シャック伝説を動画で振り返る!誕生~マジック時代のハイライト!

個人的に史上最高のセンターといえばやはり、アキーム・オラジュワンだと思います。 現役の一流プレイヤーたち(コービ、レブロン、カーメロ、ハワードなど)も 1位はデンバー・ナゲッツ所属の「ニコラ・ヨキッチ」です!今2018-19シーズンはチームを6年ぶりのプレイオフに導きました。 彼の特徴はセンターとしては特異なプレイメイキングスキルとハンドリング能力で、センターながら圧巻のパススキルで、自分だけでなく周りの選手も活かせるところですね。 そのため彼の所属するナゲッツは、センターを中心にオフェンスを組み立てるという他の29チームでは見られない、独特な戦略を採用しています。 他の4人もうまく巻き込めるプレイスタイルであるヨキッ …

バスケットボールの最高峰のリーグであるnbaでは、多く選手が世界中のバスケットボールプレイヤーの憧れの的となっている。 そんなnba選手のうち現役として活躍しているスター選手をピックアップして …

ペイトンはNBAイチのトラッシュトーカー!史上最高のPG! 1996年、NBAは50周年を記念して『50人の偉大な選手』を発表した。それから20年、時代の推移とともにNBAは新たなスターを続々と輩出している。ニューオリンズでオールスターゲームが開催されるこのタイミングで、『CBS Sports』が新たな『50人の偉大な選手』を発表した。, 以前のメンバーから19人が入れ替わった『偉大な選手』の中で、現役の選手を何人かピックアップして紹介したい。, 50位カワイ・レナード(スパーズ)このリストの中で最年少となる25歳での選出となった。2度の最優秀守備選手賞とファイナルMVPを受賞し、すでにマイケル・ジョーダンと比較されるなど、リーグを代表するオールラウンドプレーヤーの一人となっている。, 25位ドウェイン・ウェイド(ブルズ)3度のNBAチャンピオンに輝き、ジョーダン、コービー・ブライアントに次ぐ歴代3位のシューティングガードとの呼び声が高い。現在35歳、長年プレーしたヒートを離れて現役キャリアの締めくくりにかかっているが、もはや殿堂入りが確実視されている。, 24位ケビン・デュラント(ウォリアーズ)4度の得点王、シーズンMVPを受賞し、カンファレンスファイナルまでチームを導くこと4回。2013年にレブロン、ウェイド、クリス・ボッシュら『スリーキングス』を擁するヒートにファイナルで勝利していれば、あるいは昨年にウォリアーズを破っていれば、さらに評価を高めていただろう。彼に足りないのはNBA優勝の称号のみ。ウォリアーズへと新天地を求めた今、それは手の届くところにある。, 19位ステファン・カリー(ウォリアーズ)2016年、402本の3ポイントシュート成功という前人未到の記録を打ち立て、2年連続でシーズンMVPを受賞した現在のNBAにおける『顔』と呼ぶべきプレーヤー。ここ3年の成績は目を見張るものがあり、スターに相応しい『カリスマ性』も備えているが、まだ他の上位選手に比べて活躍している期間が短いということでこの順位になった。, 2位レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)4度のMVP、3度のNBAチャンピオンに輝き、いずれもファイナルMVPを受賞。昨年6月に行われたNBAファイナルの1勝3敗からの逆転劇は記憶に新しい。背中に彫られた『The Chosen One』(選ばれし者)のタトゥー通り、マイケル・ジョーダンを脅かす唯一の存在となっている。, 現役選手のレブロン・ジェームズが2位に食い込んだが、時代の変遷にかかわらず『オールタイム・レジェンド』の1位に選ばれたのはマイケル・ジョーダンだ。自身の素晴らしいパフォーマンスとタイトル獲得だけではなく、NBAの地位を大幅に引き上げ、バスケットボール自体も変えたジョーダンの1位には異論の余地がない。3位には1960年代に3年連続MVPに輝いたシクサーズのウィルト・チェンバレンが入った。, 近年に引退したプレーヤーでは、ティム・ダンカンが7位、シャキール・オニールが9位、コービー・ブライアントが10位、ケビン・ガーネットが15位にランクインしている。, 惜しくも50人には選ばれなかったが『ネクスト10』という形で、トニー・パーカー(スパーズ)、ラッセル・ウェストブルック(サンダー)、ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)、マヌ・ジノビリ(スパーズ)といった現役選手が名を連ねている。.

ロケッツに移籍し、大学時代のチームメイトであるオラジュワンと

ジョーダン復帰後の3連覇時、コート上の司令塔はピッペンでした。, スコッティ―・ピッペンの記事はコチラ↓ ドミニク・ウィルキンスはジョーダンのライバル?ダンクがスゴイ!, グラント・ヒルの記事はコチラ↓ シャキールオニール伝説の試合!キャリアハイ61得点23リバウンド, 彼ほどのカリスマ性を持ち、圧倒的にリーグを支配したプレイヤーは

マイケルジョーダンの名言集!【バスケの神様の発言】Part1 バスケットボール殿堂入りも果たしているジョン・ストックトン。, 真面目そうな風貌からコート上でもジェントルなのかと思いきや Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved.

デニス・ロッドマンはIQが高い?伝説や名言は? バークレーが収録中に居眠り!シャックもミラーも大爆笑!, シャックのバークレーと同じくTNT『INSIDE The NBA』で活躍していますね。, しかしいったんゲームが始まるとその圧倒的なパワーでコートエンドを支配し続けました。, バスケだけでは飽き足らず、ラップや映画出演など話題も多くふりまいてくれましたよね。, シャキール・オニールの関連記事はコチラ↓ レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!, アイバーソンの生き方には賛否両論ありますが個人的には文句なしにカッコいいと思います!, 凄く印象に残っているアイバーソンのインタビューがあります。 マクグレディがNBA引退後プロ野球投手に?, リーグNo.1のパワーフォワードと言われながら

ビンス・カーターの全盛期の身体能力とジャンプ力がエグイ!, 実際に2人がマッチアップした1992年のNBAファイナルは見ごたえ十分でしたよね!, ブレイザーズでは優勝に届かなかったクライド・ドレクスラーですが これまでは本人の素晴らしい成績とは裏腹にNBA優勝をつかみ取ることができなかったが、2016-17シーズンから前年73勝と圧倒的な成績を残したゴールデンステート・ウォリアーズに移籍した。 0, 今シーズンも過去2シーズンと同様にアメリカ大手バスケットボールメディアの選手ランキングを集計し、その平均値などから新たな選手ランキングをトップ30まで作成しました。, 今回のランキングで参考としたメディアはESPN、CBS、スポーツ・イラストレイテッド、NBC、スポーティング・ニュースの5つ。, 選手名横のカッコ内は(2017年順位→2018年順位:所属チーム)を表しています。, 昨年のランキングでは2017年-2018年シーズンの新人王に選ばれたベン・シモンズが第20位、新人王2位のドノバン・ミッチェルが第25位にランクインしましたが、2018年-2019年シーズンにダントツで新人王に選ばれたルカ・ドンチッチは第26位となりました。ただ、今シーズン開幕からのパフォーマンスを見る限りでは、来年のランキングでそのシモンズとミッチェルを一気に追い越してしまいそうな勢いを感じます。, 反対に今季が15シーズン目となる34歳のクリス・ポールは一気にランクダウン。来年のランキングではトップ30外となりそう。, フィラデルフィア・シクサーズ BIG3のうち2人が今年も11~20位にランクイン。とりわけベン・シモンズは将来の大ブレイク候補として大幅ランクインも期待できますが、個人的には天井が見えているような気がするんですけど。, ウエストブルックは2シーズン連続でシーズントリプルダブルを達成したわけですがトップ10圏外に。チームメイトとなったジェームズ・ハーデンの存在により(勝利への貢献度は取り敢えず置いといて)表向きのスタッツは下落すると思われましたが、今シーズンもトリプルダブル前後の数字を残しそうなのは恐ろしいところ。, 初出場となった昨プレーオフでMVP級の活躍を見せたヨキッチが一気にトップ10へ。同じく好守に長けたセンターであるジョエル・エンビードとアンソニー・デイビスも6&7位に並んでおり、一時期はセンター不作と言われたNBAも新時代に突入したと言えるでしょう。, また、デイビスはレイカーズ移籍によりキャリアで初めて優勝争いの中でプレーすることになるわけで、真価が問われる1年になるはず。, NBCとスポーティング・ニュースがクワイ・レナードを、スポーツ・イラストレイテッドとESPNがヤニス・アデトクンボを、CBSがレブロン・ジェームズをトップに据えましたが、ラプターズをNBAチャンピオンに導き全メディアのランキングで2位以内に入ったレナード(平均順位1.6)が今年度の第1位に。, 2~3位はアデトクンボが平均2.2位、レブロンが平均2.4位と接戦。4位のカリーは平均4.2位と差がありましたね。, 1965年以降では1986年-1987年シーズンのマイケル・ジョーダンの平均37.1得点に次ぐ平均36.1得点という大記録を残したジェームズ・ハーデンはまたもやファイナル出場を逃し例年通りの順位に。, 去年と同様にアメリカ各メディアよる今シーズン選手ランキングから平均値を算出。その結果より選手ランキングを30位まで作成しました。. レイカーズへのトレードが噂されるデマー・デローザン「必要としてくれるのなら、ポジティブに受け止める」, フリーエージェントとなったマルク・ガソルはNBAでのプレー続行に意欲「僕はチームの優勝に貢献したい」, デューク大の『コーチK』が教え子トレ・ジョーンズを称賛「今年のドラフト組でベストポイントガード」, ヒート一筋、40歳のユドニス・ハズレムが現役続行を決断「まだチームメートの役に立てることが分かった」, 契約延長か移籍で注目されるヤニス・アデトクンボの去就、本人は「球団の決断次第」と言及, 来シーズン中の復帰を目指すデマーカス・カズンズ、代理人は現状について「悪化も停滞もない」. とプラクティスという言葉を20回以上言っていましたね。(笑), アレン・アイバーソンの記事はコチラ↓ レジェンドプレイヤーであることは間違いありません。, 優れたロングレンジシューターであり、クラッチシューターでもある 多くのファンの度肝を抜きました。, ビンス・カーターの記事はコチラ↓

スパッド・ウェッブ【1986年スラムダンクチャンピオン】のプロフィールや動画をチェック!, 2015年2月現在、38歳のビンス・カーターは現役を続行していますが バークレー驚異の身体能力!シャックとの対決が面白い! オラジュワンの教えを乞いに行く位の素晴らしいムーブを持ったセンターでした。, また最後まであきらめない強い気持ちは 本人の実力もさることながらウォリーアーズはスター選手を数多く揃える巨大戦力を誇るため、既に一度経験しているNBA優勝回数をどれだけ増やしていけるのかということにも注目が集まる。, アンソニー・デイビス選手は、学生時代はガードとして注目されていた存在だったが、そこからフォワードにコンバートするとさらなる活躍を見せて、アマチュアトップの選手となった。 と思わせる見事な3ポイントシュート。, レジー・ミラーの記事はコチラ コービー対ジョーダンまとめ動画!NBAレジェンドのリアル1on1対決! カーターですが、やはりその魅力は豪快なダンクですよね。, ゲーム中でも高い跳躍力でパワフルに叩き込むダンクは 写真=Getty Images多くの現役選手が『50人の偉大な選手』に選出される1996年、NBAは50周年を記念して『50人の偉大な選手』を発表した。それから20年、時代の推移とともにNBAは新たなスターを続々と輩出している。ニューオリンズでオールスターゲームが開催さ その後2010年にマイアミ・ヒートに移籍して自身初の優勝を経験するが、彼の中にオハイオへの思いは残り続けていて、2014年に自身の移籍以降低迷を続けるキャバリアーズに復帰。 ジェイソン・ウィリアムスの息子は父親譲りのバスケ選手?, […] つづきはこちら (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […], NBAレジェンドvol.18 ドミニク【ヒューマンハイライトフィルム】ウィルキンス, マイケル・ジョーダン『レブロン・ジェームズと1on1で対決して勝てるか?』の質問にらしい回答を!! | スポラバ. ルーキーイヤーから活躍すると、2009-10シーズンと10-11シーズンと2年連続で得点王を獲得するなど一躍スターの仲間入りを果たしたのだ。 アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を動画で振り返る!

グラントヒルはNBAのオールラウンダー!フィラのバッシュが懐かしい!, 小柄ながら抜群のスピードで繰り出されるキラークロスオーバーで ケンプ&ペイトンはNBAベストアリウープデュオ?抜群のコンビ!, レジー・ミラーと言えば『なんでそのフォームでそんなに入るの!?』 レジーvsニックス!トラッシュトークでスタークスを退場に!? シャックと猫の軌跡のコラボ!性格はどんな感じ? そんなNBA選手のうち現役として活躍しているスター選手をピックアップして紹介していく。, レブロン・ジェイムズ選手は「選ばしもの」と規格外の評価を受けて、高卒後地元のクリーブランド・キャバリアーズに入団するとすぐにレギュラーポジションをつかみ取り、オールラウンダーとして活躍。2度のMVPを獲得してNBA最高の選手と評される。 被る部分が多いような気がします。, トレイシー・マクグレディの記事はコチラ↓ あったがゆえ、過小評価されたきらいのあるスコッティ―・ピッペン。, ピッペンもロッドマン同様、非常にバスケットIQの高い選手だったようです。 伝説のNBAプレイヤーということで、現役のプレイヤーからではなく、既に引退しているプレイヤーの中からご紹介していきます。スターぞろいのNBAの中でもひときわ輝く、NBA選手になります。知名度も、プレイについてもひときわ目立っていた選手になります。NBA選手について説明していきます。, マイケル・ジョーダン選手を知っていますか?世界的に有名で、「バスケットボール界の神様」とまで言われている伝説の選手です。現時点においてNBA市場最高のプレイヤーになります。愛称は「エア(Air)」と呼ばれ、ダンクシュート時に相手を躱すダブルクラッチなどの空中プレイや、滞空時間の長いジャンプなどからこう呼ばれだしたそうです。 15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、シーズンMVP5回など、様々な功績を残している選手になります。攻撃も守りもすべてにおいて一流選手で、誰もが憧れる選手です。インサイドでは華麗なムーヴから生み出すダンクや、独創的なステップから繰り出すレイアップを起用に操りながら得点を決めていきます。二度の引退をしているマイケル・ジョーダンですが、復帰後もブランクを見せない姿に圧倒されています。, シャキール・オニール選手は2mを超える巨人たちの集まりであるNBAバスケットボールにおいても、ずば抜けて巨大な体躯を誇った伝説の選手だったそうです。体に似合わない高い身体能力を技術を有するプレイヤーです。NBA史上最強の選手として有名な選手で、「シャック」の愛称で親しまれています。身長は216cmで体重は156kgと大きい体をもち、対戦相手からすればとても怖い選手になります。破壊力抜群のダンクシュートでゴールやバックボードを壊しまくりました。4度のNBAチャンピオンや3度のシーズン最多得点などタイトルも多数獲得しているシャックです。, マジック・ジョンソンについてですが、NBAバスケットボール史上最強の伝説のポイントガードとして名を残しています。206センチという高い身長を持ちながらもガードとしての役割を果たし、パスの技術がとても上手でガードとして選ばれたのでしょう。ノールックパスを得意とし、フェイントをかけ相手を混乱させ、数多くのアシストを決め、4度のアシスト王に輝いている選手です。また、得点やアシストも多く、どこのポジションでもきれいにこなす選手です。, 彼らの偉大なプレーは現代のバスケットプレーヤーに大きく響いています。彼らのようにうまくなることを願って日々練習を重ねていきましょう。.