また、多くの従業員の中には、このようなアプリを使ったことがないという人もいると思われますので、使いやすい・分かりやすいLINEWORKSは有効的です。, 最後に、LINEWORKSと他のチャットツールとの違いについて解説して、この記事を閉めたいと思います。, SlackとLINE WORKS共通する機能は、トーク・メンション・ビデオ通話・チャットBotなどのAPI・共有フォルダ・管理者機能などあります。   line worksの評判、ユーザーレビューを掲載中!line worksを実際に使用したユーザーが評価した満足度や良い点、改善点、導入企業名も閲覧可能。企業規模や業種による絞り込みで自分に近いユーザーの評 … 東海地方で土木・建築・不動産業を展開する中村建設が全社員176名に「line works」を導入 また「line works with kddi」の使い勝手はlineとほぼ同じであるため、利用者の多くが特段の研修もなくすぐに使い始められることも大きなメリットです。 【ケース2:「line連携」機能でお客さまとのやりとりも可能。社内で閲覧・保存できる】 普段はLINE WORKSの導入事例の取材という形でLINE WORKSを導入していただいたお客様にお話をうかがい、ストーリーを世の中に発信するという仕事をしています。, さて、4月19日に公開されたLINE WORKSの最新バージョンv2.3では、LINEユーザーとのトークにおいて、従来できなかったグループトーク(複数のLINEユーザー&複数のLINE WORKSユーザーとのトーク)ができるようになりました。これは、昨年の2月にLINE WORKSをお披露目し、LINEユーザーとのトークができるようになったのと同じくらい大きな、そして革新的な機能なんです。, とはいえ、LINE WORKSのことをあまりご存じない方にとっては、何がすごいの?何ができるの?おいしいの?という話ですよね。そこで今回は、「LINEとLINE WORKSでグループチャットができる」ということの意義についてお伝えしたいと思います。, 一般的に「ビジネスチャット」と呼ばれるサービスは、同じ社内や、同じサービスを使っているユーザー同士でしか会話ができませんが、LINE WORKSには「外部トーク連携」という機能があり、外部のLINEユーザー(または、外部のLINE WORKSユーザー)とトークのやり取りを行うことができます。この機能を活用すると、たとえば個人のお客様や取引先企業など、LINE WORKSのアカウントを持っていない相手であっても、LINEを使ってさえいればトークができるんです。, たとえば従来、営業担当者がお客様からLINEでの連絡を求められ、やむをえず個人のLINEを教えて連絡していた、というケース、よくありますね。このような場合にも、企業側の社員が個人のLINEを会社のLINE WORKSに置き換えることで、プライベートのLINEを使わずに、同じようにお客様のLINEとチャットのやり取りができるというのは大きなメリットになります。また、メールや電話ではなかなか連絡がつきづらい昨今、国内で7000万人以上の月間アクティブユーザーがいるLINEでお客様にコンタクトを取れるというのは、競合他社との差別化の点でも大きな武器になります。, 実際に、住宅や自動車、保険など、個人のお客様との深いリレーションが求められる業種では、この機能を活用して、「チャット営業」を行い、営業上の成果を上げている企業がたくさんいます。昨年もAERAの「会わないほうがうまくいく」特集(AERA 2017年10月30日号)で取り上げられ、桧家ホールディングス様、キャリアデザインセンター様の事例が紹介されました。(そしていっときヤフトピに掲載され、社内は大きく沸きました 笑), ですが、残念ながら、「LINEとの外部トーク連携」には一つ大きな問題点がありました。「1対1のトークしかできなかった」んです。営業担当とお客様とで1対1で話せればそれでいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、実際使ってみると、「家族も入れて話したいんだけど」(LINEユーザー)「担当者一人じゃなくて上司も入れないと」「お客様側が法人で、担当者が複数いるんですけど、どうすれば?」(LINE WORKSユーザー)等々、「グループチャット」が必要な場面は想定以上に多かったんです。, LINEとのトーク連携ができるようになってから1年超、「LINEとグループチャットできるようにしてほしい」というご要望をいただいた機会は数知れず。導入事例の取材に行くと、ほぼ毎回必ずこのご要望をいただきました。昨年実施したユーザーアンケート調査でも、ご要望のダントツ一位が「LINEとのグループチャット機能」でした。ご要望を聞くたび、なかなか実現できないことを申し訳なく、そしてもどかしく思っていたのですが・・・, 今回、私たちワークスモバイルのメンバーも待ちに待った機能がやっと実装されたんです!, 4月19日に公開されたLINE WORKSの最新バージョンv2.3では、LINEユーザーとのトークにおいて、以前のバージョンではできなかったグループトーク(複数のLINEユーザー&複数のLINE WORKSユーザーとのトーク)ができるようになりました。今回のアップデートにより、LINEユーザーとのコミュニケーションがより便利になり、これまで以上に広がるのではないかと期待しています。, ということで、実際にどんなシーンで使うと便利なのか?をいくつかご紹介していきたいと思います。, 個人のコミュニケーションの主流がSNSとなっている昨今、メールや電話ではなかなか連絡がつかないという問題や、お客様側からLINEでの連絡を求められるケースが増えてきています。ここではLINEとのグループチャットが特に有効な使い方を4つご紹介します。, LINE WORKS(社内):営業担当者、責任者、サポート担当者など   以前所属する税理士の支部でビジネス版のLINEである、LINEWORKSの説明会に参加してきました。税理士業務との相性について考えてみます。, ビジネスチャットのサービスで有名なものとしてLINEWORKSの他にChatworkやSlackなどがあります。, LINEWORKSのホームページを確認したところ、LINEと同じ使い勝手で、かつ、仕事で活用できる充実した機能を揃えたビジネス版のLINEだそうで、東京海上日動や明治安田生命等の大手の企業での導入事例もあるとのこと。, 説明を聞いて自分が感じたLINEWORKSを使うことのメリット・デメリットはこうです。, 注)約1時間という限られた時間の中でLINEWORKSの全体像を説明してもらったため、全部の機能を紹介してもらってはいません。なので、ここに書けていない便利な機能もあると思われます。, 税理士事務所で働いているとお客さんと資料のやり取りをすることがあります。郵送とか、メールとか、FAXとかの方法で。, メールでやり取りをするのも年配の方だとメールを使うことに対しての抵抗があったりするので、LINEを使って資料のスクリーンショットを送ってもらうことがあります。, 年配の人でパソコンのメールは抵抗あるけどなぜかLINEなら抵抗がないという人は結構多いです。(自分の子供や孫とかとLINEするからでしょうか?), で、ふと思うのが、LINEで会社の資料をやりとりしたその情報って漏洩したりしないのか?大丈夫なのか?ってことです。, この点LINEWORKSではLINEよりセキュリティを強化しているので情報漏洩のリスクが低いということでした。, ビジネスチャットを導入するときは使い方に慣れるまでにどうしても時間がかかることが想定されます。, 事務所内で導入するのであれば従業員に使い方について社内研修を行う必要がありますし、顧問先に導入する場合にはまず、ビジネスチャットがどういったものなのかを説明し、使ってもらえるようにしていく必要があります。, こういったことが負担になって、社内で研修したものの実際の現場ではビジネスチャットが使われていなかったり、顧問先への導入自体が断られたりしていることが多いそうです。, この点、LINEWOKRSはLINEと同じような操作方法になっているので導入にかかる手間が他のビジネスチャットに比べると非常に少なくて済むそうです。, 今務めている事務所ではLINEのグループライン機能を使って、職員間の連絡を取り合っています。, 個人的にはLINEはプライベートでのみ使いたいと思っているので、仕事でLINEを使わないといけない状況がものすごく嫌です。, 休みの日に仕事のLINEを見なければいいんでしょうけど、見たくなくてもLINEを開くと嫌でも視界に入ってくるんです。, LINEWORKSはLINEとは別のアプリになるので仕事とプライベートを区別することができ、休日に職場からのLINEを見てげんなりすることもなくなるようです。, LINEWORKSで行った会話?チャットについては最大10年間アーカイブ(残しておくこと)ができるので、いつ、誰が、何を言ったかの遡りも可能になっているそうです。, LINEでグループラインなんかで複数人と会話していると誰が既読をつけたのかはわからないんですが、LINEWORKSだと誰が既読していて、誰が未読なのかを確認できる機能があるとのこと。, これらの機能の他にも、ホームページやブログ等に自分のLINEWORKSのQRコードの埋め込みができるので、いわゆる<問い合わせフォーム>を使わずに, ホームページ等に表示されたQRコードを通じてダイレクトに問い合わせを受けることが可能であったり、LINEと同じようにスタンプも使えるようです。, ①LINEWORKSのアプリをいれていないとセキュリティはLINEと同じセキュリティレベル。, LINEよりセキュリティが強化されているLINEWORKSですが、自分とお客さんの双方がLINEWOKRSを導入してやり取りをしていないとセキュリティは強化されないようです。, 例えば税理士事務所と顧問先があった場合に、双方がLINEWOKRSを使用しているとセキュリティは高いんですが、, 税理士事務所側だけLINEWOKRSを使用している場合、顧問先とのやり取りはできるけどセキュリティはLINEと変わらないそうです。, 下記の図の場合、税理士事務所側はLINEWORKSを使用しているのでセキュリティは高くなりますが、顧問先はLINEのみ使用しているので顧問先から送信されるメッセージなどについてはセキュリティはLINEと同じレベルになるそうです。, LINEWORKSの利用料は無料ではなく、利用者1人につき月額300円~となっており、使える機能に応じて値段が変化します。, なので顧問先に導入してもらう場合にはこの月額300円の負担を上手に説明して納得してもらう必要があります。, 顧問先社長と税理士事務所がLINEWORKSでやりとりする場合には顧問先負担料は毎月300円で済みますが、, 社長と経理の人の2人と税理士事務所がLINEWORKSを使ってやり取りする場合には顧問先は毎月600円の負担をする必要がでてくることになり、負担感が増えると思われます。, まぁ、顧問先が負担している利用料分を顧問料から値引きするなどして税理士事務所側がLINEWORKS利用代を実質的に負担するのであればこの問題は無くなりますが。, LINEWORKSを使う理由って従業員が多くなってきたとき(10人以上くらいですかね?)に社長クラスの人たちが部下である従業員一人一人の業務管理をすることが大変だから使い出すんだと思うんです。, この点、従業員を雇わないでひとりで働く税理士なら、自分で自分の管理だけすればいいんでLINEWORKSじゃないとダメってことはないような気がします。, なので、月額300円以上支払ってLINEWORKSを使わなくても、Chatworkなどの他のビジネスチャットで無料の範囲内で使える機能で十分じゃないか?と現時点では感じます。, LINEの知名度が高いおかげでLINEWORKS導入までのハードルが他のビジネスチャットと比べて圧倒的に低いこと、お客さんからの抵抗が少ない、これに尽きるのかなと思います。, そして導入することによる業務削減効果は、従業員が多くなればなるほど実感できるんだろうなと。, 実際に説明会では医療現場や、美容業、製造業、畜産業など従業員が数十名単位の会社で活用されている事例映像を見せてもらいましたし。, 従業員を雇わずに一人で税理士として活動する予定の自分にとっては今すぐは必要ないサービスと感じますが、, ホームページにLINEWORKSのQRコードを埋め込むことによってお客さんからの問い合わせの間口を広げたり、他の税理士事務所のホームページとの差別化には一役買うのではないでしょうか。, 再入場も可能で施設内でご飯を食べるスペースがあったりするので今後も利用すると思います。, The Ska Flames – I Won’t Never Let You Go.

皆さんはline worksとはご存知ですか?実はlineと連携できたりと、ビジネス面では非常に活用できるツールです。使い方も非常にシンプルで簡単です。そこで今回はline worksの使い方を基本から応用まで詳しく解説したいと思います。