逆seoとは、 企業の誹謗中傷を目的としたネガティブサイトの検索順位を下げる手法のこと です。 基本的な逆seoの手法としては、ネガティブサイトに対して直接何かするのではなく、自分のサイトを最適化してネガティブサイトの順位を上回るようにseo対策を実施することとなります。 ただし、Googleはページの公開日時などのデータを基に、どのサイトがオリジナルなのかを判断しますので、思うように順位に影響しない場合もあります。, マルウェアなどのウイルスに感染したサイトは、Googleから危険なサイトと判断されてしまい、検索順位を大きく落とします。 Googleのペナルティ対象となるのは、同じIPアドレスや同じドメインからの大量のバックリンク、同じアンカーテキストを使ったバックリンク、コンテンツとまったく関連のないサイトからのバックリンクなどです。 また、ウイルスに感染したサイトから、バックリンクを受けるとサイトの評価は下がります。 不自然なバックリンクを見つけた場合は、Google Search Consoleのリンクの否認ツールを利用すれば、Googleからはそのバックリンクがないものとして評価してもらうことが可能です。, Googleは、ユーザーが検索した際に、その検索意図を汲み取って最適な検索結果を表示しようとしています。 なので、ネガティブサイトが消える(検索結果から削除される)わけではないので、悪意のある情報を根絶するという完全な対策までには至らないでしょう。, このような風評被害対策(誹謗中傷対策)においてベストなのが、当事者に依頼して、ネガティブな情報の削除にその当事者が素直に応じてくれることです。 hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(53, '81acfd97-97ab-4cd2-b089-05387ae90178', {}); hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(53, '6e34168f-dd2f-41a8-bf2c-11776216f130', {}); SEOとは?成果を出すために理解するべき8つの重要指標を徹底解説【2020年最新版】. また、まったく同じアンカーテキストを大量に使ってリンクするのも、ペナルティリンクの手法です。 もしこれが厳しい場合に、Googleからコンテンツ削除するといった法的措置や逆SEOという選択肢があるということを念頭に入れておくといいでしょう。, ネガティブサイトの順位を下げるべく、逆SEOに取り組む前に意識しておかなければいけないことがあります。

また、違う言葉をアンカーテキストに使うと、より効果的なバックリンクにすることができます。, 逆SEOの手法のなかには、犯罪にあたるものもあり、決して勧められるものではありません。 ©Copyright2020 記事ブログ.All Rights Reserved. 他のサイトがやっていることをしないのであれば相対的にマイナスでもあるので、一度サイトナビゲーションを見直してみてはいかがでしょうか。, 【インタビュー】コンサルティング事例/コンテンツマーケティング開始10ヵ月でオーガニック検索からの流入3倍以上を達成!, 浅草のオーダースーツ専門店「Fashion AT Men’s」のWebコンサルティングをサポートしています – アサカ株式会社. アフィリエイトの怖さは、いきなりおとずれるGoogleのアルゴリズム変更です。2017年では、健康関係の順位変動があり、アフィリエイターたちを震えさせました。今回の話題は2018年3月某日、いきなり恋愛系の順位に大幅な変更がありました。たと しかも、効果がでなければ、その手間もコストもすべて無駄になってしまうのです。 まったく同じコンテンツのページが複数あると、Googleはどちらのページを表示すれば最適なのかを判断するのが難しくなるのです。 Googleは、不定期でページの評価制度を変更する「アルゴリズムアップデート」と呼ばれる変更をおこなっています。, このアルゴリズムアップデートにより、特定のキーワードで上位表示されていたページ(=いいページだとそれまで評価を受けていた)が大幅に順位を下落するということが、Google検索ではあります。, これは大規模な法人のサイトであれ、個人規模の小さなブログであれ、1ページのみで運営するペライチなどと呼ばれるサイトであれ、すべてのサイトが対象におこなわれるため、すべてのサイトオーナーが意識すべき事柄です。, なぜGoogle検索では大幅な順位変動が起きるのか、この記事の本題に入っていきます。, Google検索で大幅な順位変動が起こる原因としては、先ほどご紹介したアルゴリズムの変更に原因があることがほとんどです。, Googleでは年に1~2回ほど不定期に検索アルゴリズムの核となる部分をアップデートしています。, この大規模なアップデートの影響によって、これまで評価されていたページが評価されなくなったり、評価されていなかったページが評価されるようになったりするのです。, 大規模なアップデートが起こらずともGoogle検索の順位は日々変わっていますが、これもアルゴリズムが日々変更(アップデート)されているためです。, しかし、この年に1~2回ほどおこなわれる大規模なアルゴリズムアップデートは、これまでの常識とされていたような事柄も変更されることがあります。, そのため近年では、名前がつくほどの大きなアルゴリズムアップデートは事前にアナウンスされるようになりました。, そのままの説明になってしまいますが、内部の要因はサイト自体の構造や試作に問題の原因があって順位が下落するケース、外部の要因はサイトに直接的な原因があるわけではないものの何かしらの要因によって順位が下落するケースです。, 本来であれば被リンクはSEOにポジティブな影響を与え、サイト(ページ)が高品質であるとGoogleが判断する一つの要素です。, 過去、SEO対策として被リンクを業者などから購入し、大量の被リンクを自サイトに集めることで検索上位をとることができていました。, しかし、ペンギンアップデートと呼ばれるGoogleのアルゴリズムアップデートによって、現在ではスパムと思われる低品質な被リンクはかえってサイトにネガティブな影響を与えるようになっています。, この低品質なリンクがサイトに集まってしまう原因としては、以下のようなケースが考えられます。, このように、自身(自社)で被リンクを購入する明らかなスパム行為の他にも、意図しない低品質な被リンクが気づけば集まっていることがあり、それがアルゴリズムアップデートのタイミングで一気に順位に悪影響を与えるというのが一つ目の外部要因です。, 過去にリンク施策をおこない、現在はすでにクリーンなサイト運営をしていたとしても、Googleのアルゴリズムアップデートの何かのトリガーに引っ掛かり手動ペナルティを受けているというサイトを複数見たことがあります。, 被リンクを集めることはSEO対策で非常に重要ですが、購入や自作自演の被リンクをサイトに集めるのは絶対にやめましょう。, あくまで自然に他のサイトオーナーが引用や参考にしたくなるようなコンテンツを制作して被リンクを獲得するというのが、SEO対策の基本です。, Googleが検索キーワードごとに表示する検索結果は、ユーザーの「検索意図」を満たすページを上位に表示するようになっています。, 検索意図とは、ユーザーがなぜこのキーワード(クエリ)で検索したのか、その意図のことを指します。, 例えば、「クレジットカード おすすめ」という検索キーワードと「クレジットカード 作り方」という検索キーワードでは、同じクレジットカードに関するキーワードではあるものの、検索意図は異なります。, このように検索キーワードには検索意図がそれぞれ存在し、その検索意図を満たすページがGoogle検索で上位表示されるというわけです。, 2019年以前は「コロナ」で検索すると「コロナビール」や「コロナ○○(社名)」などのページが表示されていましたが、2020年現在は「コロナウイルス」に関するページが表示されるようになっています。, これは「コロナ」というキーワードで検索する人は「コロナウイルスに関する情報が知りたい」とGoogleが判断し、実際に多くのユーザーがそれを求めているということです。, このようにユーザーの検索意図が変化することによってもサイトの検索順位は大きく変動します。, 3つ目の外部要因が、単純に自身のサイト(ページ)よりも他サイト(ページ)が評価されるようになったためです。, 新規のページを作成し既存の他サイトよりも評価されたケースもあれば、アルゴリズムアップデートによって評価制度が変更され他サイトの方がいい評価を受けて順位が変動するケースもあります。, 検索エンジンを提供するGoogleとしては、ユーザーにとってより良い検索体験をしてもらいたいと考えているため、自身のサイトよりも他のサイトの方が評価された時、順位が下がってしまうのはいたって自然なことといえます。, 外部要因は自身で対応しにくいケースもありますが、内部要因であれば自身で改善を重ねていくことで下落した順位が元に戻る、もしくはより上昇することもあります。, そのため、まずはサイト内部の下落要因を対策していくことが優先といえます。(下落が外部要因だとはっきりしている場合は、これに限りません), この後にもご紹介しますが、2018年3月以降に複数回おこなわれているコアリズムアップデートでは、具体的なサイトオーナーの対応策が明言されていません。, 唯一明示されているのが「より良いコンテンツを継続して更新していくこと」という点です。, つまり、より良いコンテンツになるようにページをブラッシュアップし続けることがいい評価につながるということです。, より良いコンテンツの考え方は人によっても異なりますが、確実に言える一つの要素として「情報の新しさ」が挙げられます。, 同等程度の情報であったとしても、それが1年前の情報と1週間前の最新情報であれば、最新情報である後者の方がユーザーにとってより良いコンテンツであることは明白です。, 新規のコンテンツを作っていくことも重要ですが、より多くのページで高い評価を受けるためには、情報が古くなってしまったページをリライトするなどして、最新情報にしていくことも重要な施策といえます。, 近年のGoogleは、E-A-Tと略される3つの要素でコンテンツの評価をおこなっています。, このE-A-Tを高めることが近年のSEO対策では重要とされており、アルゴリズムアップデートを重ねるたびにその傾向は強くなっていると感じます。, 企業がリソースや費用をかけて作り上げたコンテンツはやはり専門性が高く、企業ということでその業界で権威も持っており信頼もできます。, しかし、個人ドメインでどれだけ記事を作りこんで専門性の部分を担保したとしても、個人であるため権威性はなく信頼できる情報なのかも不明です。, そのため、2020年現在のGoogle検索ではもっぱら企業ドメインの方が上位表示されやすく、どれだけいいコンテンツになっていたとしても個人ドメインであるがために上位表示されていないケースを目にします。, しかし、これは企業と個人という差のみで判断されるのではなく、もちろん企業ドメイン同士でもE-A-Tによる差が発生します。, その結果、自身のサイトの信ぴょう性が低いと評価されてしまうと、検索順位が大きく下落してしまう要因となります。, スマートフォンの普及や動画や画像を主としたSNSの普及により、ユーザーが求めるコンテンツは多様化しています。, そのため、テキストのみではなく画像やイラストで図解されているページの方が評価されたり、時には動画が冒頭に設置してありテキストはほとんどないページが評価されたりもします。, このような背景がありながらもテキストのみで作成されているページはユーザビリティが高いとはとてもいえません。, また、ページの表示速度もユーザビリティに影響しますし、明らかに邪魔な広告(画面を覆うほどのサイズやバナーと場所が異なる広告など)もユーザビリティの低下を招きます。, 加えて、2020年5月28 日には、ページの表示速度や操作への反応性、視認性の良さなどを評価項目としてさらに重視するという「Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)」が発表されました。, Googleウェブマスターセントラルブログ「Evaluating page experience for a better web」(英字), Core Web Vitalsの発表からも分かるように、今後はユーザーにとってより良いコンテンツだけではなく、より快適な検索行動という観点も重要になってくることが分かります。, ここまで、Google検索で大幅な順位変動が発生する原因について解説してきましたが、過去に実施されてきたアルゴリズムアップデートから学べることは非常に多くあります。, 過去のアルゴリズムアップデートでは、常識とされていたものが突如としてペナルティ扱いになったこともあるため、過去のアップデートを知っておくことで「やってはいけないSEO対策」を理解できます。, すべて覚える必要はありませんが、どんな変更点が加えられてきたのかを把握しておきましょう。, この記事では、Google検索で大幅な順位変動が起きる原因についてご紹介してきました。, これまで、ブラックハットSEOと呼ばれるアルゴリズムをハックするような手法や施策は、ペナルティが与えられてきたことは時代から学ぶことができます。, そのためサイト運営、そしてSEO対策は、ユーザーのことを考えてより良いページを作っていくことが重要となります。, 何かの施策をおこなう際も、「この施策はユーザーにとって有益なのか」という視点を忘れないようにしましょう。, センターグローブ(記事作成代行屋)では良質な記事を作成いただけるライターさんを募集しています。, 在宅でのお仕事ですので、ライター1本で生計をたてたい方はもちろん、お仕事をされている方の副業としてもご活用いただけます。, ご興味がございましたら、下記から詳細説明をお読み頂きまして、よろしければ応募フォームからご応募ください!. 2014.07.25 基本となるユーザーファーストを考慮したSEO対策のポイントについては以下記事でまとめてますので、ぜひ合わせてご覧ください。 マーケティングオートメーション(MA)ソフトウェア。無料プランからプレミアムプランまで, ハブスポットはお客様のプライバシー保護に全力で取り組んでいます。ハブスポットは、コンテンツ、製品、サービスに関連する情報を配信するため、お客様から提供された情報を利用します。この情報配信はいつでも停止できます。詳細については弊社の「プライバシーポリシー」をご覧ください。, 企業のWebサイト運営を担当していると、ほぼ確実にSEO対策に取り組むことになるのではないでしょうか。SEOは「検索エンジン最適化」と訳され、検索エンジン経由の自然流入を増やすための施策です。. これを防ぐためには、サーバー上のセキュリティ対策をしっかり行う、相互リンクを行う際は相手のサイトをチェックするなどの対応が必要になります。

ホーム > SEO情報 > 【Google非推奨】サイトの検索順位を下げる4つの要因, 内部対策やサイト構成を考える際には、サイトのナビゲーションをシンプルかつ分かりやすいものにすることが重要です。SEO対策になることはもちろん、ユーザビリティを上げるためにも役立ちます。 なぜかというと、ネガティブサイトが再度上位化したり、検索意図の変化によりGoogleアルゴリズム調整が施され自サイトの順位が下落して、逆SEOの効果が薄れる可能性があるからです。

逆SEOの手法は、基本的にはGoogleのペナルティを誘うブラックな方法なので、行う際には慎重に考慮することが大切です。 また、セキュリティソフトによっては、そのサイトにアクセスしようとすると警告を発することもあるので、サイトの表示回数を大幅に減らすことができます。 そこで、誹謗中傷が書かれたページを目立たせなくするために、逆SEOが効果的な場合もあります。 誹謗中傷や悪口の内容が、明らかに名誉毀損や業務妨害などの罪に該当する場合には、然るべき方法で管理者に削除を依頼すべきです。

(引用:検索エンジン最適化スターターガイド), パンくずリストに関しての詳細は、過去記事『ユーザーにも内部対策SEOにも? 今導入すべきパンくずリストとは』をご確認ください。, ユーザーが目印にできるパンくずリストを奪って「迷いの森」ならぬ「迷いのサイト」をつくり上げることは、SEO対策にも影響するので注意しましょう。, クリック数が増えるにつれてクロール頻度は減っていき、全ての記事を網羅されなくなっていきます。また、ユーザーが目的のためにクリックする回数にも限りがあります。多くとも4回のクリックですべてのページへと到達できるようにしましょう。, 無駄にクリック数を増やすことは、途中で離脱するユーザーを生み出してしまいます。また、トップページから遠ければ遠いほどインデックスまでの時間を長引かせ、検索順位を下げる要因ともなります。, Googleクローラーの手がかりであるXMLサイトマップを用意しなければ、自然と見逃されるページも発生しやすくなります。, 用意はしているものの最新のものではない場合も、追加した部分はクローラーが自力で見つけ出す必要があります。そのため「用意してあるから良い」というわけではありません。自動で更新する方法もありますので、最新のXMLサイトマップを維持できるようにしましょう。, ユーザーに直接関係しないところではありますが、クローラーに迷子になられて困るのはサイト運営者です。, プラスとして紹介するなら当たり前のことでも、意外と忘れられていることはあります。 本当に逆SEOが必要なのかを、しっかりと検討しましょう。, SaaS・PaaS・IaaS・MaaSとは?変革するビジネス界を生き抜くための基礎知識, サングローブのサービスにご関心のある方は、 コピーページを大量に作っても、作成したページのみがペナルティ対象となって、オリジナルには影響を及ぼさない可能性もあります。 検索順位を上げてアクセス数UPを狙いたいという初心者の方に向けて、Google Seach Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法、使い方についてシンプルに手短に解説。これからSEO対策を始めてみようという方はぜひご覧ください。 削除依頼をしてもそれが公開されると、隠蔽行為と捉えられて、かえって火に油を注ぐようなことにもなりかねません。 そのため、かつては自分でバックリンクを大量に貼ったり、バックリンクを購入したりするような手法も行われていました。 この場合、まず該当の検索クエリでインデックスされるように、そのキーワード(検索クエリ)に特化したWebページを作成する必要があります。, 先述しましたが、このWebページを作成する際に、Googleガイドラインに準拠したユーザーファーストのWebページを作成することが、自サイトを上位化させるポイントとなります。 Googleの検索順位が下がりやすくなる要因についてまとめました。これらはGoogleで推奨されていないものであるため、せっかく行ったSEO対策を阻害してしまうサイトナビゲーションです。運営しているサイトに当てはまる項目がないかどうかチェックしてみましょう。 もし、事実であれば、それを改善するほうが急務になるでしょう。 いつでも下記のボタンからお問い合わせください。, As Best Creative, Do Everything For a Goal…. Google検索で大幅な順位変動が起こる原因は内部要因と外部要因、アップデートの3つにある, 低品質なページの順位を下げて高品質なページの順位を上げる、SEOの基本ともいえるアップデート, ブラックハットSEOをおこなっているサイトの検索順位を下げるためのアルゴリズムが追加されたアップデート, ユーザーが検索する位置情報によって検索結果が変化するアルゴリズムが追加されたアップデート, 医療や健康などのコンテンツは信頼性や正確性などを重視するアルゴリズムが追加されたアップデート, パソコンではなくモバイルページを基準にページの評価がおこなわれるようにするアップデート, 検索クエリの文脈をAIによって理解し、より検索意図に適したページが上位表示されるようになるアップデート.