ただ、私の大先輩にあたる一戸寛氏はキャンディ金塗装のHOWTOをボークスのグレートガレージインジェクションの1/100パトラクシェミラージュでやっていたので、それにくらべたら私なんてめちゃくちゃ楽させてもらっているわけで、こんなことで文句言ってたら大先輩に顔向けできない!!! 【短期集中連載】A.O.Z ティターンズの旗のもとに 復刻セットレポート Vol.02~テストショット紹介編~, トピックス お褒め頂き感謝ですm(_ _)m 今回は月刊ホビージャパン2016年10月号にて製作した、HGリヴァイブの百式を紹介します!, この作例は「最新マテリアルを使って金塗装を解説するHOWTO企画」の教材として製作したのですが、正直話がきたときは「げげげ!! この時もやはり薄く素早くやらないと余計に塗料を溶かしてしまって別のところに薄い部分ができたり筋が残ったりします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 制作自体はかなり前ですが、レビュー記事をアップしていなかったので、改めて撮影・手を入れた箇所を思い出しつつ、記載を進めていきたいと思います。また、制作過程を思い出すにあたり、下記サイトのレビュー等も参考にさせて頂きました。ちなみに、Amazonは購入時に1400円前後でしたので、近日は在庫量からか、値上がりしているようですね。, 細身で長身のヒーロー体系ですね。足がヒール型になっているので、百式タイプと比べて、よりスタイリッシュに見えます。設定の全高も19.9mと、やはり1stガンダム(18.0m)と比べると高くなってます。, キット自体は紫と白、グレイとシンプルにまとまっていますが、今回はトリコロールカラーで塗装してみました。また、バックアップはメガランチャー(武装時)として別キットの為に制作しておりましたので、そちらにカラーリングを合わせています。, 特に大きなことはせず、キットのままで組んでも、気になる所はそう多くありません。百式のように脛の所にシリンダーが露出していますので、ここに手を入れると効果的ではと思うくらいです。あとは細かくメタリック色を入れるとかですね。また、部分塗装として、細かなモールドを塗り分けていくと、情報量も上がって引き締まってくるかとも思います。, 合わせ目はディティールの一部となっていたり、うまく目立たないように工夫がされていますが、出る所は出てしまいます。今回は面倒に見えるところは手を加えず、ある程度の所で妥協しています。, 黄色いパーツの下の所です。ポリキャップを挟んでの合わせ目処理が必要です。今回はちょっと処理が緩かったかも知れません。, ※ただ、手のパーツを入れ替える際にストレスがかかり、きっちり合わせ目を消せたと思っても、その際にまた出てくる、ということがあるようにも見えます。そう考えると非常に難しい部位であるかも知れません。, モナカです。グリップを挟み込んでの処理になりますが、グリップは後ハメ処理が容易ですので、やりやすいかと思います。, 組んで目立つ所を主に記載していきます。今回はほとんど処理していません。ほとんどが挟み込みとなり、後ハメも困難ですが、そこまで大きな面積(露出)ではない為、見過ごせるものが多いのでは、と思います。, 脇腹部は腕である程度隠れますが、フェイスの合わせ目はガンダムタイプの宿命ですね……。諦めてモールドのように考えています。, 前腕で使用した画像と同じものです……(写真の撮り忘れ)。稼働部であり、かつ挟み込みとなるため、ここも難しいです。, こちらはウイング部分のほとんどが挟み込みとなります。ただ、後ハメも出来そうです。実を言うと、カラーリングの箇所でも触れました通り、バックパック部は当初、別キット(ハイモック)の為に手早く作成した経緯があり、ほとんど手を入れませんでした。合わせ目はほぼ未処理です。, 細かいワンポイント箇所の部分塗装は必要ですが、大まかな色分けは出来ています。部分塗装はディティールアップとして考えると、モチベーションにもつながるのではないでしょうか。また、全体的にパーツ同士の干渉箇所が大きいです。パーツの削り込みか、もしくは塗装面を薄くするなどの配慮(クリアランス処理)が必要となります。, そして、当作品において、私はサーフェイサーを使用しないので、白色部分は三度以上の塗装になってしまい、結果として塗装面がかなり厚くなりました。稼働だけで剥げる所もあり、完成からほとんど動かしていないにも関わらず、白色のパーツの部分は所々に色剥げが出ています。, 先にパーツ取りとして、バックパックを作成してしばらく本体箇所は放置していましたが、折角なので、と作成した背景があります。作りこみは甘い所がありますが、一度はやってみたかった百式系のトリコロールカラーとして、なんとか形に出来たのでは、と思っています。ただ、色剥げが大きいのは、手間を惜しんだとはいえ、ちょっと悔しい所ではあります。, 可動性や遊びとしてのスペックはかなり高いと思います。ですが、しっかり塗装した作品をガシガシ動かすのは、ちょっと怖いかと思ってしまう次第です。, よくよく考えると、バックパックが大型化したキットの作成はあまり経験がありません。確かRGのジャスティスはなんだかんだでポーズ付けて自立出来ましたが、こちらはちょっとサポートがあった方がいいかな、と思った次第です。とはいえ、プロポーション、オプションバリューなどはかなり高いレベルにまとまっています。メッキされていないので、デルタガンダムのパーツ取りとしても利用されているようですね。, 以上、最後までお読みいただきありがとうございました。当記事が何らかの参考になりましたら幸いです。, HGBF 1/144 百万式 (MEGA-SHIKI) (ガンダムビルドファイターズトライ), 一パーツごとに、持ち手を付けて、エアブラシにて水性ホビーカラーにて塗装(全パーツ二度塗り)、一部パーツは三度塗り, 乾燥後、擦り合わせ(ねじって塗料を削ったり、塗料をデザインナイフで削り出したり)した後、組み立て. hguc 百式リバイブ 完成しました!今回もポージング付きで完成レビュー!まずは立ちポーズからやっぱりゴールド塗装は良いリバイブ百式はnaoki氏リファイン+後継機のデルタプラスのデザイン感を取り入れているためか、全体的にスマートで立ちポーズもaラインで決まるようになっています。 ゲームズワークショップの「モールドライン・リムーバー」!!!. ぱっと見、黄色に見えるのですが、 ブログを報告する, 【HG-REVIVE MSN-00100 百式 ガンプラ製作記<1>】キット紹介と下地塗装開始, 【HG アトラスガンダム ガンプラ製作記 <5>】腕部塗装と製作そして本体部分完了!, 【MG MSN-00100 百式 Ver2.0 ガンプラ製作記 <2>】脚部フレーム関節部分の製作, 【HGUC NZ-666 クシャトリヤ ガンプラ製作記<3>】下地、裏塗りの続きと脚の組み立て, 【RG ユニコーンガンダム ガンプラ製作記 <7>】腕部と頭部フレームの組み立てと全身フレームの完成, 【RG ユニコーンガンダム ガンプラ製作記 <6>】胴体フレームの組み立て(注意点あり!). HGUC 百式が完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます。今回製作したHGUC 百式は、いつもにも増して細かい箇所に手を加え、できるだけおもちゃ感のでないような感じに仕上げてみました。

光をうまく反射するようで、きちんと金色に見えます。 (c)GAINAX・カラー/EVA製作委員会 (c)GAINAX・カラー/Project Eva.

⇒駿河屋でHGUC百式を探す 百式祭りをはじめます! 同時製作で、このhg-reviveとmg ver2.0をレポートしていきます。 mg-ver2.0は外装の塗装をしないぶん、工程がやや少ないので、塗装をするreviveから先行して製作していきます。

ガンダムやガンプラに関するいろいろな情報を更新しているサイトです。ガンプラレビューをはじめ、わかりやすい製作方法などを紹介。PVは2000万PV以上!, 製作① 改修・合わせ目消し ⇒ 製作② 後ハメ加工・プラ板を使ったディテールアップなど ⇒ 製作③ 裏打ちパーツ、メタルアンテナの追加など ⇒ 製作④ 塗装その1(百式ゴールドとつや消しについて) ⇒ 製作⑤ 塗装その2 ⇒ 製作⑥ スミ入れ、デカール貼り、裏打ちパーツ取り付けなど ⇒ 製作⑦ 頭部センサーのクリアーパーツ化、メタルバーニア取り付けなど, HGUC 百式が完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます。今回製作したHGUC 百式は、いつもにも増して細かい箇所に手を加え、できるだけおもちゃ感のでないような感じに仕上げてみました。, 改修は、腰部アーマー類の裏打ちパーツ作成や頭部アンテナのメタルパーツ化、すねシャフトパーツのシリンダー化、各部にスジボリやプラ板、マイナスモールド、メタルバーニアの追加といったディテールアップに加え、さらには頭部センサーにフィニッシュシートやクリアーパーツを使用するなど、各部に多数の細かい改修を加えています。, また塗装に関しては、外装にMr.カラーから発売されている百式専用カラーの『百式ゴールド』を使い、ゴールドの輝きを損なわないよう少し弱めのつや消しを使って仕上げました。その他にもゴールド塗装の下地にエヴォブラックのサフ入下地用塗料を使用したりと、製作、塗装に関してもしっかりと作り込めるような内容になっていると思います。それではまず塗装・改修後の画像からどうぞ。, MG百式Ver.2.0と同様に、全体的にスタイルのいいHGUC百式(REVIVE版)ですから、プロポーションの変更は特にせず、各部のディテールアップに力を注いだ感じになっています。一見すると外装のゴールドや各部を塗り分けただけっぽくも見えますが、細かいところに手を加えることで全体的な印象が一味違った味のあるものに仕上がっていきます。, 今回は外装ゴールド塗装の下地として、サフ入りの下地材エヴォブラックを使用しました。これによってヤスリがけや改修時の傷を隠すだけでなく、塗装の発色効果を一度に得られるようにしています。そしてサフの効果によって外装パーツにざらついた質感をつけることで、プラ素材っぽくない鉄質の表面を再現させています。, また、スネのシリンダー部分を白に塗り分けることで、清潔感と同時にカーボンっぽいちょっとした味のあるカラーリングをおしゃれに表現してみました。スジボリやプラ板追加部分などは若干製作の甘さもあるかと思いますが、その点に関しては次回作への課題としたいと思います。, それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。, ○外装ゴールド部分:百式ゴールド100%(Mr.カラー) 製作記 キャラクターモデル ガンプラ. ○青色部分:インディーブルー45%+パープル43%+ジャーマングレー12%(ガイアカラー) 綺麗に仕上がってくるとモチベも上がるので、じっくり取り組みます♪, HGUC 200 機動戦士Zガンダム 百式 1/144スケール 色分け済みプラモデル, ashana07さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

薄くした塗料を薄く何回も重ね塗りをします。 !」とか思っていたのですが、やってみると意外となんとかなり、学びも多く自分のスキルアップに繋がったので思い出深い作例となりました。, ホビージャパンのプロモデラーやってて楽しいな~ って思うことの一つに、普通に自分が生活していたら絶対に作らないようなプラモデルを作る機会があることです。, この作例が「キャンディ塗装とか難しすぎ!!!」って先入観を持っていた昔の自分のようなモデラーさんの参考になれば幸いです。. つや消し前にエナメルのジャーマングレイやフラットブラックなどで塗っておくといいかもですね。. 下地処理から含めたより詳しいHOWTOはホビージャパン2016年10月号に掲載されているので、ぜひとも参考にしてみてくださいね!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ○下地:エヴォブラック、エヴォホワイト(ガイアカラー) ドロドロではなく、サラサラ。 ではまずは、MG百式Ver2.0の塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。 塗装後(アフター) 塗装前(ビフォー) 本来のランナー金メッキは素組み画像をご覧いただくとわかるかと思いますが、やや明るめのゴールドを使用してあります。 このままでもいいかなと思ったのですが、 こんにちは!プロモデラー林哲平です!! 今回は月刊ホビージャパン2016年10月号にて製作した、hgリヴァイブの百式を紹介します!金塗装は辛いよ! この作例は「最新マテリアルを使って金塗装を解説するhowto企画」の教材として製作したので

ラメっぽくも見えるのですが、つぶつぶ感はありません。 ちなみにこの「カラーメタリックキャンディ塗装」は私のオリジナルの技法ではなく、ホビージャパンで一番メタリック塗装が上手いメタリックマイスターの鈴木政貴氏の技法を真似たものです。 氏のメタリック系の作例だと、ホビージャパン2011年12月号に掲載されているガフランが非常に素晴らしいので、気になる人はぜひバックナンバーを見てくださいね!!! また次回の作品を楽しみにしています。 外装パーツはメッキ塗装ではなく、プラ自体の色です。 水ですね。

筆圧なども微調整しながら塗装面を慣らす感じでやると上手くいくことが多いですね。, 塗装してて気がついたのですが、成型色のままだとエッジがゆるい感じがしてたのですが、塗装を進めていくとシャープな感じになっていきました。, まだまだ塗装は続きます。 全世界のガンプラファンにむけた、公式ガンプラ総合施設「ガンダムベース」の限定ガンプラです。『機動戦士Zガンダム』でクワトロ・バジーナの搭乗機として活躍した百式がゴールドコーティングとなって登場。特徴的なゴールドカラーを再現。ベストバランスのプロポーション、可動域の広さからポージングも高次元に再現可能。, オンラインショップ 百式祭りをはじめます! HGUC 百式 リバイブ 全塗装製作レビュー 1/144 HGUC 百式 リバイブ版の全塗装製作レビューです。仮組から基本工作、ディティールアップを行いエアブラシで全塗装しています。完成レビューでは仕上がった百式の… 製作レビュー. マジで超カッコイイです。

○ビーム・サーベル:クリアーイエロー50%+フラットホワイト50%(薄める)(ガイアカラー)

その結果、百式は非可変機として再設計され完成に至った。 脚部のフロート・アーマーや、背部のフレキシブル・バインダーなどに、可変機として設計されていたことの名残がある。 最大の特徴である「金色」の機体色は、耐ビーム・コーティング効果を持つ合成樹脂のエマルジョンの一種と� しっかり手を加えるとMGと遜色ないです。HGには全然見えません!

今回のプレバン品ですが、元は2004年に発売された「HGUC百式+メガバズーカランチャー」に同梱するメガバズ部分のランナーを流用し、それにコンロイ機用の新規造形パーツを加えた内容になっています。 今回の売りの一つ、水転写デカールがこちら。 「メガバズ本体用」「百式用の肩に貼る百マーク」のほか、ネェル・アーガマと共同戦線を張ったガランシェール隊のギラ・ズールに貼る味方識別マーキング章が付属します … キマリスでそこそこ上手く塗れたので、頑張ってみます。, 塗料はクレオスのGXレッドゴールドにしました。 塗料を薄めているおかげで筆筋はつきにくいですね。 Verk.aみたいに二色使ってみても面白いかなとは思いますので、後々全体を見つつ考えます(^o^). |

いつもねぎらいのお言葉、そしてサイトをご訪問いただき大変感謝ですm(_ _)m, REVIVE版の完成度もなかなか高いですし、塗装や各部にいろいろと手を加えていることもあって、 スーパーゴールドもランナーでテストしましたが、レッドゴールドと比べると渋い金色なので、ちょっとイメージと違う感じがしました。 ○コーティング:ガイアノーツEx-04フラットクリアー、スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶, 製作工程でもご紹介しましたが、今回はゴールド塗装部分の仕上げにガイアノーツEx-04フラットクリアーを使用しました。このクリアーは全体的にはつや消しですが、がっつりとしたものではなく、少しソフトなつや消しに仕上がります。なのでゴールドの発色を損なうこと無く、シックなメタリック系の色合いを美しく表現するにはなかなか適したコート用塗料になっていると思います。, 平手が付属していない分、左手に武器を持たせていないと少しポージングに締まりが無いかもしれませんね^_^; なので左手にもビームライフルやビーム・サーベル何かを持たせておいたほうが様になりやすいかもしれません。連邦系のビルダーズパーツハンドを使用して飾るのもいいかもです。, では最後に、今回もPC,スマホ用壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければHGUC百式の壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。, 今回は同じサイズの壁紙を2種類ずつ用意してみました。お好みでパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思います。, MG百式Ver.2.0と同様に、今回のHGUC百式(REVIVE版)もキットの一般発売に合わせてメガ・バズーカ・ランチャーがプレバンで発売されました。なので今回もこの百式本体と一緒にメガ・バズーカ・ランチャーも製作してみました。, なので次回はこのHGUC百式用メガ・バズーカ・ランチャーの製作工程をご紹介していきます。メガ・バズーカ・ランチャー製作工程ご紹介後には、この百式本体と組み合わせたメガ・バズーカ・ランチャーの画像もご紹介していきますので、そちらも合わせてお楽しみいただければと思います。, ⇒楽天でHGUC百式を探す 縞模様(ウェルド)だったり、パーツの裏側が透けてたりとメタリック素材色ならではの残念感が随所に見られるので塗装することにしました。, 我が家ではスプレーやエアブラシが使えないので、筆塗りです。 ○細かい筆塗り箇所:ガンメタル(タミヤエナメル)など ⒸLEVEL-5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京 ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ⒸPIKACHIN Ⓒ藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)サンライズ・プロジェクトゼーガ 東京急行電鉄株式会社商品化許諾済 江ノ島電鉄株式会社商品化許諾済 伊豆急行電鉄株式会社商品化許諾済 TM&(c)DC Comics(s05) Thunderbirds(c)WT Venture LLC.Thunderbirds is a trademark of ITC Entertainment Group,Ltd.Licensed by Universal Studios Licensing LLLP.All Rigths Reserved.

筋を溶かしつつ、薄いところを埋めていくように塗ります。 同時製作で、このHG-REVIVEとMG Ver2.0をレポートしていきます。 代わりに濃淡ははっきり出ます。 こんにちは!プロモデラー林哲平です!! 今回は月刊ホビージャパン2016年10月号にて製作した、hgリヴァイブの百式を紹介します!金塗装は辛いよ! この作例は「最新マテリアルを使って金塗装を解説するhowto企画」の教材として製作したので とMGの縮小版として、「もしRG百式が発売されたらこんな感じになるかな?」と想定して思わず徹底改修しちゃったんです♪, スネ外側にプラバンを噛ましてボリュームをつけ、細い脚部にグラマラスなメリハリをつけています。, あとは全体的なラインの調整とシャープ化を徹底し、塗膜が厚くなりがちな光沢キャンディ金塗装をかけても百式の持つ鋭角的な魅力を損なわないように注力して工作しています。, 頭部はMG Ver.2.0の百式を参考に、マスクを全体的に削り込んでよりシャープな顔立ちに。, 百式の頭部を作るときってどうしてもエルガイムやジュノーンを参考にしちゃうのはモデラーのサガですよね(笑), と、気がつくと大改修しちゃったのですが、発注では金塗装最優先だから改造とかしなくていいよ、と言われていたのでこの改造は自己満足なんです(笑), メタリック塗装ってコツをつかめばそれほど難しくはないんですけど、それまでが大変なんですよね。, なのでここではメタリックなキャンディ塗装に悩む人が少しでも減れば、と私流の「失敗しないカラーメタリック塗装のコツ」を解説していきます。, まず、表面処理は600番の紙ヤスリで仕上げたあと、Mr.サーフェイサー1500グレーを吹いたあと、1200番紙ヤスリで全身を磨き、さらに1500番サーフェイサーを吹いてパーツ表面を整えます。, パーツの状態で2000番とかまで磨いても塗料の食いつきも悪くなり剥がれやすくなりますし、仮に大きなキズを見逃していた場合、最初から磨き直しになります。, このあたりはカーモデラーが非常に詳しいので、カーモデラーのブログやHOWTO本を読むとわかりやすいです。, メタリックカラーを吹くときは、下地に黒を塗っておくと不要な光線が下地の黒に吸収され、上掛けされたメタリックの粒子が必要な光を反射しやすくなるので完成後の輝きがガラっと変わってきます。, アルティメットブラックは今市販されているブラックの中では一番キレイなグロスブラックなので、メタリック塗装するなら5本くらい常備しておいて損はありません。, キャンディ塗装の下地としてスターブライトブラス+スターブライトシルバーで作ったシャンパンゴールドを塗装します。, これまで百式などの金塗装ではシルバーの上にクリアーオレンジという手法が一般的でした。, ただ、エッジが多い百式に、均等にムラにならないようにクリアーカラーを上掛けするのってめちゃくちゃ難しんですよね。, ここでちょっと色味のあるゴールドを下地にしておけば、下地がゴールドなので多少色ムラが出たところで、ほとんと目立たなくなるんですよね。, 自身が無いならば下地の色味が濃ければ濃いほど色ムラはわかりにくくなるので、色味を調整して練習するとすぐに上達しますよ。, 溶け出しを防ぐために24時間くらいかけてメタリック地を充分に乾燥させたら、クリアーイエロー+クリアーオレンジ+Exクリアー+蛍光オレンジで上掛けします。, キャンディ塗装のポイントなんですが、クリアーカラーだけじゃなく、必ずクリアーを入れてください。, クリアー入れないとクリアーカラーの色味が濃くなりすぎて、ムラになりやすいんですよ。, 慣れない人ほどラッカー溶剤で濃淡を調整しようとするんですけど、溶剤での濃淡調整は非常に難しいのでクリアーの割合で調整してください。, これを入れておくだけで、光に当たったときになんとも言えない虹色のような反射が加わるので、キャンディ塗装をするときは入れておくと他のモデラーと差がつきますよ。, で、一番最後に大事なことなんですが、カラークリアーをうわがけしたあと、一番最後にExクリアーを吹いて全身をクリアーコートしておくこと。, カラークリアー吹きっぱなしだと表面の細かいヒケのため、どうしてもツヤツヤにならないんですよね。, 最後にクリアーがけすることでその細かいヒケがクリアーで埋まり、美しい光沢が生まれるわけです。, 自分も作る前は「百式で金塗装なんて死ぬ!!