運命の最終章。 【セールスポイント】 ■週末興行ランキング3週連続1位を獲得!  『SP』シリーズ、ついに運命の最終章。 2007年11月~2008年1月にフジテレビ系にてオンエアされた連続ドラマ『SP』。平均視聴率15.4%という深夜ドラマとして歴代1位の驚異的な数字を記録。 その圧倒的な人気はゴールデンタイムに進出した2時間スペシャルで20%超えを叩き出し、驚異的な一大ムーブメントへと進化を遂げた。映画第一弾とな った「SP野望篇」では、興行ランキング3週連続1位を獲得し、興行収入では36,3億の大ヒットを記録。「革命篇」直前には、「アンコール特別篇」 (3/4)「革命先日」(3/5)がオンエアされ、そして満を持して『SP』プロジェクトの集大成となる「SP革命篇」がついに登場。さらなる進化を遂げた 衝撃のスケール&アクションシーンがファイナルエピソードを彩る! 【特殊内容/特典】 ★封入特典:「SP CONFIDENTIAL ~THE FINAL EPISODE~」/人物相関図 本編DISC…『DVD通常版』と共通になります。 特典DISC①…岡田准一、波多野監督、笠井信輔フジテレビアナウンサーの3人によるビジュアルコメ ンタリー。徹底的に語りつくす! 特典DISC②・・・★メイキング"制作篇" 「SP 革命篇」すべての制作過程に密着したドキュメンタリー集!   ■「SP 革命篇」約3ヶ月間に渡る撮影密着ドキュメント    ■国会議事堂の再現     ■涙のクランクアップ映像集  ■VFXメイキング ほか ★キャンペーン"広報篇"  ■完成披露試写会    ■大阪サプライズ舞台挨拶    ■初日振替舞台挨拶 ほか ★未公開シーン集  ■S#3~6 エレベーター  ■S#23~24 公安の電話(ロングバージョン)    ■S#169~170 井上からの応答   ■S#194 窓をノックする井上  ■S#208 突入をためらう四係   【キャスト】 岡田准一 香川照之 真木よう子 香川照之 松尾諭 神尾佑 山本圭 堤真一 野間口徹 春田純一 平田敦子 堀部圭亮 古山憲太郎 伊達暁 入山法子 波岡一喜 平岳大 蛍雪次朗 【スタッフ】 原案・脚本:金城一紀 音楽:菅野祐悟 監督:波多野貴文 製作:亀山千広/藤島ジュリー景子 エグゼクティブプロデューサー:石原隆/和田行/島谷能成/加太孝明 プロデューサー:関口大輔/稲葉直人/中島久美子/古郡真也 セカンドユニット監督:田澤裕一 製作:「SP」プロジェクトチーム 制作プロダクション:FILM 配給:東宝 (C)2011「SP」プロジェクトチーム, フジテレビ系で放映され大人気となった、岡田准一主演のアクションサスペンスシリーズの劇場版「革命篇」。20年前の「惨劇の広場」までさかのぼる、謎に包まれてきた尾形の「野望」の真相がついに明らかになる。特典ディスク付きの3枚組。, V6の岡田准一主演で話題を呼んだ人気ドラマ「SP」の劇場版続編!警視庁警備部警護課第四係のSPたちが国家をも巻き込む陰謀と対峙する様を描く。権力を握る麻田首相、その座を狙う幹事長・伊達、警察内部に深く潜む影、強固な官僚国家を目指す若き策略家たち、力によってシステムを変えようと画策するテロリスト、命をかけて職務を全うするSPたち。様々な思惑が大きなうねりとなって重なりあう…。DVD特別版。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 図書館戦争 THE LAST MISSION スタンダードエディション [DVD], 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. 製作:「SP」プロジェクトチーム (c)2011「sp」プロジェクトチーム: 関連記事: 2011年3月26日 舞台挨拶; 2011年2月24日 完成披露試写会; 2010年4月19日 製作報告会見; 劇場: 全国東宝系(2011年3月12日 … 尾形(堤真一)が井上(岡田准一)に充てた手紙は何だったのだろうか?国会議事堂内でSPはテロリストに対して発砲したが、他の議員に当たる可能性は考えなかったのか?それともSPは絶対命中させる自信があるのか?所持している拳銃の性能は人を貫通させない程度の能力のものなのだろうか?う~ん。なぜこんなツッコミをする。やっぱり『SP』が好きなんですね~。好きなコにはちょっかいを出したがる。実際の国会議事堂での撮影は許可が下りなかった(当然です)ので、セットは実物と見間違えるほど細部にわたって精巧に造られている。映画を観る上で楽しみの一つである。国会議事堂突入は今までのどの突入シーンよりも印象的である。公安の田中(野間口徹) がなぜ岡山に行ったかは、TVの『革命前日』を観れば分りますが、彼の公務からすればおおよその内容は理解できると思います。SP対SPは見物である。内容的にも見ごたえあるし、カメラワークがいい。なぜなら、通常のアクションシーンは1対1若しくは複数である。撮影する側はたいして難しくない。しかしSP対SPは複数対複数である。別々に撮影するのではなく、同時に複数のアクションが撮影されている。全ての俳優と撮影スタッフが息を合わせないといけない。井上の「手錠を忘れた」はTVからのお決まり事。笹本(真木よう子)と山本(松尾諭)とのやりとりも健在。コミカルで笑わせてくれます。警護課第四係のまとめ役としての石田(神尾佑)の存在。それぞれがいい役を演じてくれます。全てが終わった後、尾形に想いをよせる原川(平田敦子)のぼかした画面が何だか印象的である。本来どうでもいいことである。無駄でありながら無駄でない。あえて本編に組み込んだスタッフの心遣いが伺われます。野望編で伊達(香川照之)が、「この国で革命と名のつく行為が成功した験しがあったかな~」と秘書に言っている。それを見越している上での彼の行動であり、次の一手を画策しているのである。あれだけ不正を暴露されたので、麻田内閣は崩壊したと思われますが、その後がどうなったかは分かりません。TVシリーズから続いてきた謎は解決します。しかし終わり方としては、まだ続きがあるような気がします。ラストの看守の言葉は何を意味するのだろうか?まさか“新章”はないですよね。SP風に表現すれば“new episode”かな。最近完結しないケースが多々見受けられます。どうなのかなぁ~。スッキリさせて欲しい。完結させたところで、相変わらずず不正は行われテロも終わらない。別のものがまた輩出する事でしょうか?思うに黒幕、いわゆるラスボスは伊達ではないだろうか?伊達の身に危険が及ぶとたぶん秘書が全ての責任を負うのではないだろうか?絶大な権力を持つはずだった伊達は、この先どうなったかは分かりませんが、続編があるとすれば、伊達と井上がどのように関わってくるのかが楽しみである。わずかながらも続編を期待します。ほんのちょっとだけです。この程度の革命では国民の意識は変わらない。池に石を投げて波紋が広がる。しかし波紋はやがて消えてなくなる。彼らが起こした革命とはその程度なのです。テロリスト(リバプールクリーニング)の一人が「のどかですね~」と言っているのが分ります。これが現実である。尾形の大義とはこんなことだったのか。大義を唱えても私怨では人は付いてこない。しかし、彼の議事堂内での言葉には説得力があり、刮目するに十分値するものである。「日本国民よ、刮目せよ!そして立ち上がれ」しかし、残念ながら惰眠をむさぼる国民は、立ち上がらない。この国の最高責任たる総理大臣は、短い期間に何人も入れ替わる。それでいて国の機能は著しく低下することなく連綿と続いている。これがこの国の現状である。TV版と革命編と2度同じような内容である。制作者側の主張したい部分があるのかもしれない。大戦後、GHQが日本にやってきたが、官僚組織は変えなかった。官僚の組織に手を加え変えてしまうより、官僚を上手く使う事で日本を統治しようとしたからである。その結果、官僚自身が国を動かしていると思いこんでいるし、実際動かしてきている。政治家は政治主導と言いながら、結局官僚なしでは立ち行かない。官僚はまるでガン細胞である。正常な細胞が一部ガン化して日本を蝕んでいる。政治に無関心の国民。国民を覚醒させるためには別の方法でなくてはいけない。残念だがここでそれを述べるわけにはいかない。ご容赦下さい。そういえばハリウッドからリメイクの話が来ていますが本当ですか?なぜ日本版を放映しないのか?「残念だよ。本当に残念だよ」SP野望編復習上演を含めて7回観ました。SP革命編4回観ました。たぶんあと3回観ます。(あんたも好きね~).

岡田准一, 香川照之, 真木よう子, 松尾諭, 神尾佑, 山本圭, 堤真一, 野間口徹, 波多野貴文 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一 … 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, 【美品】盤面に目立った傷はなく、とても綺麗な商品です。セル版であり、レンタル落ちではございません。※あくまでも中古品ですので、パッケージ・ケースなどには使用感(スレ傷など)がございます。その点は、ご容赦・ご了承の上でご購入ねがいます。(OPP包装をし、管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)■クリーニング済み。■ Amazon出荷センターより、365日・24時間休まず即日発送させていただきます。 ■返金保証:Amazonマーケットプレイスのポリシーに基づき商品に不備があった場合には迅速に返金いたします。◆安心してお買求めくださいますよう、心からお待ちしています。, この商品は、トライリンクが販売し、Amazon Fulfillment が発送します。, この商品は、株式会社高木屋が販売し、Amazon Fulfillment が発送します。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, sp-警視庁警備部警護課第四係の三作目です。このシリーズの最後でもありストーリーやアクションは一番良いです。見たい人にオススメです。, 岡田君のアクションを見たくて購入しました。岡田君のスタントマンなしでのアクション凄すぎて!!岡田君 素晴らしいです!買ってよかった~何回も見ています^^, 演出もバッチリ,音楽も合っている・・・何よりも、岡田くんの演技(格闘術)が極まってます。 なかなか見所ありますよ。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. sp 革命篇 のユーザーレビュー。 ... 最新作『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を観る前に!アニメ第一話を無料配信中(gyao!ストア) ... 役立ち度 11; 先日、映画「SP~革命編~」を見ました。ドラマからずっと拝見しているシリーズなのですが、この映画で完結か!?と思いきや、なんかフセンがあるような終わりかたでした・・・映画見た方、どう思いました??私はまだオガタさんが何か All Rights Reserved.

『SP 警視庁警備部警護課第四係』全11話(2007年) スペシャルドラマ『スペシャルアンコール特別編』(2008年4月5日放送) 映画『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』(2010年10月30日公開) スペシャルドラマ『SP 革命前日 Pre Episode VI 』(2011年3月5日放送)

JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。.

Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 相変わらず、独立した映画として成立しないつくりに変わりはない。 テレビドラマから生まれた映画は... 「Yahoo!映画」はYahoo! sp 革命篇の概要制作:2011年 日本監督:波多野貴文出演:岡田准一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、堤真一、他sp 革命篇の見どころ金城一紀脚本のspシリーズを波多野貴文監督が映画化。主演は岡田准一。テレビドラマで大ヒット 制作:2011年 日本 監督:波多野貴文 出演:岡田准一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、堤真一、他, 金城一紀脚本のSPシリーズを波多野貴文監督が映画化。主演は岡田准一。 テレビドラマで大ヒットし、SP野望編・革命編と続き、このあらすじは革命編である。 SP 野望篇からの続きで、国会議事堂を舞台にSPが戦いを繰り広げていく物語である。, 尾形と伊達が国家を変革させようと計画していた、革命の実行の時が近づいて来ていました。 国会会議中に革命を起こす準備を整えていました。 井上の所属する警視庁警備部警備課第4係はその国会の警備を言い渡されています。 第4係の上司は尾形であり、その野望を知っているのも井上だけでした。尾形に肩入れしつつも、井上は警備に当たります。同じく革命側も警視庁警備部警備課第4係対策として、もうひとつの息のかかったチームを配備しました。官僚にももちろん息のかかった官僚が居て、傍観しようとしている官僚もいます。 警視庁警備部警備課第4係対策は、革命側のSPチームに攻撃され、井上以外はなぜ攻撃をされなければいけないのか不審に思います。井上がサッと説明し、警視庁警備部警備課第4係対策は戦う事にします。 国会では尾形が銃を撃ち、革命を宣言。国会議員達は逃げまとい、一気に革命メンバーが国会に流れ込んできます。井上たちは革命側のSPだけを相手にし、戦っていきました。 尾形らの革命側は国会議員の悪事を暴露し、麻田総理を追い詰めていきました。実は尾形の名前は偽名であり、昔麻田に殺された成瀬議員の息子だったのでした。尾形の目的は麻田の罪を暴き、殺すことです。 そのことを知った井上は革命側のSPを倒し、尾形を止めに行きます。警視庁警備部警備課第4係対策が国会に入ったことで一気に逆転し、尾形が伊達に助けを求めます。伊達もまた尾形の兄弟であり、麻田に父を殺されていたのでした。, しかし伊達は尾形の革命が失敗に終わったことを悟り、一気に自分の保守に回ります。 SPに、尾形の確保を指示します。終わったと思い込んだ尾形は麻田だけでも殺そうと、麻田に銃を向けます。 追いかけてくる井上と対峙することになってしまいました。 尾形は井上にお前の親も麻田に殺されただろうと、仲間に引き入れようとしますが、井上はSPとしての任務を遂行し、麻田総理を守り抜きました。そのころ高級官僚達は上から他人のように見ていましたが、何者かに仕掛けられた爆弾により邸宅ごと吹き飛んでしまいます。 無事に終わると、尾形から井上に手紙が来ました。何が書かれているのかはわかりませんが、井上は長年悩んでいた頭痛がほぼ消えていることに気が付きます。それでも完治まではいきません。それはやはりこの国は何者かにて、何かの力が動いていることを暗示しているようでした。, SPとは要人警護のスペシャリストをいうそうですが、この映画はそれ故に派手なアクションや、精鋭チームの連携ぶりなど、実社会ではスポットライトが当たらない縁の下の力持ちが活躍描いたお話。. 小林賢治が超若い... 放送された頃に 上京してきて 金子賢がドラマの中の田舎が 私の田舎で 親近感があり ずっと見てた きがする... 今でも英二といったら長渕剛を思い出すほどに、はまってしまいました。リアルタイムで見た時はまだ高校生くらいだったと思いますが、やくざがかっこいいと勘違いしてしまうくらいのめりこんでみていました。この時期... もし自分が火星に一人で取り残されたらどんな思いだろうかと考えると本当に怖い。まだ人類は誰も火星には到達していないけれど、かなり近未来でリアリティがあって、あと何十年後、いやもしかしたらもっと早くに誰か... ネットのレビューを見るとけっこう賛否が分かれていたようですが、個人的にはすごく良かった。なんといってもこの映画のすごいところは終始ほぼ二人だけでストーリーが進んでいくというところ。途中甲板長のガスが少... 前半部分は少し退屈な印象もありますが、後半に近づくにつれて面白くなってきてどんどん作品に引き込まれます。お金の持つ価値は、その人それぞれやその時の状況によってについて変わってくるということを改めて実感... ヤンマガを読んでいたので原作は知っていたけど、そこそこ楽しめるドラマだった。個人的にはパイセン役の今野浩喜がはまり役だったと思う。パイセン役は他に思いつかないくらいぴったりだった。.