やっと発見したギターが上手くなる理論、 練習方法、それが 「Hidenori流速弾き理論 」 です。 ギターが上手い人と上手くない人、どちらの方が多いでしょうか? おそらく、上手くない人の方が圧倒的に多いと思います。 その中には、昔の僕のように

Ameba新規登録(無料) ログイン. 日本のギター製造技術は世界トップレベルなのを知っていますか? 今回紹介するのはクオリティを極限まで追求する日本の新興ギターメーカー・ブランド。 クオリティを追求したギターをつくるには木材や部品の持つ音質を最大限に発揮させる必要があります。 YAH! ギター(英: guitar、西: guitarra ギターラ)は、弦楽器の一種で、フレットのついた指板、6本の(あるいは12本の)弦をそなえ、(典型的なものは曲線的な側板をもち)、指やピックで(弦を)弾(はじ)いたり掻き降ろすことで演奏するものである[1]。, (学問的には)弦楽器の中の「リュート属」に分類される。また弦を弾く(はじく)ことにより演奏する撥弦楽器に分類される[2]。, クラシック音楽、フラメンコ、フォルクローレ、ジャズ、ロック、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。, ギターはおそらくスペイン起源の楽器であり[3]、ヨーロッパ中世後期の楽器であるguitarra latina(=くびれた胴と4本の弦をそなえた楽器)をもとにして、16世紀初期に派生したものである[3]。初期のギターは、現代のギターと比べて Hugry Like The Wolf(originally by Duran Duran), 「Believer」「How Many More Times」「I Love]」「Last Train Home」「Longing(A Quiet Time)」「Not Fooling Anyone」「Running On The Winding Road」「, 1月13日 - 「ひとりのミュージシャンとして、いつかはやりたいと思っていた。」という, アリーナでのライブ『DEAD AT BAY AREA』を開催。10月3日に「WEST BAY」と称して, 4月26日 - 横山、難波、恒岡の3人が同時刻に【9.18 ハイ・スタンダード AIR JAM。届け!!

Hidenori (written: 秀典, 秀憲, 秀則, 秀徳, 英則, 英徳 or 英智) is a masculine Japanese given name. OH! もっと細身で厚みがあり、くびれの程度も少なかった[3]。そしてギターはビウエラという、スペインでリュートの代わりに演奏されていた、ギターに似た形の楽器と緊密な関係がある[3]。, もともとはギターは4組の弦を持ち、そのうち3組が2本で、残りが1本の弦だった。そしてヴァイオリンのような糸巻き(ペグボックス)をそなえ、つまり直接ペグの棒に弦を巻きつけていた[3]。共鳴板(=ボディー表側の薄くて振動しやすく音を増幅する木板、soundboard)にはサウンドホールという丸い穴があけられ、しばしば周囲が木彫りで装飾された[3]。16世紀のギターは各弦がC-F-A-D'に調律された[3]。なおこれはリュートやビウエラの、真ん中の4弦の調律と同じである[3]。, 16世紀から19世紀にかけてギターにいくつかの変化が生じた。1600年の前に5組目の弦が加えられた。18世紀の終わりころには6組目の弦が加えられた[3]。この弦の増加は音域を広げることにつながった[4]。またこのころ、弦に巻き弦が採用されることで強度が上がり、これを受けて複弦から単弦への移行が起きた[5]。こうして1800年以前に2本組の弦が、シングルの(つまり1本だけの)弦へと置き換えられE-A-D-G-B-E'という調律がされるようになった(そしてこの調律が現在でも標準的な調律になっている)[3]。こうしてこの時期、おそらくフランスかイタリアにおいて、現在使われている6単弦のギターが誕生した[6]。これによりギターの出せる音域が拡大し、楽器として広く利用されるようになった[7]。, ヴァイオリンに似た糸巻き(ペグボックス)は1600年ころに、わずかに後ろに傾いたヘッドの後ろにペグが配置される形になった。19世紀に単純なペグの代わりに金属製のネジが用いられるようになった[3]。, 初期のギターでは指板にガットを巻いて結んだフレット(tied-on gut)であったが、18世紀に指板にあらかじめ象牙や金属を組み込んだフレットへと変更された[3]。指板は最初はボディーに接するところで終わり(つまり共鳴板の上へは伸びず)、象牙や金属のフレットは初期には共鳴板の表面にも直接配置された[3]。19世紀に指板が(共鳴板の表面から遠ざかる方向に)わずかに高くなるように変更され、そして指板は共鳴板の上へ伸び、サウンドホールの縁まで延長された[3]。19世紀後半に入ると、スペインの名工であるアントニオ・デ・トーレスによってボディや丸みの大型化や弦の65cmへの延長がなされ、音質と音量が大きく改善した。彼の改良により、クラシック・ギターの基本的な形状はほぼ完成した[8][9]。, 一方、アメリカに伝わったギターは、19世紀中頃に在来のバンジョーの影響を受けて弦が従来のガットから金属弦へと変化した[10][11]。この変化により大音量の出せるようになったギターはバンジョーに変わってアメリカで人気のある楽器となったが、さらなる大音量化が求められて種々の試行錯誤が行われ、1920年代にはボディに金属の共鳴器を取り付けたリゾネーター・ギターが開発された[12]。, 上記のようにアコースティック・ギターは発展していったが、構造的に大音量化の限界に直面していた。この解決策としてアンプによって音量を増幅させることが考案され[13]、1930年代初頭にエレクトリック・ギターが発明され、普及していった[14]。当初のエレクトリック・ギターは通常のギターと同じく内部に空洞のあるものであったが、構造的にハウリングを起こしやすかった[15]ため、1950年には内部の空洞をなくしたソリッド・ギターが発売され[16]、以後エレクトリック・ギターの主流はこのタイプのものとなった。, フレットのついた指板と6本(あるいは12本。2本1組で6組)の弦をそなえ、(典型的なものでは、曲線的で、空洞のある)胴(=ボディー)をそなえる。弦の端はボディー側は駒(ブリッジ)が、ネック側にはナットが支え、演奏者によって弦が弾かれると、ブリッジとナットの間で弦が振動し、その振動がブリッジやナット経由でボディーに伝わり、ボディー全体が振動し(それによって弦の振動で生まれた音を増幅させつつ)音を出す。, ヘッドには、各弦の張力を調整をし各弦から出る音のピッチ(=音の高さ)を調整(チューニング)するための糸巻き(ペグ)がある。6本の弦は太さが異なり、演奏時にギターを持った時の上側が一番太く(ピッチが低く)、下に向かって順に細く(ピッチが高く)なるように配置する。, 大分類としては、弦の振動およびその音を空洞のある(箱状)ボディー(一種のヘルムホルツ共鳴器)で増幅させる「アコースティック・ギター」と、弦の振動をピックアップで微弱な電気信号として取り出し、それを増幅回路(アンプ)で電気的に増幅させる「エレクトリック・ギター」の2種に分類される[17]。, アコースティック・ギターは、主に使用する音楽によって差異が存在し、クラシックを中心にさまざまな音楽に使用されるクラシック・ギター、フラメンコの使用に特化したフラメンコギター、同じくフォークソングの演奏に主に用いられるフォークギターなどに分類される。このほか、ボディに金属の共鳴器を取り付けたリゾネーター・ギターや、エレクトリックアコースティックギターなども存在する。, エレクトリック・ギターは、その構造によって、ボディ内部が完全に中空となっているフルアコースティックギター、フルアコースティックギターに比べるとボディが薄く空洞も小さくなっているセミアコースティックギター、ボディ内部に空洞が存在しないソリッドギターの3種類に分類される。ソリッドギターの一部がセミソリッドギターに分類されることもある。, ギターの弦の本数は6本のものが主流であるが、他に4弦-5弦、7弦–10弦のギター、12弦ギター、18弦ギターなども存在する。また、ベースギターは4弦のものが主流であるが、5弦、6弦のものも広く使われ、1弦-3弦、7弦-10弦、12弦ベースなども存在する。, 弦の太さは「ゲージ」番号で表現し、通常、単位(ミリインチ)は省略される。1本ずつ、あるいは6本セットなどで販売されており、セットの場合、一番細い弦と一番太い弦の数字のみをつなげて数字4桁で呼ぶ(例:1弦 09 - 6弦 42 →「0942」)。, 弦の種類、材質や太さはギターの音色に大きく影響し、それぞれ独特の響きを持ち、ギターの音色や奏法のバリエーションを豊かで美しいものにしている。, クラシック(ガット)ギターでは高音側(1 - 3弦)にナイロン弦と呼ばれる柔らかい弦を用い、低音側(4 - 6弦)では細いナイロンの束を芯に金属線を巻き付けた弦を用いる[18]。, かつては羊の腸(ガット)などから作られたガット弦が用いられていたことから、クラシックギターは「ガットギター」と称された。第2次大戦後、戦災に疲弊したヨーロッパにおいてガット弦の製造が減少し、入手が困難となった。それを補うためにナイロン弦が開発され、アンドレス・セゴビアが使用したため、広く使用されるようになった。, 現在ではナイロン、フロロカーボンなどの化学合成繊維が主流であるが、近年ではガット弦の魅力も再評価され始めている。, フォークギターやエレキギターの多くはスティール弦と呼ばれるバネ状の金属(鉄、ニッケル、ステンレス、ブロンズ(青銅 : 銅と錫の合金)、フォスパーブロンズ(銅に少量リンを混ぜたもの)など)から出来ている弦を使用する。, このうち低音側の弦は、ガットギター用と同様に、細い金属の芯に金属線を巻き付けたもの(巻き弦)を使用する[19]。, いわゆるアコースティック・ギターでは「ライトゲージ」や「ミディアムゲージ」と呼ばれる3弦から6弦が巻き弦の物、エレキギターでは「ライトゲージ」や「エキストラライトゲージ」と呼ばれる4弦から6弦が巻き弦の物を使用するのが一般的である。, スティール弦の弦表面にエナメルやテフロンなどの薄い膜をコーティングした弦で、錆や腐食に強く、通常の弦よりも丈夫で長持ちする。手に汗をかきやすい演奏者や、頻繁に弦交換をしたくない演奏者に好まれる。価格は通常の弦よりも高額である[20]。, 各弦のチューニングも様々なものが使われている。通常は低音側(6弦)の弦から「E-A-D-G-B-E」(82.41Hz-110Hz-146.83Hz-195.99Hz-246.94Hz-329.63Hz)[21]とする「スタンダード・チューニング」が一般的である。このチューニング方法は「レギュラー・チューニング」とも呼ばれる[22]。, これは多くの曲に対応できて、数多くのコードや音階などを弾く場合のチューニングとして定着している。, また、以下に挙げるようなコードの構成音に従ったものは、一般的に「オープン・チューニング」と呼ばれ、それらを含めた特殊なチューニングは、「変則チューニング」と呼ばれることが多い。