はあーほんとfgoクソゲーだわ またやること増えたら聞きにくるわじゃあな つーかやること増えて嬉しいかこのゲーム? 楽しむ努力が足りないんじゃないのか? 1回解放はキツすぎましたからね。 ゲームに合わないと思えばやめれば?と思う, オート周回ゲーとかやってると俺はなんでこんなことやってるんだ感が凄い(画面ポチポチ出来て脳死周回のFGOはぶっちゃけめっちゃありがたい), オートとかもはやゲームじゃないじゃん ポケモンGOに復帰したプレイヤーや新規プレイヤーに向けて、図鑑を埋めるためのおすすめプレイ方法や、バトルのコツなどをまとめています。追加された要素についても掲載していますので参考にしてください。, 現在ポケモンGOで実装されているポケモンの種類は600匹以上いる。復帰したばかりで、図鑑が全く埋まっていないという方に向けて、効率的な方法を紹介。, 自宅~職場、学校までの距離など、よく立ち寄る範囲内で、ポケモンが大量に湧くエリアを見つけよう。同じ場所でも天候で湧くポケモンも変わったりするので、まずはポケモンを捕まえていれば、自然と図鑑が埋まる。, レアなことはもちろん、進化に必要なアメの数が多いポケモンは確実に捕まえておきたい。また、バトルで使えるポケモンも積極的にゲットしよう。もし野生で出会ったら、最優先で捕まえたいポケモンの一例は以下の通り。, 中には入手方法が特殊で、野生では捕まえられないポケモンがいる。以下のポケモンは、入手方法が特殊な例だ。, 「いつでも冒険モード」の設定をしていると、ポケモン図鑑に未登録のポケモンが近くにいると通知してくれる機能が追加された。, ポケモンの中には、進化でしか入手できないポケモンがいる。そういったポケモンは、野生では入手できないので注意しよう。, ポケモンの中では、ある地域にしか出現しないポケモンもいる。日本で出現しないポケモンは、海外まで行かないと手に入らない。, メタモンはポッポやコラッタなど他のポケモンに化けているため、マップには表示されない。メタモンを手に入れるには、メタモンが化けている可能性がある、ポッポやコラッタをとにかく捕まえるしかない。, ※メタモンが化けているポケモンは変わるため、最新情報は詳細記事から確認してください。, 原作同様ポケモンGOにも色違いのポケモンが存在する。捕獲画面に移動したときに色違いかどうかがわかる仕組みになっている。ポケモンGOではまだ全てのポケモンに色違いがいるわけでなく、イベントなどで徐々に追加されている。, バトルは、他のトレーナーが置いたジムポケモンと戦う「ジムバトル」と、ジムに出現するボスポケモンと戦う「レイドバトル」、トレーナー同士で戦う「トレーナーバトル」(対戦)がある。, 全世界のトレーナーと対戦ができる「GOバトルリーグ」が実装!最強のパーティを構築して対戦しよう!, ジム戦は、ハピナスやケッキング、カビゴンなどノーマルタイプのポケモンが置かれることが多い。そのため、カイリキーを育てて弱点を突けば勝率が上がる。, カイリキーの進化前であるワンリキーは、曇りの時に天候ブーストがかかり、出現しやすくなる。そのため、ゲーム内の天気が曇りの日に探すと捕まえやすい。, カイリキーは期間によって、レイドバトルに出現する。勝利すれば直接ゲットすることが可能。最新のレイド出現ポケモンは詳細記事でチェックしよう。, レイドバトルは一人で挑む必要はなく、最大で20人と一緒にレイドボスと戦うことができる。そのため、もし自分のポケモンが育っていなくても、複数人で挑めば勝つ可能性が十分ある。, レイドバトルにフレンドを招待出来る機能が実装された。遠く離れたフレンドも誘う事が出来るため、レイドバトルに自信がない場合は助けてもらうのも良いだろう。, レイドバトルに出現するボスポケモンは、★1、★3、★5、メガの4段階。★3までならば一人で勝つこともできる。ただし、★3のレイドボスに一人で挑む場合は、しっかり育成して、適正も見極める必要がある。, 伝説ポケモンは★5で出現する。★3以上に手強いため、4~5人でも勝てない場合がある。安定クリアしたいならば、最低でも7人くらい揃うまで待つことをおすすめする。, メガレイドにはメガシンカポケモンがレイドボスとして出現する。★5の伝説ポケモンと同等の強さのため、6,7人以上で臨みたい。, バトルを始める前に、トレーナーバトルのルールや操作方法を覚えよう。バトルでは、一つのミスが負けにつながることも多いので、基本を抑えることがまずは大事だ。, ポケモンにはタイプ相性があり、こちらが得意なタイプであれば有利に戦うことができる。そのため、バトルに勝つためには、タイプ相性を覚えることが必要になる。, ルールやタイプ相性を覚えたら、次はどんなポケモンが使えるかを知ろう。トレーナーバトルには3つのリーグがあり、それぞれで強いポケモンが違うので、勝ちたい場合は全て覚えて、パーティに組み込んだり対策を考えたりしよう!, GOバトルリーグは同じポケモンは2匹以上参加できない。3匹の弱点が一致してしまうとすぐに相手のポケモンに倒されてしまうので注意しよう。, GOバトルリーグにて上位の成績を出しているトレーナーのおすすめパーティを紹介している。ぜひ参考にしてみよう。, ポケモンの中にもステータスが高い、汎用性があるなど強いポケモンがおり、そういったポケモンを最優先で育成したい。中には現在手に入らないポケモンがいるが、どのポケモンが強いのか、最強ランキング記事で確認できるので参考にして欲しい。, 育成するためには、同じポケモンのアメが大量に必要。何匹も同じポケモンを捕まえなければならないので、強化すべきおすすめポケモンの巣が近くにあれば、そこで集めよう。, ダンバルやミニリュウなど、そもそも巣がないポケモンがいる。そういったポケモンを強化する場合は相棒にしたり、ふしぎなアメで集めるのも一つの手。, ポケモンを強化する際には、ほしのすなも大量に必要。むやみに使ってしまうと足りなくなってしまうため、バトル用のポケモンにだけ使うようにしたい。, ポケモンの強化レベルは、トレーナーレベル毎に上限が決まっている。そのため、ポケモンを十分強化するためには、トレーナーレベルを上げる必要がある。最もおすすめなのは、進化マラソンでのレベル上げだ。, ポケモンGOには、リリースから今まで様々な新要素が追加されている。ここでは、復帰したばかりの方に向けて、新要素を解説。, メガシンカポケモンがゲーム内に登場!メガシンカポケモンがボスのメガレイドも実装。順次メガシンカポケモンが実装されていくぞ。, リモートレイドは通常のレイドとは異なり、遠く離れたジムで発生しているレイドバトルにも参加することができるぞ。, ゲーム内から現在発生しているボーナスを簡単に見ることができるようになる。フィールドリサーチやスペシャルリサーチを見ることができる部分に新たに追加されるぞ。, 全世界のトレーナーと対戦できるGOバトルリーグが開催。GOバトルリーグは、スーパーリーグ、ハイパーリーグ、マスターリーグ、プレミアカップ(CP制限あり・なし)の計5種類全てのリーグで開催される。, 相棒と冒険モードによって、他トレーナーの相棒とAR+で集合写真が撮れる。自身と他2人のフレンドを合わせて、最大3人で集合写真を撮れる新機能だ。, 相棒機能のアップデートが行われた。好きなポケモンとフィールドマップを歩き、おやつをあげたりして触れ合うことができるようになった。また、最大まで仲良くなるとポケモンのレベルも上昇するぞ。, ポケモンGOにロケット団が登場!ロケット団はポケストップに出現することがあり、ロケット団がいるポケストップを回すとバトルに突入する。バトルに勝つと、シャドウポケモンをゲットできるぞ。, 2019年7月に「ポケモンを調べてもらう」の機能が大幅にアップデートされた。アップデート後からは個体値がグラフで表示されれうようになった。, 新たに3種類のルアーモジュールが追加された。モジュールからはそれのぞれの特徴に合ったポケモンが出現しやすくなっている。, モジュールの近くで進化することができるポケモンが実装された。リーフィアやグレイシア、ジバコイルなど原作で進化に特別な場所が必要なポケモンが該当する。, 捕獲画面以外からでもAR撮影が可能に。また、ドーブルも実装され、AR撮影をすると稀にドーブルが出現する。, 交換する際に必ずキラポケモンになる機能が実装。条件などは厳しいが、必ずキラポケモンにすることができるので、キラフレンドになったらお互いにキラポケモンにしたいポケモンを交換するのがおすすめだ。, ポケモンGOにトレーナーバトルが追加。これによって、他のプレイヤーとポケモンバトルができるようになった。リーグが3つあり、それぞれルールが違うため、初心者から上級者まで、ポケモンバトルを楽しめるようになっている。, トレーナーバトルが実装され、ゲージ技も解放することでもう一つ覚えることができるようになった。解放するためには、アメとほしのすなが必要になる, トレーナーバトルが実装してから、タイプ相性倍率が大きく変化!効果抜群の際はさらにダメージ倍率が上がり、いまひとつの時は軽減率が上がった。これによって、タイプ相性がより重要になったといえる。, 端末のヘルスケアと連動することで、ポケモンGOを起動していなくてもタマゴの距離を進めたりできる機能が追加された。以前より効率よくタマゴを孵化させることが可能となっている。, 第5世代、イッシュ地方のポケモンが実装!第4世代と同じく、小出しに追加されている。, フレンド機能が追加され、フレンドとギフトを贈り合ったり、ポケモンのトレードをすることができる。また、フレンドボーナスでレイドバトルやジムバトルも有利に戦える。, ポケモンを交換すると一定確率で「キラポケモン」になる。キラポケモンは他のポケモンと比べると背景が特別なものになっている。また、強化をするために必要なほしのすなも少なくなっているのが特徴だ。, リサーチとは、ポケストップを回したり、ウィロー博士からの依頼で受け取れるタスクのこと。タスクをこなせば、アイテムやポケモンとの遭遇などの報酬を貰える。, 2017年9月6日より、招待制の特別なレイドである「EXレイド」が開始!出現するボスは期間で変化するので、最新情報は詳細記事で確認しよう。, コミュニティデイと呼ばれる、特別なポケモンが大量発生するイベントが毎月1回開催されている。ダンバルやヨーギラス、御三家ポケモンなど、貴重なポケモンが対象になるので、なるべく参加しよう。, ボックス内のポケモンを名前や図鑑番号、タイプなどで絞りこめる機能が追加された。特殊なワードで検索をすることも可能だ。, 2017年の3月23日の「水タイプ祭りイベント」で、金のコイキングが実装されてから、色違いポケモンが出現するようになった。まだ限られた種類しか色違いは存在していない。非常に出現率が低く、出会うことも難しい。, 大人数で1匹のボスポケモンと戦う、レイドバトルが実装。レイドバトルでは周りのトレーナーと協力して、様々なボスポケモンに挑戦することができる。, レイドバトルでは、普段野生ではほとんどゲットできない貴重なポケモンが出現することも。バンギラスなど、バトルで大活躍できるポケモンも出現する。バトルに勝てば、ゲットチャンスとなる。, レイドバトルで勝利すると、ボスのゲットチャレンジだけでなく、貴重なアイテムや大量の経験値などを貰える。報酬が豪華なので、もしプレミアムレイドパスが余っているのならば、積極的に挑戦してもいい。, 1日に貰えるレイドパスは1枚のみ。また、プレミアムレイドパスは、基本的にポケコインでないと入手できない。レイドパスは貴重なので、基本的には伝説などの珍しいポケモンのみ挑むようにしよう。, 第三世代の実装に合わせて、新たな機能「天候」が追加された。現実の天気と連動していて、その天候に合わせて出現するポケモンの種類が変化し、対象のポケモンは様々なブースト効果を得る。, ジムがリニューアルされて、ジムバッジ、やるきシステムなどが追加。また、ジムからでもポケストップと同様に、アイテムを入手することが可能になった。, バトルでゲージ技を発動する方法が変更。以前までは溜まったら約1秒長押しで発動だったが、画面したに追加されたアイコンをタップすることで使えるようになった。, ジムへの配置上限数を増やすための名声システムが廃止となった。代わりに最初から6匹配置できるようになり、やるきシステムが追加となった。, ジムのリニューアルと同時に、ジムバッジが追加された。ジムバッジのランクを上げると特典があり、ジムのフォトディスクを回した時に、アイテムの取得数が増えたり、経験値が多く貰える。, 無料でもらうことが出来るポケコインのやり方、上限数が変更。以前は21時間ごとに配置数に応じてポケコインを受け取ることができたが、現在はポケモンがジムを防衛した時間に応じて貰えるようになった。, 最近新たに追加された、新アイテムについて解説。いまいち使い方がわからなくて困っているという方は参考にして欲しい。, スーパーふかそうちにタマゴを入れると、ふかそうちより孵化までに必要な距離が短縮される。イベント時などにしか販売されず、常に買えるわけではないので、使う場合は2kmタマゴは避けたり、イベント中のみ使うようにしよう。, ほしのかけらは、使用すると30分間ほしのかけらの入手量が1.5倍になる。セールボックスでしか基本的に入手できないので、イベント時やタマゴが同時にたくさん割れる瞬間に使うと良い。, わざマシンには「ノーマル」と「スペシャル」の2種類がある。ノーマルを使うと通常技を覚え直すことができ、スペシャルを使うとゲージ技を覚え直すことができる。技厳選に使うことが可能。, 使用すると、ゲット時のアメを2倍にできるきのみ。進化マラソンや強化中のポケモンの巣に行った時などに使おう。, 野生のポケモンに与えると、動きを落ち着かせることができる。使い道がほとんどないので、全部捨ててしまっていい。, 野生のポケモンに与えると、捕獲率を大きく上げることができるきのみ。また、ジムのポケモンにあげると、やるきを全回復できる。主に伝説ポケモンのゲットチャレンジや、ジムにいるポケモンに使おう。, ポケストップで入手できる、ポケモンの進化用アイテム。使えるポケモンは決まっている。, 手持ちのポケモンを相棒に出来る機能が追加された。相棒にしたポケモンと一定距離歩くことで、相棒にしたポケモンのアメを入手できる。また、エーフィやブラッキー、ミロカロスなど、相棒にして歩いた距離が進化条件になっているポケモンもいる。, 「近くにいるポケモン」はポケモンの影しか表示されないため、どこにいるかまでは分からなかった。機能が改善されて、自分の周りにあるポケストップの近くにどのポケモンがいるのかがわかるようになった。, 「近くにいるポケモン」はポケストップの周りにいるポケモンのみが表示される。ただし、ポケストップから離れた場所にいるポケモンは、表示がされないので注意。, 現実の風景にポケモンを写して撮影できるARモードがAR+に進化!本来の仕様に加え、ポケモンを見下ろしたり、横に移動することができるようになり、より実際に現われたように見ることができるようになった。, 今まで訪れたことがないポケストップに輪っかが付いた。この輪っかがあるポケストップを回すと、250XPもらうことができる。なお輪っかは一度回すと消え、復活しない。, 捕獲とポケストップにデイリーボーナスが追加され、最高で7日間連続のボーナスがある。7日目はボーナスが豪華なので、毎日欠かさず1回は捕獲しポケストップを回そう。, ポケモンに性別機能が追加されて、図鑑でも確認することができる。ポケモンによってはオスとメスで姿が違う。, ポケモンの技が変更になった。そのため今は覚えられない技(通称:レガシー技)が存在する。, 以前にもあったアバター機能だが、以前より数が多くなった。また課金で入手ができるアバターも追加された。, 2km、5km、10kmタマゴごとにグループ分けされており、各距離別ごとにどのポケモンが孵化するか決まっている。ただし、不定期に生まれるポケモンが入れ替わることもある。, FaceBookでポケモンGOのアカウント作成が可能になった。複数アカウントを紐付けておけば、データを失うリスクを少なくできる。, ©Pokémon.