いつも@JAMへのご声援ありがとうございます。 製品紹介を掲載しています。日本オートマチックマシンの公式ホームページです。j.a.m.

〜此レガ原点!

夏、そして秋まで楽しく盛り上がるよう、僕らの出来ることを精一杯進めていきます。 !〜』(2015年)には、「おまえがパラダイス」の吉井によるカバーが収録された。, 『TRIAD COMPLETE BOX』のブックレットによると、吉井は以前から「Tactics」のシングル化を望んでいた。1996年1月10日に開始となるテレビアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のエンディングテーマに起用されたことで「JAM」とともに両A面シングルに収録された[26]。『るろうに剣心』は、1話から38話のオープニングテーマに起用されたJUDY AND MARYの「そばかす」[* 8]、そのシーズンのエンディングテーマの一つとなる「Tactics」(1話から12話)を始めとするテーマソングが相次いで大ヒットしたことで放映当時話題となっていた[37]。アニメのエンディングで流れる「Tactics」は、映像と音楽をマッチさせたもので、番組を制作したソニー系列会社SPEビジュアルワークスの取締役は「歌詞に主人公の名前が登場するような、アニメ的な楽曲を使うことは最初から考えていなかった。むしろ、アニメファンじゃない人が買おうと思える楽曲先行の作品を起用したかった」という[38]。エンディングテーマに関してはソニー系だけでなく他社のアーティストの楽曲も対象となった[38]。, 当時のディレクターである宗清裕之(コロムビア)はこのシングルの予想順位を「30位」としており、バンドのマネージメント事務所「ボウィンマン」の社長である大森常正は「それ以下」としていた[26]。, 事務所の予想と裏腹に、1996年3月11日付のオリコンシングルチャートで初登場7位を記録し、8thシングル「太陽が燃えている」の最高位9位を更新した。翌週には6位と順位をあげ、初登場から4週連続TO10入り、計5回のTOP10入りを記録した。1996年3月度月間11位、4月度月間12位と、2か月間に渡って売れ続け、最終的には年間39位、売り上げは80万枚を記録した[28]。90万枚を売り上げた13thシングル「BURN」に次いで、自身2番目の売り上げを記録している。, 吉井は以前、「最近取材なんかで、俺たちに影響を受けたっていう若くて有名なミュージシャン達と話すと、みんな『JAMは最高ですよ』って言ってくれる」と語っている[28]。, NHK-FMの『ミュージックスクエア』ではリスナーからの人気が特に高く、「週間」「月間」「年間」「心に残る90年代の曲(1999年末放送)」と、番組のあらゆるリクエストランキングで1位をとり続けた[39]。, ファンからの人気も高く、解散後の2004年に行われたORICON STYLEの人気投票「あなたが選ぶ THE YELLOW MONKEY BEST1」と、2012年にナタリー×レコチョクで行われた人気投票「アナタの好きなTHE YELLOW MONKEYの曲を教えてください!」でともに第1位となった[40][41]。2013年に行われたベスト盤『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票では、19thシングル「バラ色の日々」に次いで2位となっている。また、『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』の特設サイトで行われた「私のTHE YELLOW MONKEY『この1曲』」という企画において、番組パーソナリティを務めた中村貴子がこの曲を投票している[39]。, 2017年、京都大学の入学式(4月7日)で山極壽一総長がボブ・ディラン「風に吹かれて」の歌詞を紹介した[42]その2週間ほど前、東京外国語大学の卒業式(3月24日)では立石博高学長が次のように「JAM」を紹介した。, 立石はこのように述べると「外国で飛行機が墜ちました」のくだりから最後までを朗読した[43]。, ザ・ローリング・ストーンズやTHE YELLOW MONKEYのオフィシャルフォトグラファー有賀幹夫は[* 9]、「Tactics」で思い出されるのは1996年「野性の証明ツアー」の熱いステージで、「バンドがどんどん上がっていくときのオーラだったり、ファンの熱狂的な雰囲気だったり。あのときはアイドルバンドだったよね、いい意味で。ストーンズだって、アイドルだったわけだから」と振り返る[26]。, 2012年、実写映画『るろうに剣心』公開を記念してレコチョクが行った「るろうに剣心名曲ランキング」のユーザー投票で、テレビアニメ版全10曲中(オープニング3曲、エンディング7曲)、「Tactics」は5位に付け、1位はJUDY AND MARY「そばかす」であった[46]。, 「JAM」が1位を獲得した2004年ORICON STYLE「あなたが選ぶ THE YELLOW MONKEY BEST1」では16位[40]。2013年『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票34位。, 「JAM」の飛行機事故に関するくだりは実際の出来事に基づくもので、吉井が世の中の不条理を書いていたあるときテレビをつけていると外国の飛行機事故[* 10]のニュースが流れた[47]。ニュースキャスターは「わりと満面の笑みで」日本人の乗客がいなかったことを伝えた[47]。邦人安否を伝えるにあたり、ニュースキャスターが満面の笑みで嬉しそうに見えるようなことがあってはならないであろうと吉井は疑問を感じた[47]。, 「JAM」をきっかけにスマートニュース社を設立した実業家で社会学研究者でもある鈴木健は、田原総一朗との2016年の対談で次のように語った[48]。, こうした、自国民に被害がないという事実が出て来たところで思考停止し、異質な他者への想像力が不在の内向きな思考が日本の既存ニュースメディアにあり[* 11]、吉井は2015年のトライアド復活ライブ『TRIAD ROCKS -Columbia vs Triad-』において飛行機事故のニュースに関して次のように語った後に「JAM」を歌った[49]。, 2016年に出演したテレビ番組『バズリズム』で語ったところによると、吉井はニュースキャスターが「わりと満面の笑み」であったことについて、「嬉しそうにするのはまずいんじゃないの?」と思ったということであった[47]。, 「JAM」のミュージック・ビデオは吉井和哉自らの監督で撮影された。THE YELLOW MONKEY解散期間中(2004年 - 2016年)の2007年12月19日よりバンド初のPVデジタル配信解禁楽曲として「レコード会社直営♪ムービー」、「レコ直♪ビデオクリップ」、「モバイルコロムビア」から「JAM」のPVが配信された。この曲のPV配信と同日に、バンドの全シングルがiTunes Storeで配信を開始した[50]。またさらに同日発売された吉井和哉のソロ・シングル「バッカ」のPVに、「JAM」のPVに出演した小学校4年生の男の子(三嶋啓介)と小学校5年生の女の子が再度成長した姿で出演している[51]。吉井のソロ・アルバム『VOLT』リリースに合わせたスペースシャワーTVの特集番組『吉井和哉 SPECIAL 〜VOLT〜』(2009年3月15日)で吉井は三嶋をゲストに迎えた。, 2012年6月6日に開始したナタリー×レコチョク人気投票企画「アナタの好きなTHE YELLOW MONKEYの曲を教えてください!」は、日本コロムビアがTHE YELLOW MONKEYのデビュー20周年に、すべてのアルバムとPVを共に各音楽配信サイトで一斉配信を2012年6月20日から行うことを記念した企画である。この企画に合わせてYouTubeのTHE YELLOW MONKEY公式チャンネル(日本コロムビア)が開設され、「JAM」PVがYouTube公式チャンネル上で前半部のみ視聴可能となった[52]。, 「JAM」PVはディレクターズ・カット版もあり、通常の「JAM」PVにはないシーンを見ることができ、DVD『CLIPS Video Collection 1992〜1996』(2000年)、DVD『THE YELLOW MONKEY CLIP BOX』(2004年)に収録されている。「バッカ」PVでフィナーレに向かう中で使用される女の子の手首から血のりが流れる演出は[53]、「JAM」PVディレクターズ・カット版のものである。, 2017年の新録アルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. 今年も夏の終わり、アイドルとアイドルを応援する皆さん、僕らを含めたすべての参加者が楽しめる、そして盛り上がる最高のフェスにします。

〜此レガ原点! 8月28、29、30日の3日間、横浜アリーナにてアイドルによる真夏の大博覧会 “@JAM EXPO 2020” を開催いたします。 本当にありがとうございました。 そのひとつとして、今年

6回目を数えるEXPOでしたが、アイドルのセカンドキャリアにフォーカスをあてながら、このフェスを継続することの意味をテーマに実施し、 2011年11月3日に“@JAM 2011”と銘打ち、新木場コーストに様々なポップカルチャーで活躍するグループを招き、複数ステージで同時多発的に

今夏は東京ではオリンピック・パラリンピックがあり賑わっている時期ではありますが、これまで8月に行ってきた“TOKYO IDOL FESTIVAL”が 始めた当時は1日開催だったことも考えると、今では規模も関わる出演者・関係者も格段に増え、ファンの皆さん、 - 宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-, 1.STILL ALIVE -YOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOM- - 2.THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan - 3.Dragon head Miracle tour 2008 - 4.KAZUYA YOSHII LIVE DVD BOX 『LIVE LIVE LIVE』 - 5.the motion picture TOUR2009 宇宙一周旅行 - 6.LIVE APPLES 〜Flowers & Powerlight Tour 2011〜 - 7.BLUE APPLES 〜born-again〜 - 8.YOSHII BEANS - 9.10-TEN- - 10.20th Special YOSHII KAZUYA SUPER LIVE - 11.10th ANNIVERSARY YOSHII LOVINSON SUPER LIVE - 12.YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015, THE YELLOW MONKEY - 眞鍋かをり - EMIミュージック・ジャパン - ユニバーサルミュージック - 日本コロムビア, http://artist.cdjournal.com/d/-/4107100678, http://www.news-postseven.com/archives/20120302_91729.html, https://web.archive.org/web/20090923124754/http://www.emimusic.jp/vmc/artist/domestic/yoshii/explanation_071217.php, http://ja-jp.facebook.com/yoshiikazuya.official/posts/522762167755128, http://www.mtvjapan.com/onair/program/3475, バッカ | SINGLE | DISCOGRAPHY | 吉井和哉 | YOSHII KAZUYA OFFICIAL WEBSITE, STILL ALIVE -YOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOM-, KAZUYA YOSHII LIVE DVD BOX 『LIVE LIVE LIVE』, LIVE APPLES 〜Flowers & Powerlight Tour 2011〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バッカ&oldid=77127315, この項目では、吉井和哉の曲について説明しています。コロンビアのプロサッカー選手については「. 10周年イヤー、そして2020年という節目の年、スタッフ一同で頑張っていきますので、あらたてよろしくお願いいたします。 @JAM総合プロデューサー 橋元恵一. NEW BEST, 1.TRIAD YEARS actI - 2.TRIAD YEARS actII - 3.THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION - 4.TRIAD YEARS act I & act II〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY, 1.SO ALIVE (ライブ) - 2.THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM (トリビュート), 1.MOTH POET HOTEL〜A TRIBUTE TO MOTT THE HOOPLE - 2.T・レックス・トリビュート・アルバム〜ブギー・ウィズ・ザ・ウイザード - 3.地獄の賞賛〜KISS トリビュート・イン・ジャパン - 4.T. NEW BEST』のミュージック・ビデオ『TYM's hacking movie』において「JAM」が新たにTHE YELLOW MONKEYによって演奏されている。このビデオは、新録アルバムから6曲を特集した5分30秒のダイジェストムービーである。それぞれの曲前にアルバムのキャラクター「TYM」(タイム)のナレーションが入り、声の主は吉井がリスペクトする美輪明宏である[54]。新録アルバムの音源はスタジオ録音でありながら凝った作り込みはなく、距離の近いライブハウスのような作品に仕上がっている[55]。, 1.Romantist Taste - 2.アバンギャルドで行こうよ - 3.悲しきASIAN BOY - 4.熱帯夜 - 5.Love Communication - 6.嘆くなり我が夜のFantasy - 7.追憶のマーメイド - 8.太陽が燃えている - 9.JAM/Tactics - 10.SPARK - 11.楽園 - 12.LOVE LOVE SHOW - 13.BURN - 14.球根 - 15.離れるな - 16.SUGAR FIX - 17.MY WINDING ROAD - 18.SO YOUNG - 19.バラ色の日々 - 20.聖なる海とサンシャイン - 21.SHOCK HEARTS - 22.パール - 23.BRILLIANT WORLD - 24.プライマル。 - 25.砂の塔, 1.ZIGGY STARDUST (デヴィッド・ボウイ・カバー) - 2.Stars - 3.Horizon - 4.天道虫 - 5.DANDAN - 6.未来はみないで, Romantist Taste 2012(企画CD) - ALRIGHT(ファンクラブ配信) - ロザーナ(特典CD・ファンクラブ配信) - ZIGGY STARDUST (デヴィッド・ボウイ・カバー)(LP), indies.Bunched Birth - 1.THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE - 2.EXPERIENCE MOVIE - 3.jaguar hard pain - 4.smile - 5.FOUR SEASONS - 6.SICKS (COMPLETE SICKS) - 7.PUNCH DRUNKARD - 8.8 - 9.9999 (9999+1), 1.GOLDEN YEARS Singles 1996-2001 - 2.MOTHER OF ALL THE BEST - 3.イエモン-FAN'S BEST SELECTION- - 4.THE YELLOW MONKEY IS HERE.

C'MON CHABO!!! あらためて、出演者の皆さんをはじめ応援いただいたすべてのファンの方々のおかげだと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。 Rex Tribute 〜Sitting Next To You〜 presented by Rama Amoeba, 1.life Time・SCREEN〜追憶の銀幕〜 - 2.Cherry Blossom Revolution-Live at BUDOKAN- - 3.CLIPS Video Collection 1992〜1996 - 4.TRUE MIND TOUR'95-'96 FOR SEASON:in motion - 5.BLUE FILM - 6.RED TAPE - 7.PURPLE DISC - 8.メカラ ウロコ・7 - 9.CLIPS 2 Video Collection 1996〜1998 - 10.PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3.10 横浜アリーナ - 11.jaguar hard pain Live'94 - 12.SPRING TOUR - 13.CLIPS 3 Video Collection 1999〜2001 - 14.THE YELLOW MONKEY CLIP BOX - 15.THE YELLOW MONKEY LIVE BOX - 16.THE YELLOW MONKEY LIVE AT TOKYO DOME - 17.ライブ帝国 THE YELLOW MONKEY - 18.メカラ ウロコ・LIVE DVD-BOX - 19.TRUE MIND "NAKED" - 20.RED TAPE "NAKED" - 21.パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE (DVD/Blu-ray) - 22.THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10- - 23.オトトキ (DVD&Blu-ray), 1.trancemission - 2.パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE - 3.オトトキ, 1.PERFECT PERFORMER -THE YELLOW MONKEY- - 2.THE YELLOW MONKEY trancemission VJ Remix, 日本コロムビア - ファンハウス - アトランティック・レコード/ワーナーミュージック・ジャパン - 三国義貴 - 鶴谷崇, もちろん私たちも自分の国、自国の伝統や文化を愛する態度を大切にしたいと思います。しかし、地球市民であるためには、自国民ではない人々にも思いをはせ、他国の伝統や文化を尊重することが必要です。昨年、ノーベル文学賞がボブ・ディラン氏に与えられ、歌詞というものがもつ力を私たちに改めて示しましたが、外国の他者へ思いをはせることの大切さを、私は日本のロックバンド「The Yellow Monkey」の歌詞をとおしてつねづね思い起こしています。この歌詞の一部を紹介させてください。, ザ・イエロー・モンキーというバンドの『JAM』という曲をご存じですか。そこに「外国で飛行機が落ちました。ニュースキャスターは嬉しそうに『乗客に日本人はいませんでした』」と言ったという歌詞が出てきます。これは象徴的な歌詞で、既存のニュースメディアは日本人に向けて発信されている。つまり国民国家を前提としたメディアであるということがわかります。僕は国家単位のニュースがいいとか悪いという議論をするつもりはありません。ただ、オルタナティブとして、国民国家を前提としない情報伝達の仕方があってもいいんじゃないかと思ってます。, 今聞くとウソみたいと思うかもしれないけどさ、昔は外国で飛行機事故があったとき、ニュースキャスターは笑顔で「乗客に日本人はいませんでした」って言ってたんだよ。そう考えると、この曲を作ってよかったんだと思える。, 1972年当時デヴィッド・ボウイのバンドメンバーで1974年にモット・ザ・フープルに加入した, ライブでは最後に「Year year … , I'm a dreamer … .

そのなかシリーズ最大規模の@JAM EXPOも、2014年以降これまで6回にわたり開催してきました。 「JAM」PVはディレクターズ・カット版もあり、通常の「JAM」PVにはないシーンを見ることができ、DVD『CLIPS Video Collection 1992〜1996』(2000年)、DVD『THE YELLOW MONKEY CLIP BOX』(2004年)に収録されている。 「バッカ」は、日本のミュージシャン吉井和哉の9枚目のシングルである。2007年12月19日発売。発売元はEMIミュージック・ジャパン。, 4thアルバム『Hummingbird in Forest of Space』からのシングル・カット。吉井のソロ作品としては初のクリスマス・ソング[1]。吉井本人は、「"JAM"以来、12年ぶりに還ってきた空気感が出せた楽曲」であるという[1]。CDジャーナルのレビューによると、「切ないストーリーを描いているにもかかわらず、全体を温かい空気感で包み込んでいる」[2]。, THE YELLOW MONKEY解散中、ソロで音楽活動を継続していた吉井はこの時期、最初の妻と子供を山梨県の邸宅に住まわせ東京で単身生活を送り、「バッカ」リリース前後に最初の妻と離婚した[3]。, 初回限定版はDVD付き。カップリングに前作「シュレッダー」のライヴ音源と、「バッカ」のライヴ・アコースティック・ヴァージョンを収録。, THE YELLOW MONKEYの多数の楽曲と、吉井のソロでは「BEAUTIFUL」(2006年)のミュージック・ビデオ(PV)を監督している高橋栄樹が監督を務めたショートフィルム仕立ての内容である「バッカ」PVは、バンドの楽曲「JAM」(1996年)のPVとリンクしたものになっている。「JAM」に出演していた当時10歳くらいの男の子と女の子が成長した姿で出演している[4]。男の子はまだ芸能活動をしていたためすぐに見つかったが、女の子がなかなか見つからず苦労したという[5]。高橋監督のこれまでのミュージック・ビデオ制作では、吉井が抽象的なことしか話さないので打ち合わせをしても分からない部分が多いというのが通例であったが、今回吉井ははっきりと言ってきた[5]。高橋はそれに合わせて物語を組み立てたが、高橋は「ことによると、最初に吉井さんから伝えられたと思った『真実』も、僕がただ一人でそう感じていたものかもしれないです。自伝的な『事実』は存在するだろうし、それは事あるごとに様々な形で伝え広められていくことでしょう」とも言っている[5]。高橋によると、撮影の雰囲気は感傷的ということはなく非常に明るく、笑い合って楽しい3日間であった[5]。, 撮影のほとんどは吉井の生まれ育った東京都北区で行われ、吉井の生家も外観だけ登場している[5]。そのアパートには吉井の幼少期の自分や父母の写真が投影される。その他、世田谷区三軒茶屋でも撮影が行われた[5]。吉井がサラリーマン役で出演する他、あがた森魚と松田洋治がサラリーマンの上司と部下役、ミュージシャンのKREVAがビデオ屋の店員役、俳優の金子ノブアキ(RIZEのドラムス)とお笑い芸人の西川晃啓(レギュラー)がヤクザ役で出演している。クライマックスで吉井が天を仰ぎ落下する場面は、吉井が幼少の頃、仕事中の転落事故により26歳で死去した父・吉井昇をイメージしたものである。のちに吉井は自身のフェイスブックに掲載された高橋監督のコメント[6]で初めてその場面の意図を知った[7]。, 最初、ビデオは詩人・作家宮沢賢治の遺作『銀河鉄道の夜』初期形第3次稿(ブルカニロ博士篇)の著名な部分の引用が映し出される。引用がフェードアウトすると盛り場の居酒屋の場面になる。あがた森魚、松田洋治の2人のサラリーマンが『創世記』やイエス生誕に関する与太話をし、サラリーマンの吉井がその与太話に乗るところで歌へ移行し、後ろ姿の吉井に曲のタイトルが浮かぶ。居酒屋から出て吉井は1人、夜の盛り場を歩き、このあたりから「JAM」PVのフラッシュバックが繰り返し演出される[* 1]。吉井はサンタ・クロースの衣装を着たティッシュ配り(横山あきお)を通り過ぎる。この日は、クリスマス・イブである[5]。KREVAが店員で登場するビデオ屋ではクリスマスの飾りつけが施され、店頭のモニターには「JAM」が映っている。路地裏で吉井はカバンを小脇に抱え、十字形にリボンをかけたファミリーサイズのクリスマス・ケーキ1箱を手に、コートのポケットから出した携帯電話を見ながら歩いていると2人のヤクザ(西川晃啓と金子ノブアキ)が向こうから来て、ヤクザの1人(西川)に肩がぶつかる。吉井はもう1人のヤクザ(金子)からされるがままに暴行を受け、壁にべったりと崩れ落ちたがなお暴行を受けた。クリスマス・ケーキも滅茶苦茶になった。傷だらけのまま吉井がちんちん電車に乗ると目の前に20歳過ぎの男女のカップルがいて、それが成長した「JAM」の男女の姿である。吉井は公園にたどり着き、ジャングルジムの上に座っていた。公園にはちんちん電車が置かれている。吉井が降雪を見上げ、降雪の夜空とともにビデオは終了する。. 周年をむかえる@JAMとしては、このシーンを更に盛り上げるため、また多くの期待に応えるためにも1年を通して最大限取り組んでいこう そこから紆余曲折、会場や内容を見直し、またシリーズイベントの展開などを経て、ようやく現在のカタチとなりました。

the yellow monkeyの多数の楽曲と、吉井のソロでは「beautiful」(2006年)のミュージック・ビデオ(pv)を監督している高橋栄樹が監督を務めたショートフィルム仕立ての内容である「バッカ」pvは、バンドの楽曲「jam」(1996年)のpvとリンクしたものになっている。