マイクロソフトが開発、提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の導入のメリットから使い方まで、今すぐ使えるマニュアルとあわせてご紹介します。 | Microsoft Teamsとは?導入のメリットから使い方までわかりやすく解説!今すぐ使えるマニュアルも大公開中 ブログ. Teamsダウンロードページにアクセスし、「デスクトップ版をダウンロード」をクリック, (1)Windowsの場合 [マニュアル公開]Teamsのテレビ会議で画面を操作してもらう方法, ビデオ会議をする際には、Power PointやPDFの資料を作成し画面共有をすることで発表を行うことが多いと思います。Teamsにはホワイトボードの機能があるため、自由にペイントしたり文字を書いたりすることでより自由に発表をすることが可能になります。, 出典▶ITmedia「Web会議「Microsoft Teams」にバーチャルルームに集まれる「Togetherモード」」, 「Togetherモード」は、会議の参加者が四角い画面で区切られて並ぶのではなく、1つの背景の前に並んで表示できる機能です。背景は状況に合わせて、オンライン講義なら講堂、飲み会ならバーなどというように選べます。状況を画像で再現することで、無機質な四角い画面で会議を行うよりも円滑なコミュニケーションが取れることが期待されます。こちらは2020年8月に提供開始予定です。, ビデオ会議を提供するサービスの1つとしてTeamsをご紹介しました。他サービスとの違いや利点など理解していただけたでしょうか?新型コロナウイルスの影響で、ビデオ会議サービスを突貫的に導入した企業も多いと思いますが、今後もテレワークは働き方の一種として利用されることを考え、現在使用しているサービスについてもう一度見直してみてはいかがでしょうか。本ブログでは他の会議ツールについてもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。, Zoomの使い方とは? マニュアルで分かりやすく解説!テレワークや教育現場で活用されている「Zoom(ズーム)」の使い方, Google Meetとは?便利な機能から使い方までわかりやすく解説!今すぐ使えるマニュアルも大公開中, 記事内でご紹介したマニュアルを含め、スタディストが提供するビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」で作成したTeamsマニュアルを一挙にご紹介します。公開マニュアルのためログインすることなくご覧いただけます。ぜひご活用ください。, みなさんは機械翻訳サービスを利用したことはありますか?ビジネスにおいて、外国語の知識は海外展開を計画するときやプレスリリースを読むと... 続きを読む, 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの企業がオフィスワークからテレワークに働き方をシフトしています。テレワークをする上で必要不... 続きを読む, (本ブログ記事はタイ法人のTeachme Biz サイト内のブログ(タイ語)の内容を日本語にて転載しています)

チームのチャネルの使い方と作り方 . マイクロソフトの「Microsoft Teams」にトランシーバー機能など新機能が追加される... 無料版の Teams ですべてを共有のワークスペースにまとめましょう。どこからでも仕事ができるようになり、チームとのチャットやファイルでの共同作業が、追加費用なしでできるようになります。. 設立 : 2010年3月 初心者向けに「Microsoft Teams(チームス)」の使い方をくわしく解説していきます。初心者向けに「Microsoft Teams(チームス)」のチャンネルの作成やメンションやチームの意味や検索の使い方とファイルの保存方法から注意点まで説明します。, 「Microsoft Teams」の導入を検討している最中だけど、どのような機能があるのかや使い方について知りたくて情報を探している初心者のユーザー に向けて、初心者向けに設定方法やメンションやファイルの保存・検索、メッセージの作成など詳しく解説します。 今後実装予定の新機能のプライベートチャネルについて解説いたします。(アップデート:既に実装されました。以下の記事でプライベートチャネルの使い方・注意点・活用シナリオを解説しています。)メッセージセンター MC1... トトリさん他社事例ではTeamsを活用した働き方改革がうまくいっているのに社内では利用が進まない…。ちむそんな時に実行すると良い施策をまとめました!この施策を全て実践すれば、確実にあなたの会社の生産性は向上し、働き... メッセージセンターで通知されたPower BIタブの強化について解説いたします。 メッセージセンター MC203845 2020年2月13日にメッセージセンターでPower BIタブの強化についての通知がありました。 以... メッセージセンターで通知されたTeamsとSkype for Businessの間の画面共有について解説いたします。 メッセージセンター MC187824 2019年8月13日にメッセージセンターでTeamsとSkype fo... Teamsの利用が進むと自分のプレゼンスが他の人にどう見えているのか気になる時があります。 変更したプレゼンスはすぐに反映されているのか?放置しているとどう見えるのか?スマホで遊んでいる時にどう見えるのか? この記事を読むとそ... メッセージセンターで通知されたTeams Roomsデバイスの管理の機能について解説いたします。 メッセージセンター MC213457 2020年5月16日にメッセージセンターでTeams Roomsデバイスの管理の機能につい... メッセージセンターで通知されたAndroid用インラインメッセージ翻訳の機能について解説いたします。 メッセージセンター MC221732 2020年9月8日にメッセージセンターでAndroid用インラインメッセージ翻訳の機能... Teamsの新機能のページで更新があり、Teamsのモバイルアプリで引用返信の機能が追加されたことが発表されました。 iOS版は2019年9月30日に更新があり、Android版は2019年10月8日に更新がありました。 この... 部単位でチームを作っていて課単位のチャネルもあるけど、課以外のメンバーに知られたくない場合に課限定のプライベートチャネルを別途作る。, 部単位でチームを作っているが、課長以上限定のプライベートチャネルを作成し、異動や人事評価についてディスカッションする。, サプライズイベント(誕生日・勤続○年・ご卒業など)を企画する際にサプライズ対象を除いてプライベートチャネルを作成する。サプライズ対象がチームの所有者でないことは確認してください。チームの所有者だとチャネルの存在がばれてしまいます。その場合はチャネル名を企画と全く関係なさそうな名前にしておけば大丈夫かもしれません。. これだけは覚えたい Teams 会議の作り方2パターン 2020.04.10 2020年7月28日:チャネルでの「会議」アイコンの位置の変更に伴い、内容を修正しました。 作成されたチャネルを選択すると、「投稿」「ファイル」「Wiki」の3つのタブが存在することが分かります。, プライベートチャネルは、その名の通りプライベートなチャネルで、決まったユーザーしか利用出来ないチャネルです。, 普通のチャネルを後からプライベートチャネルにしたり、逆にプライベートチャネルを普通のチャネルにしたりすることは出来ないので、その点はご注意ください。, 「チーム内の特定のメンバーで話し合いがしたいけど、わざわざ別チームを作るほどでもないなあ…。」という場面で役立ちます。, チャネルを利用出来るユーザーを決定します。この際、所有者かメンバーのどちらの権限を設定します。この設定は後からでも変更可能です。当然ですが、チャネルを作成する人には所有者権限が付与されます。, これでプライベートチャネルの作成が完了です。プライベートチャネルには、鍵のアイコンが表示されているので一目で分かります。, チャネルについてよく頂くご質問が、「チャネルの表示順は変更出来ないの?」という内容です。残念ながら、現時点ではそのような機能はありません。, ただ、チャネル名の冒頭に番号を振ることで並び替えは可能です。一般以外の既存のチャネル名は変更出来るので、ぜひお試しください。, もう一点、よく頂く質問が、「既存のチャネルを別チームに移動させることは出来ないの?」という内容です。こちらも残念ながら現時点ではそのような機能はありません。, ただし、ファイルを別チャネルに移動させることは可能です。これにより、ある程度のご要望を満たす可能性があります。. こんにちは、マイクロソフトマンです。 本記事では、Microsoft Teamsのチャネルとは何か?どのような時にチャネルを作ればよいか?について、具体例を交えて説明します。 Teamsを使うだけでも仕事の生産性は劇的... windows777.com. 企業HP : https://studist.jp, Copyright © 2013 - 2020「Teachme Biz」 Studist Corporation., All Rights Reserved, RPAによる自動化がもたらす業務効率化とは?導入失敗しないためのポイントをご紹介!, 高精度な翻訳が評判の「DeepL翻訳」とは?便利な使い方をマニュアルで分かりやすくご紹介!, Microsoft Teamsとは?導入のメリットから使い方までわかりやすく解説!今すぐ使えるマニュアルも大公開中, Microsoft Teams と無料版の Microsoft Teams の相違点, Web会議「Microsoft Teams」にバーチャルルームに集まれる「Togetherモード」, 1.パソコンまたはスマートフォン・タブレットにTeamsのアプリをインストールして会議に参加する.

それでは、「ファイルの保存」する方法を行っていきますので、参考にしてファイルの保存方法を行ってください。, さっそく「Microsoft Teams(チームス)」で「ファイルの保存」する手順を解説していきます。, 「ファイルの保存」を保存する手順は、該当するチャンネルを選択したまま、「File」のタブを選択していきます。, まずは、「最近使用したファイル」ビューを開いてください。するとOffice365ドキュメントのすべてが表示されますので確認してください。, 「Microsoft Teams」ビューでは、お気に入りのチャネルで作成したファイルをすべて表示します。, 「ダウンロード」ビューでは、チームにダウンロードしたすべてのファイルが表示することが可能です。, ここでは、初心者向けの「Microsoft Teams(チームス)」の使い方として「ビデオ通話」について説明をしていきます。, さっそく「Microsoft Teams(チームス)」でビデオ通話をする方法を解説していきます。, チャット画面の右上にある「ビデオ通話」のアイコンをクリックすることで、ビデオ通話することができます。, まずは、Teamsの予定表メニューから予約した会議の「参加」をクリックしていきます。, そして、画面にビデオが表示されるので歯車のアイコンをクリックするとデバイスの設定画面が表示されます。ここで会議で使用するデバイスを選択し「今すぐ参加」をクリックすると参加できます。, 以上が、【初心者向け】「Microsoft Teams(チームス)」の使い方を解説!の記事でした。初心者向けにMicrosoft Teamsのアカウント作成から設定と注意点などを紹介しましたが、この基本的な情報を理解しておくことで、今後快適に作業ができます。 メンションを使う際は、タイトルを付けておくことで、検索しやすくでき確認が簡単になります。, ここからは、メッセージを確認する方法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。, メッセージを確認する場合は、自分宛にメッセージが入ると、左上のActivityのアイコンの箇所に赤い数字が表示されます、Activityのアイコンをクリックすると、自分宛のメッセージ一覧が表示され確認できます。, 検索バーにキーワードを入力すると、メッセージ候補の一覧が表示されます。ここから検索して確認したい情報を見つけてください。, つぎは、初心者向けの「Microsoft Teams(チームス)」の使い方として「ファイルの保存」について確認していきます。ファイルの保存方法を覚えることで、共有しているファイルを保存しオフラインでも取り扱うことができますので便利です。 「働き方改革」の一環として導入が推進されていたテレワークは、新型コロナウイルスの影響で導入企業が急激に増加しました。テレワークを行うにあたり、コミュニケーションツールであるチャットやビデオ会議は必要不可欠になります。Microsoft TeamsやZoom、Google Meetなど様々なサービスが提供されていますが、これらのサービスのそれぞれの利点や特徴をご存じでしょうか?本記事ではマイクロソフトが提供するMicrosoft Teamsに焦点を当て、他のサービスとの違いやTeamsを使用するメリット、使い方までご紹介いたします。記事の最後には、スタディストが提供するTeamsマニュアルも公開しておりますので、ぜひご活用ください。, ZoomやGoogle Meetについてはこちらの記事をご覧ください。 teamsのマニュアルを見たけど細かいところがよくわからない!導入前に使い方を見ておきたい…そんな方にteamsの基本機能7つと、覚えておくと便利なきのう5つをご紹介します。 チームを作ると勝手に「General」というチャンネルが出来るので、基本的にはここにまとめていくことをおすすめします。, つづいて、初心者向けに「Microsoft Teams(チームス)」の使い方として「メッセージ(メンション)の送信/確認/検索」について紹介をしていきたいと思います。 本記事では、Microsoft  Teamsのチャネルとは何か?どのような時にチャネルを作ればよいか?について、具体例を交えて説明します。, Teamsを使うだけでも仕事の生産性は劇的にあがりますが、チャネルを上手に使うことで、さらに生産性がアップすること間違いなしです。, また、チャネルには全員が閲覧できる通常のチャネルと、閲覧可能なメンバーを限定するプライベートチャネルがあります。それぞれのチャネルをどのような時に使えばよいか解説します。, Teamsを使ってコミュニケーションを促進する上で、チャネル機能はなくてはならないものです。今回の記事ではチャネルとは何ぞやから、チャネルを使ってうまく仕事を進めていく方法まで網羅して解説していきます。, テレビのチャンネルで馴染みがあるため、日本ではチャネルではなくて、チャンネルと呼んだ方がしっくりくる方が多いのではないでしょうか。, ちなみに、チャネルもチャンネルも、同じ英単語を指しており、日本人が二通りの読み方で呼んでいるだけですね。(ネイティブの発音はチャネルに近い), 一応、Microsoftのドキュメントにはチャネルと記載されていますが、チャンネルと呼んでも間違いではありません。, ついでに話すと、Teamsの呼び方もチームス、チームズの二通りあります。英語の発音からいうとチームズが正しいのですが、チームスと呼んでいる方もかなりいます。, Teamsの呼び方については、マイクロソフトのドキュメントにも書かれていないため、マイクロソフト内部の方でも人によって呼び方が変わるみたいです。, 気にするところじゃないので、どちらでもよいと思います。私は、スマートな感じのする、チームス派ですけど。。, マイクロソフトのページには「特定のトピック、部署、プロジェクトにおいて、チームメンバーとの会話を交わす場」と説明が書かれています。, 私自身は、Teamsのチャネルについて「チームで行っている仕事毎の情報を共有するための場」と考えています。, 新しくチームに人が加わったり、別の人に仕事を引き継ぐ際に、その仕事の過去履歴が一つのチャネルにまとまっていたら、非常に簡単に情報の共有ができると思いませんか?, これまでのように、仕事の過去履歴の多くが、メールの中にあったり、特定の人だけが情報を持っている状態では、変化の激しい現代では生き残っていけないよという、マイクロソフトからのメッセージかもしれませんね。, 今の日本の多くの会社は、上位職の人がより多くの情報を持っており、下まで情報がおりてこないということや、情報はおりてきていても一部の人しか知らないという現象が日常茶飯事で起こっています。, また、メールのCCにも送信者が判断した関係者しか入れないため、情報格差ができる原因となっています。, Teamsを使えば、それらが解決すると思いませんか?もともと、Teamsの思想は、情報を全員に平等に与えて、チームとして仕事を進めて成果を出そう!というものです。, チャネルを上手に使って、仕事毎の情報をまとめれば、情報共有が非常にスムーズにできますね。, マイクロソフトのページを探してみましたが、どういった基準でチャネルを作ればよいかについての具体的な説明は見つかりませんでした。, Teamsのリリース当初から使ってきた経験談から語れば、「チームで行う仕事の内容毎」にチャネルを作成するのが、情報共有の観点で最も効果的でありました。, 偉そうに語っていますが、私自身はTeamsを使い始めた当初、チャネルを作る必要性がわかっていませんでした。, そのため、当初はチーム作成時にデフォルトでできる「一般」チャネルで全てのやり取りをしていました。苦笑, 「一般」チャネルしか使わないというのは、初めてTeamsを使う方がよくやりがちな失敗かもしれません。, 「一般」チャネルだけで全てのやり取りをすると、様々な仕事の情報が入り乱れて、後から見返す際にかなり大変ですし、情報の共有ができていないといえます。, きちんとチャネル毎に仕事が分かれていれば、引き継ぎなどで、これまでの仕事の情報を共有する必要があっても、楽にできます。, その仕事のチャネルに記載されている内容を読んでおいてと伝えるだけで、大半の情報が共有できてしまいます。, Teamsをしばらく使っていくうちに自然とチャネルを作るようになりましたが、当初はチャネルのことを単にカテゴリを分けるものと考えて作っていました。しかし、チャネル=カテゴリという考えは間違いでした。, なぜかというと、カテゴリは階層構造(例:生物→哺乳類→犬→チワワ)をとれますが、チャネルは階層構造をとれないからです。, 実際、Teamsではチャネルの中にチャネルを作ることはできません。チームの中に作成した全てのチャネルが縦一列にずらっと並ぶだけです。, もし、Teamsのチャネル内で、さらに細かくカテゴライズして管理したい方は、Microsoft Plannerを使ってみてください。, Microsoft Plannerはチーム会話のタブで、「Planner」を選択すると利用できます。, ただし、これはチームをどういった単位で作るか(プロジェクト毎に作るのか、部署ごとに作るか)によっても、チャネルの分け方が変わってくるので、あくまで参考に考えていただければと思います。, Teamsには様々な機能がありますが、仮にA、B、Cの機能を持っているとすると、A、B、Cの機能毎にチャネルを作った方が、情報共有の観点から分かりやすいと思います。, 一方で日本の縦割り組織ではプロジェクト毎というより、部署や課ごとにチームを作る場合も多いです。, その場合は、部署や課ごとにチームを作成して、その中で行っている仕事毎にチャネルを作るとよいです。, 例えば、社内に何か新システムを導入するとします。その場合は、「〇〇システムの導入」というチャネルを一つ作って、そこに情報を集約するとよさそうです。, Teamsは仕事の生産性をあげるために使うものですが、雑談チャネルや、日々の出来事チャネルなど、仕事とは関係ないチャネルもあったほうがよいかもしれませんね。, 雑談力という言葉もありますが、仕事とは関係ないプライベートな話など、気軽にいろいろと雑談できるチームは、心理的な安全が保たれており、より生産性が向上することがわかっています。, 大分話がそれますが、新入社員に報連相をしっかりしなさいと教えるのは時代遅れみたいです。, 日々の雑談でしっかりとコミュニケーションがとれて、信頼関係が構築されていれば、意識しなくとも報告、相談、連絡は日々の会話の中でされるからですね。, なぜ、チャネルを使うと仕事の生産性があがるかについて、3つの要因があると考えています。, 仕事の内容毎にチャネルを作成することで、チーム内の情報共有をスムーズすることでチームとしての生産性がアップします。, 例えば、仕事で前にも同じことがあったけど、どう対応したっけ?というようなシーンは結構ありませんか。, その時に、過去の対応内容を探すと思いますが、チャネル毎に仕事の内容が分割できていれば、簡単に探すことができますよ。, 同じOffice365アプリのYammerと比較するとわかりやすいかもしれません。Yammerにはチャネルという概念がないので、様々な内容が同じ場所に投稿されていきます。, もちろん一つの投稿毎にスレッド化されるので、その投稿や投稿に対する返信も含めた塊はわかりますが、マウスのスクロールで過去の投稿を探すのはかなり厳しいはずです。, 家族や友達とのライングループを作成している方は多いと思いますが、全ての投稿が同じ場所に投稿されていきます。, もちろん、検索機能はありますし、Teams、Yammer、Line、メール、どれもキーワードでの検索はできます。, しかし、検索結果では文章の一部しか表示されなかったり、前後の流れがわからないことが多いので、たくさんヒットした場合は目的のものを探すのに時間がかかってしまいます。, 社内SNSのYammerや、プライベート利用のLineは、そもそも過去の投稿を検索することはほとんどないので問題ありません。, しかし、仕事で使うTeamsは過去の情報を検索することが多いので、すぐにほしい情報に辿り着けるというのは非常に重要です。, Aという話題の会話があり、いったん完結したが、その1か月後に問題1が出てまたAの話題を扱うことになった。その半年後に今度は問題2がでて・・というようなときに、そもそもAの内容ってなんだったかな?と思いだすところから始まるはずです。, このような時にAの情報が一箇所にまとまっていれば、思い出すのが楽ですし、別の誰かが担当することになったとしても、引継ぎが非常に簡単にできますよね。, そのためにも、仕事Aの情報は全てTeamsに集約しておくべきでしょう。メールを使ったり、別のツールも同時につかうと情報が分散されて、後から探すのに非常に苦労します。, 情報を集約するために、関連するドキュメント類も全てそのチャネル内に添付するか、Box、ファイルサーバなど別の場所に配置する際はリンク先を書いておくとよいです。, 余談ですが、Teamsはメールの置き換えができるコミュニケーションツールです。Teamを使うのであれば、社内の情報のやり取りはTeamsに統一したほうが生産性も高まります。, TeamsやSlackというコミュニケーションツールがでてきたことで、メールの位置づけも変わりそうですね。, 社外の人との正式なやりとりでは、これまで通りメールが使われると思いますが、社内の連絡についてはメールはやめてしまったほうがいいと思います。, メール作成する際に、多くの方が書いている以下のような文章、書くこと自体が無駄だと思いませんか?, 「お疲れ様です。○○です。」「お忙しいところ恐縮ですが、~」「以上、よろしくお願い致します。」「文末の署名」, 普段メールを使う頻度が減れば、ウィルスメール、詐欺メール、標的型攻撃メールなどを開封してしまうリスクも大きく減らすことができますね。, 初期のTeamsではプライベートチャネルというものはなく、メンバー全員がどのチャネルも閲覧できるという仕様でした。Teamsの設計思想が、チームメンバー全員との情報共有だったためです。, しかし、実際に会社で運用していくと、メンバーの一部にしか関係ない情報がでてきたり、他には見せたくない情報がでできて、プライベートチャネルを実装してほしいという要望(ユーザーボイス)が各国からあがってきます。, 別でチームを作ればそれで解決する話ではあるのですが、そうすると今度は無駄にチームが増えすぎるという問題がでてきます。, 自分が参加しているチームが片手で収まるくらいなら全く問題はないのですが、両手を超えてくると結構管理が大変です。, 例えば、Aのチームに投稿が来たと思ったら、今度はBのチーム、その次はCのチーム・・数が増えてくると、大変そうです。, そう考えると、部署の塊でチームを作って、その中で仕事の内容毎にチャネルを作成し、かつプライベートチャネル機能で閲覧・投稿できるメンバーを限定したほうが、使い勝手はよさそうです。, それに、部、課毎で作ると、メンバーが10人(場合によっては数十人)を超えてくる場合もあります。, 全員で同じプロジェクトにあたっている場合はいいですが、そうでない場合はプライベートチャネルで、そのチャネルの仕事に関係ない人は閲覧できないようにしたり、部・課長はすべてのチャネルを閲覧できるようにして管理できます。, Teamsのチャネルについて様々な視点から解説してみました。チャネルってそもそも何?ということがわかっていただけたのであれば、大変うれしいです。, 私自身、Teamsを使い始めた当初はチャネルを作る意味もよくわからなかったですし、そもそも作るのが面倒くさくて、一切使っていませんでした。, そんな時に、試しにチャネルを使ってみる機会があり、そこで初めてチャネルの重要さに気づきます。, そこから、チャネルを使うようになりましたが、最初はどのように使えばいいのかがよくわかりませんでした。, 日々の試行錯誤の結果、今は本記事に書いた方法で上手に使って仕事を進めることができていると感じています。, 本当は、最初からチャネルをうまく使えれば、よかったなと思います。途中で新しく作ったチャネルに、一般チャネルで投稿した内容を移動させる方法があればよいのですが、現状のTeamsにはそういった機能はありません。, 本記事を読めば、スタートダッシュをかけることができると思いますので、ぜひチャネルをうまく使って、仕事を進めてくださいね!.

Teams内でデフォルトで作成されるチャネルは「一般」ですが、チャネルを追加することができます。追加されたチャネル毎にアクセス権を付与して、閲覧編集権限の設定が出来ます。 チーム内へのアクセ … 2019 … 4.インストールが完了すると以下のような画面が表示されるので、「続行」をクリック, スマートフォン、タブレットからはApp StoreまたはGoogle Playにて「Microsoft Teams」と検索し、インストールすることで利用できます。, アプリをインストールしなくてもこちらのページにてサインインすることで簡単に利用することも可能です。アカウントがない場合は、主催者からのURLをクリックし参加することでサインインすることなく利用できます。, ブラウザからの参加はアプリをインストールする場合に比べて手順は簡単ですが、サポートされていないブラウザを利用すると音声や動画などが使用できない場合があるので必ず事前にご自身のブラウザがサポートされているかどうかを確認しましょう。お使いのブラウザのバージョンが分からない場合は、バージョンに関わらず完全サポートされているGoogle Chromeを使うことをお勧めします。, 1. チャネル画面の上部にピン止めすることができます。 各タブをクリックすることで迅速なアクセスが可能です。 デフォルトでファイルタブとWiki タブが作成され、それ以外のタブは チームの使い方に応じて追加と削除が可能です。