5.It is important to master several foreign languages.

はじめて本記事を読む方は、まずは流し読みで良いので最後まで目を通してみよう。一致という現象の全体像がわかるはずだ。ライティング等で特定の情報を知りたい場合、目次から知りたい項目を参照してほしい。, この記事で「単数動詞で一致する」と言う場合、I speak Japanese.やShe speaks Japanese.のように、主語を単数扱いにする場合の動詞の形を指す。「複数動詞で一致する」と言う場合、We speak Japanese.のように、主語を複数扱いにする場合の動詞の形を指す。, 英語の1人称は話し手(IとWe)、2人称は聞き手(You)、3人称はそれ以外(He/She/ItやTheyなど)を指す。数(すう)は単数(1人/1つ)と複数(2人/2つ以上)のことを言う。, 集合名詞の詳しい使い方は別記事で解説している。より深く知りたい方はご覧いただきたい。, 一部の学問の名称は単数扱いと複数扱いの両様で用いられ、それぞれの意味が異なる。たとえば、politicsは単数扱いでは「政治学」、複数扱いでは「政治観」である。, (9)から(11)のように、複数形の名詞をひとまとめにして単数扱いにする用法は「集合単数」と呼ばれる。, 「all+of+集合名詞」に対する動詞の一致はネイティブスピーカーでも意見が分かれる。調査によれば、All of my familyに一致するbe動詞はisが良いと答えた人が55%、areが良いと答えた人が43%、無回答が2%だった(Larsen-Freeman and Celce-Murica)。, 『謎解きの英文法』によれば、None of you(youがofの目的語)の場合、複数動詞での一致(例: None of you are)が単数動詞での一致(例: None of you is)よりも5.4倍多く見られるという。論理的にはNone of you isでもおかしくないが、「… you is…」の部分にぎこちなさが感じられるのかもしれない。, 規範的とは言えないものの、現実には「every+one+of+複数名詞」を複数動詞で受けることがある。筆者が言語のデータベースで調べたところ、every one of usをis(単数動詞)で受ける事例が860件だったのに対して、are(複数動詞)で受ける事例は65件見つかった。, 以上のように、eitherとneitherは複数動詞に一致するという言語事実はあるものの、原則は単数で一致する。私たちのような英語の非母語話者の場合、念の為単数動詞に一致させたほうが無難ではなかろうか。, neither A nor Bを複数で一致させるのはカジュアルな会話で用いられるものである。かしこまった文体では単数で一致させるほうがよい。, not only A but also Bなど、動詞と近い位置の名詞句に一致することを「近接性による一致」という。.

まずは、ひたすら複数形のパターンを練習すること。どういう場面で複数形を使うのか、先に複数形の感覚を養うことが先決です。 その後で単数形のパターンにあらためて触れることで、より一層「単数と複数」の使い分けが頭の中で明確になります。ここでは、まずは複数形の例文でパター� 形式主語の文型はどうなるのか?と思う方いるかもしれません。このように思った時は元の文章(=主語が長々しい文章)の文型を考えてみると、理解が深まると思います。, 〝そうか! 第2文型 SVC だ。これを形式主語の文で書き換えただけだから、結局 SVC ということだ。〟, 〝It is natural to be interested in history.〟です。, 主語が長い場合は:『To be interested in history is natural.』になります。, 主語が長い場合は:『Driving to work is convenient.』になります。, 〝It is not surprising that the man can speak five languages.〟です。, 主語が長い場合は:『That the man can speak five languages is not surprising.』になります。, 〝It is doubtful whether she found the star first.〟です。, 主語が長い場合は『Whether she found the star first is doughtful.』になります。, 〝It doesn’t matter why you were there.〟です。, 英文を読んでいる時に〝It〟が出てきたら、形式主語の可能性をこれからは疑ってみて下さい。形式主語の可能性をシッカリ考える為にも、It isの後ろにどのような形が来るのか?知っておくことが重要です。, 長々した主語をみてもシッカリ訳すことが出来なければ、それぞれの部分の知識を確実に習得しましょう!, Copyright 2019 HOSHINO ENGLISH, All rights reserved. 主語と動詞の数の一致とは、英語の文をつくる際、主語の人称や数によって、動詞の形を変えることを言う。, たとえば、I like apples.(私はりんごが好きだ)で、主語をHe(彼は)にすると、He likes apples.(彼はりんごが好きだ)のように、動詞の語尾に-sがつく。, そこでトイグルでは、主語と動詞の数の一致について、詳細を解説していきたい。学習の参考になるはずだ。, 英語では、主語の人称(1人称、2人称、3人称)および数(単数、複数)によって、動詞の形を文法上、一致させる必要がある。, 一致のもっとも知られている例はbe動詞である。be動詞は人称と数によって、以下の変化をする(現在形の場合)。, 一般動詞の現在形では、「3人称×単数」では動詞の語尾に-s(あるいは-es)がつく。いわゆる三単現のsと呼ばれるものである。それ以外は、動詞の語尾はそのままの形となる。, 学習上問題になるのは、主語の人称や数の判断がしにくい場合である。たとえば、Economics(経済学)は語尾に複数形の-sがつくが、動詞は原則的に単数形で一致する。, また、文体によって、単数扱いと複数扱いのいずれも可能な場合がある。たとえば、either of X(Xのうち一方)は単数での一致が原則だが、くだけた場面では複数動詞で一致することがある。, 本記事の目的は、こうした難易度の高い一致を列挙しつつ、その背後にあるメカニズムを探ることにある。以下、具体例とともに見ていこう。, 集合名詞は人や物の集まりをあらわす名詞である。単数扱いと複数扱いのどちらにも使えるが、意味が異なる。, (1)は集合名詞familyが単数扱いで使用されている例である。単数扱いでは、その集合体が1つのまとまりとして捉えられる。例文は「(複数人の集合体としての)家族が重要です」の意味である。, (2)は集合名詞familyが複数扱いで使用されている例である。複数扱いでは、その集合体の個々の構成員を指す。例文は「家族(の構成員たち)がみんな音楽家です」の意味である。, (3)のscissors(はさみ)は、対をなす2つの部分から構成されるものである。このような種類の名詞は、他にもjeans(ジーンズ)やglasses(メガネ)があり、常に複数扱いとなる。, (4)のleftovers(残り物)は、異なる様々なものから構成される集合体である。このような種類の名詞は、他にもgoods(商品)やbelongings(所持品)などがあり、常に複数扱いとなる。, いくつかの名詞は、語形が複数にもかかわらず、動詞は単数形で一致するものがある。複数の集合体が個体を作るとみなされるからである。, (5)のeconomics(経済学)は複数形の語尾-icsで終わるものの、動詞は単数形で一致する。このような種類の名詞は他にも、mathematics(数学)やpolitics(政治学)がある。, (6)のThe United States of America(アメリカ合衆国)は複数形の語尾で終わるものの、動詞は単数形で一致する。このような種類の名詞は他にも、the Netherlands(オランダ)やthe Philippines(フィリピン)がある。, (7)のThe New York Times(ニューヨーク・タイムズ)は複数形の語尾で終わるものの、動詞は単数形で一致する。このような種類の名詞は他にも、The Times(タイムズ)やThe Financial Times(ファイナンシャル・タイムズ)がある。, いくつかの名詞は単複両用で使われる。たとえば、means(方法)は単数動詞と複数動詞のいずれにも一致する。, このような種類の名詞は他にも、data(データ)やheadquarters(本社)がある。, 時間・距離・金額などをあらわす複数名詞が、単数扱いで用いられることがある。(9)は時間、(10)は距離、(11)は金額をあらわす例である。, こうした用法が可能になるのは、時間・距離・金額などを、1つの「まとまり」として捉えているからである。Ten daysは「10日」というまとまりであって、「1日×10」を指すわけではない。他も同様である。, 次の表は、不定代名詞、あるいはそれを含む語が主語の場合の一致をまとめたものである。, (12)と(13)はallが単体で使用されている例である。(12)は単数扱い、(13)は複数扱いとなる。allの単独使用はかたい響きがある。, (14)と(15)は「all+of+名詞」の形で用いられている例である。このような場合、動詞はof語の名詞と一致する。(14)は不可算名詞なので単数扱い、(15)は可算名詞の複数形なので複数扱いとなる。, (16)と(17)はallが形容詞用法で用いられている例である。(16)は不可算名詞を修飾することから単数扱い、(17)は可算名詞の複数形を修飾することから複数扱いとなる。, (18)は「none+of+可算名詞の複数形」の形で用いられている例である。一般に、noneは複数動詞で一致すると言われる。単数扱いも可能だが、フォーマルでかたい響きがある。, (19)と(20)はnoが形容詞用法で使われている例である。動詞は主語の数に一致する。, 尚、none単体が主語になる場合も、複数扱いが一般的である。ただし、単数動詞で一致することもある。, (21)は「each+of+名詞」で用いられている例である。(22)のように「every+one+of+名詞(1つ1つすべて)」でも、単数扱いとするのが標準的である。, (23)と(24)はeachとeveryがそれぞれ、形容詞用法で使われている例である。どちらも単数動詞に一致する。, 尚、(25)のように、代名詞的用法のeachは名詞句から離れた位置に置かれることがある。その場合、動詞は主語と一致して、複数扱いになる点に注意したい。, (26)はsomeが単体で用いられている例である。「ある人たち」の意味なので、複数動詞で一致する。, (27)と(28)は「some/any+of+名詞」使われている例である。不可算名詞は単数動詞、可算名詞の複数形は複数動詞で一致する。, (29)と(30)はsome/anyがそれぞれ、形容詞用法で使われている例である。不可算名詞は単数動詞、可算名詞の複数形は複数動詞で一致する。, bothは常に複数で一致する。これは、bothのこれは「AとBの両方」の意味から明らかである。, (31)はboth単体、(32)は「both+of+名詞」、(33)はbothが形容詞用法で使われている例である。, 注: both A and Bのような相関接続詞としての用法は、後ほど『4-3. 英会話マスター脳という 1.5 形式主語 it; 1.6 強調構文 it; 1.7 形式目的語 it; 1.8 様々な it をラクに判別する方法; 1.9 冒頭の問題の解説; 1.10 重要文法用語まとめ; 1.11 その他 英文構造解析に役立つ文法項目; 1.12 まとめ; 英語 代名詞 〝it〟 使い方 知っておくべき5種類 . ・I think it dangerous traveling alone in the country. 5.何故あなたがそこに居たかは重要ではありません。 形式主語 it のポイント ・形式主語のポイントは以下になります。 ・ 形式主語の基本的な形を理解する。 ・ 形式主語になる前(=主語が長々した形)の文章構造を理解する。 また「it」は、時間・距離・天候・状態などにおける漠然とした無主的主語として使われます。このような「it」の用法には、「It's a fine day(よい天気だ)」「It's a promise(約束だよ)」「It's a deal(これで手打ちだ)」などがあります。, 代名詞は主として名詞の繰り返しを避けるために、その代わりとして用いられる語で、「it、I、he、theyなど」の人称代名詞以外に複数種類の代名詞があります。 ョン, オンライン英会話を使って上達するためのたった1つのポイント. この文を、形式主語をたてていない元の形に直すと 不定詞の名詞的用法が主語になる時、形式主語(仮主語)のitを用います。ここでは、形式主語の使い方とit is+to不定詞・動名詞・that節という構文の訳し方について例文と練習問題を用いて分かりやすく解 … ※aloneの使い方に自信が持てない方は〝aloneの使い方を理解するために必要不可欠なポイント!〟を参照してみて下さい。, このように英文中の目的語の位置に it を見つけた場合は形式目的語の可能性があるので要注意です。代名詞のit か形式目的語の it の区別をする必要があります。, ※形式目的語について更に詳細を知りたい方は〝形式目的語ー動詞との関係を理解している?〟を参照してみて下さい。, ・文章の中に it が出現し判別に迷ったら以下のように考えるとスムーズに判別できると思います。, ・代名詞や天気のitでない場合は形式主語か強調構文の it になるので不定詞やthatが文の後ろに無いか確認する。, ・文中の目的語の位置にitが出てきた場合は、代名詞(=それ)のit ではないか?確認する。, ・目的語のitが代名詞(=それ)でない場合は 形式目的語の可能性が高いので後ろに不定詞や動名詞などが無いか確認する。, 1番の問題〝It was very windy yesterday.〟ですが・・・, 2番の問題〝It was the day before yesterday that my uncle visited New York.〟ですが・・・, 元々の文章は〝My uncle visited New York the day before yesterday〟です。この中の the day before yesteday を強調する形になっています。, 3番の問題〝I found it easy to play the violin.〟ですが・・・, この場合の it は〝形式目的語のit〟になります。元々の文章は〝I found to play the violin easy〟です。目的語の部分が長い形になっています。, この場合の it は〝代名詞 it(=それ) 〟になります。think about の目的語の位置でit を使っています。, 5番の問題〝It is important to master several foreign languages.〟ですが・・・, 元々の文章は〝To master foreign languages is important.〟です。 To master foreign languages の部分が長い主語になっており、これを形式主語 it に置き換え主語をスッキリまとめた形になっています。, が解ると it の判別はスムーズに進みます。it判別の考え方を理解し最終的に頭の中で自動的に処理できるようになることが目標です。, Copyright 2019 HOSHINO ENGLISH, All rights reserved. ・It is natural that she lost her weight .

一方、複数形では主語が「they」となります。 短縮形の「これ(ら)、それ(ら)、あれ(ら)」 主語と動詞をつなげる形を 短縮形 と言います。これは、主に日常英会話で頻繁に使われる形となります。以下の表で確認してください。 このような代名詞は、「これ、あれ」などを示す「指示代名詞(this、thatなど)」、不特定な事物を表す「不定代名詞(on、some、allなど)」「疑問代名詞(who、whatなど)」「関係代名詞(which、thatなど)」に区分されます。, 繰り返しを避けるための代名詞の使い方には、名詞で表された人・物・事を表す場合、会話や文脈から推定できる代名詞を表す場合、文またはその一部の内容を表す場合などがあります。 英文法解説サイトの運営や オンライン英会話で全然話せないたった2つの理由, セルビア人とジャマイカ人講師のレッスン, デイリーニュースと写真描写を使ったレッスン, 英語中級者になるために最適な教材, レッスンで役立つ20のフレーズ, フィリピン講師のレッスン体験談, オンライン英会話でTOEIC対策はできるの, TOEICの問題を読むスピードを上げる.
不特定の複数のものを表す代名詞として用いる場合、「いくつか」の意味が含まれるセンテンスでは「some、any」を、「いくつか」の意味が含まれないセンテンスでは「they」を適用します。, 「them」は、「it」に限らず、「him」「her」の複数形としても使われます。
これらの一般的用法には、「Mary is't a nurse.She's a doctor.(メアリーは看護師でなく医者です)」「How much is it?(いくらですか)」「That's about it(まあそんなところだ)」などがあります。, 「it」は「三人称・中性・単数」の代名詞ですが、その主格・所有格・目的格のいずれにも複数形があり、複数形の主格は「they」、複数形の所有格は「their」、複数形の目的格は「them」として表現されます。 この複数形の用法には、「They are of an age(彼らは同じ歳だ)」「their latest album(最新のアルバム)」「Add them together(合計して下さい)」などがあります。, 主格「it」の複数形「they」は、「it」に限らず、三人称・主格の「he」「she」の複数形としても使われます。複数形の「they」は、特定の人・動物・物を表し、「the+複数名詞」に相当します。