Skyhawks Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Malaysia A-4PTM (All previous owned A-4C and A-4L variants), A-4 Skyhawks Association - Royal Malaysian Air Force, A-4 Skyhawk Association - A-4 SKYHAWKS BRAZIL, A-4 Skyhawk Association - Brazil VF-1 Falcoes, EMBRAEL - EMBRAER TO MODERNIZE BRAZILIAN NAVY AF-1 AND AF-1A JETS (2009年4月14日), Ministério da Defasa - "Estratégia Nacional de Defesa não veio para ficar no papel", assegura Jobim, Defasa Aérea & Naval - Exclusivo - Programa de Modernização dos caças AF-1/1A da Marinha do Brasil (2014年3月25日), Rafael Advanced Defence Systems - SPICE Precision Weapon Guidance Kit, EMBRAER - Embraer Defense & Security delivers the first modernized AF-1B jet fighter to the Brazilian Navy (2015年5月26日), https://www.marinha.mil.br/nomar-online/26052015/1.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=A-4_(航空機)&oldid=80424780, 上記の通信・航法装置の収納場所を確保するため、機首を延長。レーダーはオリジナルのAN/APQ-145 地形追随・測距レーダーのまま。, 従来の液体酸素ボンベに替えて、機上酸素発生装置(On Board Oxygen Generation System)を搭載。. A-4Qは全機がアルゼンチン海軍航空隊(スペイン語版、英語版)の第3海軍戦闘攻撃飛行隊(スペイン語: 3.ª Escuadrilla Aeronaval de Caza y Ataque)に配備され、F9F パンサー/クーガーの後継として1969年にアルゼンチン海軍に就役したばかりの空母「ベインティシンコ・デ・マヨ」の艦載機となった[11]。

36機のA-4M/OA-4Mはロッキード・マーティンにより、AN/ARG-1(AN/APG-66(V)2の派生型)レーダーの搭載などの近代化改修を受け、 A-4Bは大規模な改修を受けたため、アメリカ側ではA-4Pの形式名が与えられたが、アルゼンチンではA-4Bの形式名で呼ばれた[1](以降はA-4P表記で通す)。 この作戦の最中、VA-144所属のA-4Cが対空火器によって撃墜され、パイロットのエヴァレット・アルバレス Jr.(英語版)中尉は緊急脱出に成功したが北ベトナム軍の捕虜となった[6]。, この後、1965年2月7日より実施されたフレイミング・ダート作戦や同年3月2日より実施されたローリング・サンダー作戦(英語版)において、ヤンキー・ステーションに遊弋する空母を拠点に、空軍機と共同で北爆に参加するようになる。また、南シナ海とメコンデルタの間の海域に設置されたディキシー・ステーション(英語版)にも空母が配置され、こちらは南ベトナム領内における陸軍・海兵隊のための近接航空支援を主任務とした。, 海兵隊航空団も1965年からダナン、チュライ(英語版)、ビエンホアの基地に展開し、味方地上部隊に対する近接航空支援を行った[7]。, 1967年5月1日には、アメリカ海軍の空母ボノム・リシャールから離陸した"VA-76 スピリッツ"攻撃飛行隊のセオドア・R・スワーツ少佐の操縦するA-4が北ベトナム軍所属のMig-17をズーニー・ロケット弾で撃墜した。スワーツ少佐はこの功績によりシルバースターを授与された。, 1967年7月29日、フォレスタルの飛行甲板上でズーニー・ロケット弾を搭載したF-4 ファントムIIが電気配線のショートによる誤射を起こし、射線上のA-4を直撃。航空燃料による火災から航空爆弾が次々に誘爆して134名の乗組員が死亡、艦載機21機(11機のA-4E、7機のF-4B、3機のRA-5C)が破損する大事故が起きた。直撃したA-4に搭乗していたのは、当時少佐であったジョン・マケイン3世であり、直撃から僅か90秒後に機に搭載されていた爆弾が爆発前に脱出したが、爆発の破片で負傷した。マケインはすぐA-4のパイロットとして復帰し、10月26日にハノイ市の火力発電所の攻撃に参加したが、S-75によって撃墜され、5年間を捕虜として過ごした。, アルゼンチンは、アメリカ国外最初のA-4 スカイホーク導入国である。

Deriva F(x)=3x4+65x3 Ver respuesta tbermudezgomez28 tbermudezgomez28 La derivada de la funcion es. 第2位はf-35ライトニングⅡステルス戦闘機、第3位は中国空軍のj-20という第5世代双発ステルス . パイロットのモハメッド・アル・ムバラク中佐は緊急脱出に成功し、イラク軍の捕虜となった[45], 湾岸戦争終結後、クウェート空軍のA-4の残存機はF/A-18C/Dに更新されて退役し、モスボール保管状態に置かれていたが、1997年に23機(単座型のA-4KU 20機、複座型のTA-4KU 3機)がブラジル海軍に売却された[43]。, インドネシア空軍は、1980年から1982年にかけて、イスラエルから中古のA-4E 31機とTA-4H 2機を受領し[20][46]

Use the slope-intercept form to find the slope and y-intercept.

A-4Cについても、主翼のスポイラーと前輪のステアリング機構、主翼下に2か所のハードポイントを追加する改修を受けたが、アメリカ側では特別に新しい形式名は用意されず、アルゼンチンでもA-4Cの形式名を維持した[1]。, 第1バッチのA-4P 25機は1966年、第2バッチのA-4P 25機は1967年、第3バッチのA-4C 25機は1976年にそれぞれアルゼンチン空軍に引き渡された。A-4PにはC-201~C-250、A-4CにはC-301~C-305の空軍シリアル番号が与えられた[8]。 最大の変更点はエンジンであり、既存のJ65 ターボジェットから、アフターバーナーの無いゼネラル・エレクトリック F404-GE-100D ターボファンに換装されたことにより、推力は11,000 lbに増強された[32]。エンジン換装を受けた機体は、外見上の特徴として、左舷空気取入れ口の脇にエンジン補機冷却用の小さな空気取入れ口が追加されている[1]。エンジンのほか、タービン・スターターや油圧装置、潤滑油冷却器などに対する改良が行われた[32]。この他には、フェランティ4501HUDやAN/AAS-35 ペイブ・ペニー(英語版)レーザースポット追尾装置などの新型アビオニクスの追加が行われた[32]。, この機体は、A-4SU / TA-4SU スーパースカイホーク(英語版)と命名され、1984年から1989年にかけて既存のA-4S/A-4S-1やTA-4S/TA-4Sからの改修が行われ[33]、飛行訓練学校及び第142、第143、第145の3個飛行隊に配備された。, 1997年からは、高等飛行訓練のためにフランスのカゾー空軍基地(フランス語版、英語版)に派遣された第150飛行隊にも配備された[38]。, 曲技飛行隊「ブラック・ナイツ」においても、1990年代にF-5E タイガーIIの後継として採用され、2000年代にF-16に更新されるまで運用された[39]。, 2003年には第142飛行隊が解隊となり[35]、同年には第143飛行隊はF-16C/Dに機種転換した[36]。翌2004年には第145飛行隊もF-16C/Dに機種転換し[37]、実戦部隊からA-4SUは姿を消した。, 2005年には飛行訓練学校から退役した[34]後も、フランスに派遣された第150飛行隊の機体が高等訓練用に運用され続けていたが、2014年9月3日付で第150飛行隊もアレーニア・アエルマッキM-346への機種転換が完了し、シンガポール空軍のA-4は全て退役した[40]。, 1974年、クウェート政府はマクドネル・ダグラス社との間で、新規製造された30機のA-4KUと6機のTA-4KU、合計36機を2億5千万USドルで購入する契約を交わした[41]。A-4KUとTA-4KUはそれぞれA-4MとOA-4Mに相当する機体であるが、核兵器やAGM-45 シュライク ARM、AGM-62 ウォールアイ 誘導爆弾の運用能力と、ECM装備が省略されている[42]。, 機体の引き渡しは1977年より開始され、クウェート空軍(英語版、アラビア語版)に納入された機体はアフマド・アル・ジャービル空軍基地(英語版、アラビア語版)の第9飛行隊と第25飛行隊に配備された[41][43]。, 1990年8月2日、イラクの共和国防衛隊がクウェートへの軍事侵攻を開始した際、クウェート空軍のA-4KU 2機が出撃し、共和国防衛隊の機甲部隊に攻撃を加えたほか、イラク軍のヘリコプター3機を撃墜した[44]。, その後もクウェート空軍のA-4は、アフマド・アル・ジャービル空軍基地の滑走路がイラク空軍の爆撃によって破壊された後も、近隣の高速道路を臨時滑走路として抗戦を続けたが4機のA-4KUを喪った。さらに8月4日早朝には1機が事故、4機がイラク軍の攻撃で失われた[44]。, 残存の24機は8月4日昼頃にクウェート国内での抗戦を断念し、サウジアラビアのキング・アブドゥルアジズ空軍基地へ脱出した[44]。サウジアラビアへ脱出した部隊は、同じくクウェート空軍で採用されクウェート国内から脱出したミラージュF1と共に「自由クウェート空軍」を編成した。, 1991年1月17日に「砂漠の嵐」作戦が開始されると、自由クウェート空軍のA-4も本作戦に参加したが、A-4KUのうちの1機(KAF-828)がイラク軍のZSU-23-4シルカ[41]もしくはレーダー誘導式SAM[44]によって撃墜された。 A-4B or A-4C models. f(x) = 3x⁴ + 65x³ . A-3 スカイウォーリアー(Douglas A-3 Skywarrior )は、アメリカ合衆国のダグラス社が開発し、アメリカ海軍で運用された艦上攻撃機。 核攻撃を目的とした大型艦上攻撃機として開発され、のちには電子戦機や空中給油機としても用いられた。.

攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。主要搭載兵装は空対地・空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾、ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している[1]。, 似た軍用機として爆撃機があり、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機は爆撃機として分類される。進化が進み、トーネード IDSが9トン以上、F/A-18Cは7トン以上の爆弾類を搭載でき、第二次世界大戦の爆撃機並みの搭載量だが、純粋な爆撃機も進化が進みB-52Hは27トン、B-1Bは34トン、ステルス性を優先し搭載量を若干犠牲にしたB-2Aでも22トンと、従来より飛躍的に増加している[2]。, 航空機のジェット化が進み、レーダー、電子技術、ミサイルなどの兵装の発達で従来の機種は整理され、特に戦闘機は空戦を専門とするタイプと大量の兵装を装備できる戦闘攻撃機タイプが主流になり、兵装の交換により対空、対地、対艦といった幅広い任務に対応するマルチロール機へと進化していった。攻撃機はマルチロール化した戦闘機に集約されて機種が減る一方、練習機などと基本設計が兼用の軽攻撃機も広く使われる[3]。, 航空自衛隊では「攻撃」という表現が避けられ、支援戦闘機と呼ばれていたが[4]、マルチロール機の発展で通常の戦闘機に役割を統合され消滅した。, 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版13-14頁, 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12-13頁, 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版13頁, 陸軍航空本部第三課 『陸軍航空兵器研究方針ノ件達』 1940年4月、アジア歴史資料センター、Ref:C01005534700, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=攻撃機&oldid=78533467. [61]。, 3.ª Escuadrilla Aeronaval de Caza y Ataque, 1º Esquadrão de Aviões de Interceptação e Ataque, 「ベインティシンコ・デ・マヨ」の機関の調子が思わしくなく、爆装したA-4Qの発艦に必要な向かい風を得られるだけの速力が出なかったともいわれる。, en:Argentine air forces in the Falklands War, en:McDonnell Douglas A-4G Skyhawk#Royal New Zealand Air Force, Blue Angels : Official Website - Historical Airclaft, A-4 Skyhawks Association - Blue Angels Flight Demonstration Team, A-4 Skyhawk Association - Skyhawk Mongoose and Super Fox, A-4 Skyhawks Association - Carrier, Carrier Based Squadrons and Non-Carrier Based Squadron Deployments to Vietnam, A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawk in Vietnam, A-4 Skyhawks Association - Vietnam Marine Air Bases, A-4 Skyhawks Association - Argentine Air Force and Navy, A-4 Skyhawk Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Argentine Air Force A-4P and A-4AR(All previous owned), A-4 Skyhawks Association - Argentine Air Force Group 5, A-4 Skyhawks Association - Argentine Navy Third Escuadrilla, A-4 Skyhawks Association - Argentine Skyhawks in the Malvinas, SITIO OFICIAL DE LA FUERZA AEREA ARGENTINA - Material Aéreo, A-4 Skyhawks Association AUSTRALIA SKYHAWKS, Royal Australian Navy - HMAS Melbourne (II), A-4 Skyhawk Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Australia A-4G, Royal Australian Navy -724 Squadron History, Royal Australian Navy - 805 Squadron History, A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawks Israel, A-4 Skyhawks Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Israel A-4H and A-4N, A-4 Skyhawks Association - Israeli Ayits (Skyhawks) in combat, Flightglobal.com - Israel selectes Alenia Aermacchi M-346 for trainer deal (2012年2月16日), A-4 Skyhawks Association - Royal New Zealand Air Force Skyhawks, A-4 Skyhawks Association - RNZAF #14 Squadron, Kiwi Aircraft Images.com - McDonnell Douglas (T)A-4K Skyhawk, The New Zealand Ministry of Defense - Review of the Options for an Air Combat Capability (February 2001), A-4 Skyhawks Association - A-4 Skyhawks Singapore, A-4 Skyhawk Association - Douglas A-4 Skyhawk Production History # Singapore A-4S /S1 /SU (All were U.S.N. (c) Find the local maximum and…

攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。 主要搭載兵装は空対地・空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾、ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している 。. 飛行するA-4E 151194号機(米海軍第164攻撃飛行隊所属、1967年撮影), A-4 スカイホーク(Douglas A-4 Skyhawk )はダグラス社が開発しアメリカ海軍などで運用された艦上攻撃機。, 愛称の「スカイホーク (Skyhawk)」は空の鷹の意。当初はA4D スカイホークの名称であったが、アメリカ軍による1962年の命名規則変更の際、A-4に改称された。, 1952年6月、アメリカ海軍から小型攻撃機XA4D-1の発注を受けたダグラス社は、設計主務者をエド・ハイネマンとして設計を進めた。ハイネマンは「軽量、小型、空力的洗練を追求すれば自ずと高性能が得られる」とのコンセプトに基づき、海軍側の見込んだ機体重量14tの半分に満たない6.7tという小型かつ軽量な機体に仕上げた。1952年10月には前量産型YA4D-1の発注も行われている。, 1954年6月22日に初飛行。1955年10月15日には量産3号機が500km周回コースの速度記録を達成している。, A-4はデルタ翼を持つが主翼を折り畳まずに航空母艦のエレベーターに積載できる機体規模で、爆弾倉を省略し外部兵装は翼下パイロンに搭載することとされた。, 折り畳み機構や爆弾倉の廃止はそれぞれ主翼部や胴体部の軽量かつ頑丈な設計に貢献した。翼下パイロンに搭載物を外装するには搭載物の抗力(空気抵抗)低減が欠かせないが、搭載するMk.80シリーズのAero 1Aと呼ばれる8:1の全長直径比を持つ低抗力の外形は、本機の主任設計者ハイネマンによる1946年における研究に基づくものである。, その他にも方向舵は1枚の薄板を両面から桁で補強する(A-4B以降)など、構造を簡潔にまとめて小型軽量ながら堅牢な機体に仕上がっており、このクラスの機体としては異例とも言える兵装搭載量を持ち、小型の空母や900~1,200m程度の野戦滑走路でも十分に作戦できる離着陸性能を有していた。, この完成度の高さと簡潔さを併せ持つ機体設計は、信頼性・経済性においても優秀なものであった。たった6本のボルトを外すだけでエンジンを取り出せるなど整備性にも優れ、安価であることから数多くの国で導入された。アメリカ軍で余剰化した機体が再生・改修の上で輸出された例も多い。, 1967年にマクドネル・エアクラフト社と合併し社名がマクドネル・ダグラスに変更されて以後もA-4の改良・生産は継続され、1979年の製造終了までの25年間に、各型合計2,960機が製造された。, この間にベトナム戦争に参加し、イスラエルに供与された機体は第四次中東戦争に投入された。また、フォークランド紛争ではアルゼンチン軍の機体としてイギリス軍を攻撃した。さらには1991年の湾岸戦争時にもクウェート空軍のA-4KUがイラク空爆に参加した。, 軽量で強靭な機体であったため「ハイネマンのホットロッド」とあだ名され、操縦のしやすさから練習機としても運用された。また、良好な運動性からアメリカ海軍戦闘機兵器学校(通称トップガン)においては仮想敵機役となったり、アメリカ海軍のアクロバット飛行チームであるブルーエンジェルスで使用されたりした。, 高い機動性により、空対空戦闘で敵戦闘機を撃墜した事例も存在する。ベトナム戦争中の1967年5月1日、アメリカ海軍の空母ボノム・リシャールから離陸した"VA-76 スピリッツ"攻撃飛行隊のセオドア・R・スワーツ少佐の操縦するA-4Cスカイホークが、北ベトナム軍所属のMiG-17を対地攻撃用のズーニー・ロケット弾で撃墜した。スワーツ少佐はこの功績によりシルバースターを授与された。, 1970年5月12日には、イスラエル空軍第109飛行隊の飛行隊長であり、"ミスター・スカイホーク"のニックネームで呼ばれたエズラ・ドタン大佐の操縦するA-4Hスカイホークが、2機のシリア軍所属のMiG-17を、対地攻撃用のロケット弾およびDEFA 30mm機関砲でそれぞれ撃墜した。, アメリカでは退役済みであり、高等練習機としてTA-4を長く使用してきたイスラエル空軍とシンガポール空軍でも、アレーニア・アエルマッキ M-346に更新されて退役した。艦上機としてはAF-1の名称で、ブラジル海軍の空母「サンパウロ」が2017年2月14日に退役するまで運用された。また、各国で退役した機体にはドラケン・インターナショナルなどの民間軍事会社に払い下げられて引き続き飛行しているものもある。, 命名規則変更後の型式番号にA-4Dはないが、これは変更前の番号であるA4Dとの混同を避けるためである。, A-4は、ほぼ同時期に開発されたF-8 クルセイダーやF-4 ファントムIIよりも小型軽量であり、1955年から就役が始まったフォレスタル級航空母艦は勿論のこと、第二次世界大戦期に建造されたエセックス級航空母艦やミッドウェイ級航空母艦でも容易に運用できた[注釈 1]。, 海軍では1967年からA-7 コルセアIIへの更新が進められ、1976年までには海軍の前線攻撃部隊から引き揚げられた。一方海兵隊ではA-7 コルセアIIへの更新は行われず、A-4の運用が継続された。このため1970年からは海兵隊独自の改良型であるA-4Mの導入も行われ、1979年まで生産が行われたが、1980年代中ごろにはAV-8B ハリアーIIに更新された。, 複座型のTA-4F/JはTF-9J クーガーの後継艦上高等練習機として採用され、T-2 バックアイでの訓練課程を終えた海軍の操縦士の高等訓練に用いられたが、1994年からはT-45 ゴスホークへの更新が進められ訓練部隊からも退役した。, アメリカ海軍の曲技飛行隊「ブルーエンジェルス」においても、1974年にF-4JからA-4Fに使用機種が更新され、1986年にF/A-18に更新されるまで使用されていた[2][3]。ブルーエンジェルスの機体には「スーパーフォックス」(Super Fox)と呼ばれる特別な改修が施され、機体背面のアビオニクスパックや主翼の20mm機関砲、ECM装備、主翼下のパイロン[注釈 2]などを撤去し、主翼前縁スラットをボルト止めで固定した上で、ドラッグシュートとスモーク発生装置、背面飛行時の給油システムを追加した[4]。, この他、1969年3月3日に設立されたアメリカ海軍戦闘機兵器学校(トップガン)にもF-5E/F タイガーIIと共に配備され、A-4はMiG-17、F-5はMiG-21をそれぞれ模した仮想敵機として活動した。アグレッサー飛行隊用のA-4には、機体背面のアビオニクスパックや20mm機関砲を撤去するなどの「マングース」(Mongoose)改修が施された[4]。, ベトナム戦争におけるA-4の実戦投入は、1964年8月2日のトンキン湾事件の報復として同年8月5日に実行されたピアス・アロー作戦に、空母「タイコンデロガ」の第5空母航空団(VA-55/56)および「コンステレーション」の第14空母航空団(英語版)(VA-144/146)が投入されたのが最初である[5]。