また、一時的に2倍のディスク容量が必要とされます。, CHECKあるいはNOT NULL制約を追加する時は、既存の行が制約に従うかどうかを検証するためにテーブルの走査が必要になりますが、テーブルの書き換えは必要ありません。, 単一のALTER TABLE内に複数の変更を指定できるオプションを提供する主な理由は、複数のテーブル走査や書き換えを1回のテーブル走査にまとめることができるようにすることです。, DROP COLUMN構文は、列を物理的には削除せず、SQLの操作に対して不可視にします。 以後のテーブルの更新時に遂行する戦略を設定するだけです。 IF EXISTSが指定されている場合、もしその列がなかったとしてもエラーにはなりません。 制約がすでに有効であると記録されている場合は何も起こりません。, 検証は大きなテーブルに対して長いプロセスになることがあります。 詳細は項59.2を参照してください。, この構文は、CREATE TABLEと同じ構文に加え、現時点では外部キー制約と検査制約でのみ許されるNOT VALIDオプションを使って新しい制約をテーブルに追加します。 また、単一のalter tableコマンド内に複数の操作を指定する機能も postgresql の拡張です。 alter table drop columnを使って、1つしか列がないテーブルから列を削除して、列がないテーブルを作成すること … (これは、 PostgreSQL Advent Calender の企画記事です。) PostgreSQLで、巨大なテーブル(例えばレコード数百万件~数千万件)にカラム追加・削除するときには注意が必要です。 カラム追加時にDEFAULTを設定しない >
ALTER TABLE verybigtable ADD COLUMN col_1 integer DEFAULT 0;
こ インデックスのすべての列がこの制約に含まれます。, このインデックスは式列を持つことはできず、また部分インデックスであってはいけません。  読んでくださりありがとうございます!. EXTENDEDは、PLAIN以外の保管をサポートするほとんどのデータ型におけるデフォルトです。 ERROR: column "itemno" contains null values. FULLは行のすべての列の古い値を記録します。 詳しくは項13.5を参照して下さい。, SET DATA TYPEのUSINGオプションでは、その行の古い値を含め、どのような式でも指定できます。 (このオプションは、外部キー制約、遅延可能な一意性および排他制約を実装するために使用される内部向けに生成される制約トリガを除外します。)

PostgreSQL 8.4.22 Documentation; Prev: Fast Backward: Fast Forward: Next: ALTER TABLE. select * from tbl limit 1; -->だんだん遅くなる, 以下、EXPLAIN SELECT * FROM tbl WHERE tbl_seri=1; の結果と処理時間, 試す前の状態 この構文はOWNED BYもサポートしており、これを使うと、指定のロールが所有しているテーブルだけを移動します。 第5章に、継承に関するさらに詳しい情報があります。, USING句を使用して、Unixタイムスタンプを持つinteger型の列をtimestamp with time zoneに変更します。, 上と同じことをします。 PostgreSQL問い合わせプランナにおける統計情報の使用に関しては項14.2を参照してください。, 属性単位のオプションの変更はSHARE UPDATE EXCLUSIVEロックを取得します。, この構文は、列の保管モードを設定します。 ALL IN TABLESPACE構文を使うことで、テーブル空間内の現在のデータベースのすべてのテーブルを移動することができます。 提供されない場合は制約にはインデックスと同じ名前が付けられます。, このコマンドの実行後、インデックスは、制約により"所有"され、それはインデックスが通常のADD PRIMARY KEYまたはADD UNIQUEにより構築された場合と同様です。 最後に、そのテーブルにVACUUM ANALYZE 負の値の場合、この値は-1以上でなければなりませんが、ANALYZEは、その列内の非NULLの個別値はテーブルのサイズに線形であるとみなし、推定テーブルサイズに指定した値の絶対値を乗じた値が個別値数であるとみなします。 制約が外部キーの時は、制約が参照するテーブルについてROW SHAREロックも取得します。, この構文を使用すると、テーブル上の指定した制約を削除できます。 特に記述がなければACCESS EXCLUSIVEロックを取得します。 格納されているデータへの影響はありません。, この構文を使用して、テーブルを別のスキーマに移動することができます。 この場合は代わりに注意が出力されます。, この構文を使用すると、テーブルに属するトリガの発行について設定することができます。 テーブル内の既存の行は変更されません。, これらの構文は、列の値としてNULL値を使用できるかどうか設定します。 teratailを一緒に作りたいエンジニア, はい。FULLは不要タプルの削除の為で、リストア後の状態と同様にするためのものです。, 発生している環境のバックアップをリストアしても、リストア自体がVACUUM FULLが不要な状況を作るので、発生している環境でしか確認できない事象です。, 再現したので、VACUUM ,REINDEX , VACUUM ANALYZEのみ(VACUUM FULLなし)を試してみましたが、改善されませんでした。VACUUM FULLが必要なようです。, 今夜の時点でのEXPLAIN SELECT * FROM tbl WHERE tbl_seri=1; の結果と処理時間, actual timeも変化していますか?また、actual timeの方のrowはどうでしょうか?, EXPLAN ANALYZEはやってなかったのでactual timeが変化するか様子を見ることにします。, 結果からだけ見ると、追加または更新が1件とありますけど、見た目上がその状況ということで、無条件の更新若しくは(delete+insert)が頻繁に行われている場合のように見えます。, プログラムの変更で発行回数を減らすことができない場合は、auto vacumeの頻度を変えれば改善する可能性はあるとは思います。, Apacheのログで関連していると思われるプログラムへのアクセスを拾ったつもりだったのですが、Postgresのログから再調査してみることにします。, PostgreSQLに限らず、プログラミング全般において公式またはそれに準ずるドキュメントに辿り着けない方(やケース)って結構いそう(ありそう)なので、こういった回答好きです。, いえ、恥ずかしながら私もよくそういうことあります(読みづらいor理解しづらいので避けがちというのもありますが(^^; 一方で、平易に書いてあるものもあってものすごく有益だったりもしますが。, EXPLAINとかANALYZEとか、意味を理解しないまま実施していましたが、実行結果をEXPLAINで確認することで動きがなんとなく理解できました。ありがとうございます。, https://www.postgresql.jp/document/8.1/html/populate.html#POPULATE-ANALYZE, https://www.postgresql.jp/document/8.1/html/maintenance.html, https://www.postgresql.jp/document/8.1/html/planner-stats.html, https://www.postgresql.jp/document/8.1/html/maintenance.html#AUTOVACUUM. この他の場合においては、これが高速な操作です。, 制約名が提供された場合、インデックスの名前は制約名に合うように変更されます。 NOWAITを指定した場合、必要とするすべてのロックを即座に獲得できなければ、このコマンドは失敗します。 インデックスを移動するには、別途SET TABLESPACEコマンドを実行します。 PostgreSQL 9.6. n_distinctはテーブル自身の統計情報に影響を与え、n_distinct_inheritedはテーブルとそれを継承した子テーブルから集めた統計情報に影響を与えます。 3, jQueryのdeferred/promiseを使用してWebSQLの処理を同期化したい, 回答

1 / クリップ この柔軟性のため、USING式は列のデフォルト値には(仮に存在していても)適用されません。 ALTER TABLEは既存のテーブルの定義を変更します。 また、所有者を変更するには、新しい所有ロールの直接あるいは間接的なメンバでなければならず、かつ、そのロールがテーブルのスキーマにおけるCREATE権限を持たなければなりません PostgreSQL のオンラインドキュメントには次のように書いてある。 列を異なるデータ型に変換するには以下のようなコマンドを使用してください。 ALTER TABLE products ALTER … 原因としてはALTER TABLEで作られたカラムの値がnullになっているために発生しました。 つまり、変換対象の列と同様に、その他の列も参照することができます。 どの場合についても、行の古いバージョンと新しいバージョンの間で、ログに記録される列のうち少なくとも1つが変わっていなければ、古い値はログに記録されません。, RENAME構文を使用すると、テーブル(もしくは、インデックス、シーケンス、ビュー、マテリアライズドビュー、外部テーブル)の名前、テーブルの個々の列名、テーブルの制約名を変更できます。 これらのオプションは、その後のANALYZE操作により生成される個別値数の推定値を上書きします。 ルールは無効にしてもシステムに残りますが、問い合わせ書き換え時に適用されません。

(システムoid列を削除する場合は上記のことは適用されません。 Seq Scan on tbl  (cost=0.00..310.24 rows=33 width=506)   2.8ms 複数のサブコマンドが使われるときは、それらのサブコマンドが要求するうち、もっとも高いレベルのロックを取得します。, この構文を使用すると、CREATE TABLEと同じ構文を使って新しい列をテーブルに追加できます。, この構文を使用すると、テーブルから列を削除できます。 これがデフォルトの動作です。, テーブルに属するすべてのトリガを有効または無効にします。 alter table~drop constraintとalter table~add constraintを使用する テーブルを作成したのちに、テーブルの主キー制約を変更したいことがあると思います。そのときには、alter table~drop constraint(主キー制約の削除)とalter table~add constraint(主キー制約の追加)を使用します。この記事ではpostgresql 変更対象の列を含むインデックスと制約も同様の配慮が必要です。, そのテーブルを継承するテーブルがある場合、子テーブルに同じ処理を実行しなければ、親テーブルに対する列の追加、列の名前、列の型、継承された制約の名前の変更を実行することはできません。 テーブルはどのテーブルも継承していてはいけません。 COLLATE句を使うと、新しい列の照合順を指定できます。 There are several subforms described below. この場合は、DROP DEFAULTでデフォルト値を削除し、ALTER TYPEを実行した後で、SET DEFAULTを使用して再度適切なデフォルト値を指定してください。 PostgreSQLのDBで運用しているシステムで、特定のファイルのアクセスだけ極端に遅くなります。 select * from tbl where tbl_seri='1'; のような処理が、最初は3ms程度ですが、12時間 名前でトリガを1つ指定して有効または無効にすることもできますし、テーブル上のすべてのトリガを有効または無効にすることもできます。 テーブルを作成したのちに、テーブルの主キー制約を変更したいことがあると思います。そのときには、ALTER TABLE~DROP CONSTRAINT(主キー制約の削除)とALTER TABLE~ADD CONSTRAINT(主キー制約の追加)を使用します。この記事ではPostgreSQLでの主キー制約の変更方法を簡単に説明します。, もともとの主キー制約を削除し、そのあとに主キー制約を追加します。以下にtestテーブルの列aの主キー制約を削除し、列aとbの主キー(複合キー)の制約を追加する例を示します。, CREATE TABLEを使用してtestテーブルを作成しておきます。列aを主キーに設定しました。, ALTER TABLE~DROP CONSTRAINTを使ってtestテーブルの列aの主キー制約を削除します。 内部向けに生成される制約トリガを有効または無効にするにはスーパーユーザ権限が必要です。 IF EXISTSが指定された場合、その制約がなくてもエラーになりません。 後者はシステム列ではなくoidという名前が付いただけの通常の列を追加します。, この構文は、テーブルからoidシステム列を削除します。 Name ALTER TABLE -- change the definition of a table Synopsis ALTER TABLE [ ONLY ] name [ * ] action [, ... ] ALTER TABLE [ ONLY ] name [ * ] RENAME [ COLUMN ] column TO new_column ALTER TABLE name RENAME TO new_name ALTER TABLE name SET SCHEMA new_schema where action is one of: ADD [ … USING句を使うと、古い列値をどのように新しい値に計算するかを指定できます。 例えば、複数の列の追加、型の変更を単一のコマンドで実行することができます。 このためには、CREATE INDEX CONCURRENTLYを用いてインデックスを作成し、この構文を使用して正式の制約としてインストールしてください。 ↓ An ACCESS EXCLUSIVE lock is held unless explicitly noted. デフォルト値は、変更後に行われるINSERTまたはUPDATEコマンドにのみ適用されます。 私は本当に大きなテーブル(約30百万行)のALTER TABLEコマンドに関する質問があります。その列の1つはvarchar(255) varchar(40)です。これをvarchar(40)にサイズ変更したいと思います。基本的には、次のコマンドを実行して列を変更したいと考えています。 現在は外部キー制約のみを変更できます。, この構文は、以前にNOT VALIDとして作成された外部キー制約または検査制約を、これらの制約を満たさない行が存在しないことを確認するためにテーブルをスキャンして、検証します。

OIDの状態を変更するためには代わりにSET WITH OIDSおよびSET WITHOUT OIDS構文を使用してください。, この構文は、1つ以上の格納パラメータをデフォルト値に再設定します。 また、検証それ自体は、その実行中に、テーブルに対する通常の書き込みコマンドを妨げないことにも注意してください。, 検証は変更されるテーブルについてSHARE UPDATE EXCLUSIVEロックしか取得しません。 -- カラムを追加ALTER TABLE testTable ADD COLUMN itemNo INTEGER;-- 追加したカラムへ値を入れるupdate testTable set itemNo = 1;-- カラムitemNoに対してnot nullを設定ALTER TABLE testTable ALTER COLUMN itemNo SET NOT NULL; まず新しいカラムを作成し、追加した新しいカラムの項目に対して値をいれnull状態から逃げます。その後「ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN カラム名 SET NOT NULL」でカラムに対してnot null を設定します。. この設定はON SELECTルールでは無視されます。 また、単一のALTER TABLEコマンド内に複数の操作を指定する機能もPostgreSQLの拡張です。, ALTER TABLE DROP COLUMNを使って、1つしか列がないテーブルから列を削除して、列がないテーブルを作成することができます。 巨大なテーブルに対してALTER TABLEを実行する機会があった。何も考えずに実行してしまった結果、これがいつまでも経っても終わらない。経験豊かなエンジニアはまず、なぜ何も考えずにALTER TABLEをしたのかと疑問に思うだろうが自分は気にも留めていなかった。クエリ実行から丸2日経過して流石に不安になり実行時間を見積もってみると一週間以上かかることがわかった。同じ過ちを起こさない自戒の意味を込めて、 … # PREPARE find_todo (bigint) AS SELECT * FROM todo WHERE user_id = $1; # ALTER TABLE todo ADD COLUMN created TIMESTAMP; 紅葉の東川で「自分ごとな組織」と「サステナブルな物づくり」を学び、「神々の遊ぶ庭」大雪山で祈りをささげる #ヌーラボのリゾートワーク, Safe and unsafe operations for high volume PostgreSQL, Adding a NOT NULL CONSTRAINT on PG Faster with Minimal Locking. しかし、制約はその後の挿入や更新に対して強制されます(つまり、外部キー制約の場合、被参照テーブルに一致する行が存在しない限り失敗します。指定された検査制約に一致する新しい行が存在しない限り失敗します)。

NOTHINGは古い行の情報を何も記録しません(これがシステムテーブルについてのデフォルトです)。

このコマンドを実行した後、テーブルに挿入または更新が行われると、削除した列にはNULLが格納されます。 DEFAULTはシステムテーブル以外についてのデフォルトで、主キー列があれば、その古い値を記録します。 CREATE TABLESPACEも参照してください。, この構文を使用すると、更新あるいは削除された行を特定できるよう、先行書き込みログに書き込まれる情報を変更します。 Note that the lock level required may differ for each subform. What is going on with this article? EXTERNALは圧縮されていない外部データに使用します。 ・編集 2018/10/24 21:33, PostgreSQLのDBで運用しているシステムで、特定のファイルのアクセスだけ極端に遅くなります。, のような処理が、最初は3ms程度ですが、12時間運用すると400msほどになります。, (上記のtbl_seriはシリアル型のカラムです。それ以外のindexはありません), 遅くなるのは特定の1テーブルのみでそれ以外のテーブルの速度は1ms以下です。 SET同様、テーブル全体を更新するためにテーブルの書き換えが必要になる場合があります。, この構文は、対象テーブルを指定した親テーブルの子テーブルとして追加します。