東洋シヤッター / 本サービスは相応の注意を払って運営されておりますが、企業の業績情報・統計情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。本サービスの情報に基づいて行われる判断、被ったいかなる損害について本サービス運営者は一切の責任を負いません。

( 伸び率: 129 % ), YKK

日本カーバイド工業

を比較する, 本サービスにおける企業の業績情報は金融庁(EDINET)で開示されたXBRLを元に算出・加工編集した情報であり、 /

( 伸び率: -26 % ), 良い企業の割合: 22 % 林業・木材(業界) おります。建築資材...当事業においては、GRC、防風透湿シート、左官資材、バスパネル、F見切、内装下地材、断熱材、養生材、長尺クッション、システム二重床、床タイル、エアサイクル、リフォジュール、アリ... 当社の企業集団は、当社、子会社9社及びその他の関係会社1社で構成され、建設・建材事業、工業製品・エンジニアリング事業における製品製造、販売並びに工事の設計、施工を主な内容としております。不燃建築材料の

電子機器・情報通信機器(業界)

アパレル・雑貨(業界) / 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社31社、関連会社3社及び当社と継続的な事業上の関係があるその他の関係会社1社で構成され、建材品・アルミ形材の製造及び販売を主な事業内容としておりま / を比較する, YKK を比較する, YKK

/ ( 伸び率: -27 % ), 良い企業の割合: 55 % ( 伸び率: -67 % ), 良い企業の割合: 86 % /

( 伸び率: -19 % ), 良い企業の割合: 25 %

/

/ 鉱工業(統計分類) ( 伸び率: -39 % ), 良い企業の割合: 20 % を比較する, YKK / 2020年度ap事業(国内・海外)の売上高は4,373億円(前年比102.6%)、営業利益は239億円(前年比110.7%)を計画しています。 (4) YKKグループ 2020年度連結収支計画 飲料(業界) YKKグループ連結売上高は7,397億円(前年比96.6%、計画比91.5%)、営業利益は363億円(前年比58.9%、計画比59.1%)、売上高営業利益率は4.9%(前年比-3.2ポイント、計画比-2.7ポイント)となる見込みです。当期純利益は224億円(前年比48.9%、計画比49.4%)となる見込みです。, ファスニング事業の2019年度売上高は3,079億円(前年比92.5%、計画比86.6%)、営業利益は324億円前年比60.5%、計画比55.5%)となる見込みです。売上高は米中貿易摩擦による世界経済減速や昨年の暖冬の影響等で消費が想定以上に減少したことによる減収となります。営業利益は設備投資や労務費等、固定費が増加する中、販売減少や操業度低下により収益性が悪化したことによる減益となる見通しです。2019年度ファスナー販売数量は97.3億本(前年比96.6%)となる見込みです。, AP事業の2019年度売上高は4,261億円(前年比99.6%、計画比95.3%)、営業利益は216億円(前年比91.9%、計画比90.4%)となる見込みです。国内において、住宅事業では、樹脂窓を軸とした開口部の高断熱化の推進と玄関ドア基幹商品のモデルチェンジによる拡販や、建物と外構のトータルコーディネイトによる価値提案に加え、住宅増改築分野の高断熱化とリフォーム専用品の増販に取り組みました。またビル事業では、個別防火商品と情報発信の充実により物件対応力を強化しております。一方、海外において、米国では、ビル建材で西海岸に支店を開設し、また12月にカナダのユニットカーテンウォール企業の株式を取得いたしました。中国では大手不動産開発市場への提案力強化により受注を拡大し、台湾では製造コストダウンによる高級市場での受注強化、インドネシアでは形材販売や建売住宅への販売拡大を進めました。しかしながら、売上高の減少や市況価格の変動、IT費用増等による販管費増により、営業利益は前年から減益の見込みです。, 第5次中期経営計画(2017年度~2020年度)では、「Technology Oriented Value Creation『技術に裏付けられた価値創造』」という経営ビジョンの下、「商品力と提案力」、「技術力と製造力」、「人材育成」を最重要ポイントと位置づけ、営業利益率は8%以上、ROA5%以上の達成を目指して中期経営計画で掲げた取り組みを推進しています。, 【ファスニング事業 2020年度 事業方針】 「Standardでの競争力強化」を事業方針に「より良いものを、より安く、より速く」お客様に提供することを目指して事業活動を展開していきます。Standardを最重要カテゴリと位置付ける一方で、Value Conscious、Standard、BOPそれぞれのカテゴリにおいて更なる開発体制の強化、バリエーション拡充、納期対応、コスト競争力強化を軸に、それぞれの顧客ニーズに応じた商品とものづくりの施策を進めていきます。顧客ごとのOne to One対応力を高めるとともに、付加価値商品・環境配慮型商品の継続的な投入、Standard向けの商品・ものづくりの強化に取組み、省人化設備/連続稼働への挑戦、更なるコストダウン、アパレルでの顧客とのバリューチェーン連携に取り組んでいきます。2020年度ファスニング事業総投資額は、市場の変化に対応し合理化効果を追求した投資として339億円を計画しています。2020年度ファスニング事業の売上高は3,074億円(前年比99.9%)、営業利益は379億円(前年比116.9%)の計画となり、ファスナー販売数量は100.6億本(前年比103.4%、3.3億本の増販)を計画しています。, 【工機技術本部 2020年度 執行方針】 ファスニング・AP事業の一貫生産を支える工機技術本部では、2020年度は引き続き第5次中期執行方針である「基盤となる要素技術の強化と進化」を軸に「高機能」と「低価格」を通してスタンダードへの挑戦を進めます。重点施策としてファスニング専用設備・ライン開発における「スタンダード向けライン・設備開発」、AP専用設備・ライン開発における「樹脂窓・アルミ樹脂複合窓製造ラインの更なる効率化・省人化」、要素技術における「ロボット活用技術力」と「スタンダード向け材料開発」、「着色技術力」を深耕・強化します。また、機械製造における生産管理機能と受注変動対応力の強化によりリードタイム短縮とコストダウンを推進します。, 【AP事業 2020年度 事業方針】 「高付加価値化と需要創造によるAP事業の持続的成長」を事業方針に掲げ、各事業・業務領域で重点施策に取り組みます。国内の住宅事業では、窓の高断熱化と耐風シリーズ提案による需要創造と差別化や、エクステリアでの家一棟トータルコーディネイトと省施工化の提案強化、またリノベーション市場での樹脂窓・耐震フレーム・耐風シャッターによる需要創造に取り組みます。ビル事業では、個別防火の商品・供給力・提案営業の更なる強化により拡販をすすめます。一方、海外では、海外会社の資本再編・体制変更によりスピードを持った経営を行い、アメリカ・中国・台湾・アジアにおける事業を拡大していきます。2020年度AP事業(国内・海外)の売上高は4,373億円(前年比102.6%)、営業利益は239億円(前年比110.7%)を計画しています。, YKKグループ2020年度連結収支計画は、連結売上高は7,495億円(前年比101.3%)、営業利益は445億円(前年比122.4%)、売上高営業利益率5.9%、当期純利益は286億円(前年比127.6%)、ROA2.9%を計画しています。設備投資額は640億円(前年比95.5%)を計画しています。.

/ を比較する, YKK / フクビ化学工業 製造・販売などを主に営んでおります。また、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。高機能製品 ...... 当社及び子会社三菱伸銅(株)、子会社MMCカッパープロダクツ社の子会社、... 良い企業の割合: 38 % YKKの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)を確認できるだけでなく、グラフ(棒グラフ、線グラフ)で推移を分析できます。また、YKKと事業内容が似ている同業他社や関連統計、YKKと同業他社の比較例を確認できます。 お、当社グループは単一の報告セグメントであるため、セグメントごとの記載は省略しております。当社が製造販売しております。また、子会社である南東洋シヤッター株式会社は、当社九州工場内における外注業務の請負... 当社グループは、当社、子会社16社及び関連会社1社の計18社により構成されており、主に内装材を中心としたインテリア製品の製造を行う「プロダクト事業」と、主にインテリア関連商材の仕入販売及び内装工事等を 機能製品、マーキングフィルム、ステッカー、再帰反射シートの製造販売のフィルム・シート製品、ビル・住宅用アルミ建材、内装建材用プラスチック押出製品の製造販売を主体とした建材関連並びに鉄鋼・化学・環境分野... 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社28社及び関連会社4社で構成され、シャッター、住宅用建材及びビル用建材の製造販売とその保守点検・修理、住宅リフォームを主な事業内容としている。シャ エーアンドエーマテリアル ( 伸び率: -64 % ), 良い企業の割合: 45 % 当サイトへのリンクは自由におこなってください。 三和ホールディングス / 本サービスは、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 ッター関連製品事業......当社が製造販売するほか、連結子会社BXテンパル株式会社、連結子会社BX BUNKA VIETNAM Co.,Ltd.、連結子会社BX BUNKA AUSTRALIA PT... 当社グループは、フクビ化学工業株式会社(当社)及び子会社8社及び関連会社1社により構成されており、事業は合成樹脂製品、無機化合物等の製造加工及び販売を主に行っているほか、建設工事設計施工の事業を営んで / 和文 ykk ap株式会社 英文 ykk ap inc. 本社所在地 〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1番地 tel 03-3864-2200(代表) アクセスマップ: 資本金: 140億円: 設立: 1957年7月22日: 決算期: 毎年3月31日: apグループ売上高: 3,745億円<4,258億円> < >海外を含む ※2019年4月~2020年3月 不二サッシ 放送(業界) 繊維(統計分類)

金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。

通信(業界) /

/ / ただし、データそのものへの直リンクは禁止いたします。 広告(業界)

/ 精密機器(業界) 事業としております。報告セグメントに属する主な製品及びサービスの種類は、次のとおりであります。LIABILITY LTD.... 当社グループは、当社、子会社22社及び関連会社2社で構成され、ファインケミカル製品、医薬品原薬・中間体、粘・接着剤、トナー用樹脂、半導体用金型クリーニング材、セラミック基板の製造販売を主体とした電子・ 畜産(業界)

/

YKKの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。

/

注意:YKKの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。企業ページについて 総合点について. 製造、販売及び工事の設計、施工......... 当社が製造、販売する他、子会社(株)エーアンドエー茨城、(株)エーアンドエー大阪が製造し、当社が仕入販売をしております。また、子会社エーアンドエー工事... 当社グループは、当社及び子会社である南東洋シヤッター株式会社であり、シャッター、スチールドア、金物の製造販売を主な内容目的とし、各製品に関する研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。な 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サービスの統計情報は政府統計総合窓口(e-Stat)を使用していますが、本サービスの内容は国によって保証されたものではありません。 衣類(統計分類) 行う「インテリア卸及び工事事業」の2事業を行っております。なお、事業の種類はセグメントと同一の区分であります。当社及び関係会社10社の計11社により、インテリア製品の製造とその他関連事業を行っておりま... 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社49社及び持分法適用関連会社7社から構成され、その主な事業内容と当社グループの当該事業における位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであ 東リ 文化シヤッター 本サービスで公開している内容につきましては予告なく変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。(お問い合わせ).

電子部品・デバイス(業界) を比較する, YKK